第13回「紫外線と皮膚の老化」【週刊ウンチク】

第13回(01.5.24)「紫外線と皮膚の老化」
提供:ルバンシュ 千田和弘さん

 紫外線は波長別にA波(UVA)とB波(UVB)に分かれます。
 皮膚の老化に最も影響があるのはB波です。
地表に届くB波の量は、A波の5分の1以下と少ないのですが、オゾン層の破壊により、B波が年々増加しており、紫外線は皮膚にとって大敵な存在となってしまいました。
 B波は、5月から強くなり始め8月に最大となります。この4ヶ月間で年間量の50%以上もの量が地表に降り注がれるため、これからの時期は、男性も子供も紫外線予防に努めましょう。


 最後に上手な紫外線予防法をお教えいたします。

1.日焼け止め製品を使う(SPF10以上のもの)
2.帽子をかぶる
(帽子のつばが7㎝で60%、10㎝で70%も紫外線をカットします)
3.B波の1日量の半分が地表に届く10時から13時の時間帯の外出は控える。


お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する