第137回「CD-R書き込み(4baseと16beseのちがいは・・・???)」【週刊ウンチク】

第137回(2003.10.16)「CD-R書き込み(4baseと16beseのちがいは・・・???)」
提供:ニュートン 堀由佐さん



デジカメプリントならニュートン!

今週は、デジタルプリントショップニュートン 堀由佐さんが
「昔のアルバムデジタル化したいな!」
「撮りためた写真フィルム、デジカメデータを
ひとつにまとめたいな!」

という方におすすめの「CD-R書き込みサービス」活用のコツを
アドバイスします。

●CD-R書き込み(4baseと16beseのちがいは・・・???)

ニュートンでは、
「CD-R書き込み」は、別名「フィルムスキャン」とも呼んでおります。
お客様のフィルムを読み取り、デジタル化し、保存するのがメインだからです。


-----------------------------------------------

このCDーRに保存したデータを、今後どのように使用するつもりかによって
4baseと16beseという、2種類の画質に分けて記録
します。


「今後サービスサイズにプリントするつもり」
「PCで加工するのに使う」

これらであれば、4base


「ハガキサイズや2Lサイズくらいには伸ばしたいわ」
と、大伸ばし希望
なら 16base


----------------------------------------------

お客様が、どこまで画質にこだわるか、それしだいです。
厳密にいいますと4BASEで適切なプリントサイズは、Lサイズまでです。
ただし、4BASEであっても、ハガキサイズやそれより大きい2Lサイズにプリントする事は、不可能ではありません。撮影シーンによっては、16BASEでスキャンした画像と遜色ない場合もあります。が、一般的には画質は、16BASEでスキャンしたものに比べ見劣りすることが多いでしょう。(見劣りする程度はまさに、評価する人それぞれです。)

できるだけ画質を優先されたいのでしたら、16BASEで処理される事をお勧めします。
そうでないのでしたら、4BASEでもよいと思いますが。

ご注意!!

 単純に写真にするだけでしたら、デジタル化したCD-Rデータから、プリントするよりも、ネガからプリントされた方が、コスト的にも品質的にも良いものができあがります。CD-Rへ書き込むデータは、フィルムに記録される情報の一部なのです。


お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する