第196回「あなたの周りの『メイドインIshikawa』」【週刊ウンチク】

第196回(2004.12.9)「あなたの周りの『メイドインIshikawa』」
提供:いしかわや 紺矢誠さん

(いしかわや様は、平成27年9月退店されました。記事は当時の内容です)


ディズニーランドの思い出のあの味は、ドメイン石川

今週は、石川の美味しいものを求めて能登へ加賀へ!
いしかわやの紺矢誠さんが暮らしの中の、意外なメイドイン石川をご紹介します。

 

あなたの周りの「メイドインIshikawa」

「石川県」と言えば、と県外の方に聞いてみると・・・金沢の兼六園、輪島の朝市、甘えび、ズワイガニなどの冬の味覚、最近ではメジャーの松井選手などが挙げられます。

他にも、加賀友禅、山中塗、輪島塗、九谷焼、金沢金箔、地酒など、有名な特産品がたくさんありますが、今回は、「え? これもメイドイン石川県?」というものを集めてみました。

1 瓶詰め機械(ボトリングシステム)

ものすごいスピードでベルトコンベアに乗って充填されてゆくビール瓶、よくビール関係のニュースで画面に映るアレです。

金沢の澁谷工業株式会社が全国60%のボトリングシステムを作っているそうです。


ビールの次は日本酒、という晩酌派も多いと思いますが・・・


2 日本酒のラベル

日本酒のラベルといえば、一見素朴ですが、実は凝りに凝ったデザインがされているものが多いんです。

野々市町の高桑美術印刷株式会社は、全国各地の酒の銘柄のラベル、包装紙を印刷、ナンバー1シェアを誇っています。

特に箔を使ったラベルでは、照明の角度によって図柄が変わる「チェンジアングル」や箔押し部分が絵柄に溶け込む「シースルー箔」など、他社の追従を許さない印刷技術を持っています。


日本酒と並ぶ石川の名産、海の幸を使ったメニューと言えば・・・


3 回転寿司のコンベアー

外食産業の花形として今やファミリーレストランを凌ぐ勢いの回転寿司のお店。
そのユニークなベルトコンベアーのトップメーカーが松任市の株式会社石野製作所です。

1974年に開発した「自動給茶装置付寿司コンベア機」のヒット以来、「自動寿司にぎり機」「自動皿洗浄器」「自動酢合わせ機」「自動のり巻き機」などを次々に開発しています。
これらの自動機械が低コスト化を支えているので、美味しいお寿司が手頃な価格で楽しめるようになったわけですね。

ここまで機械化が進んでいるのなら、完全無人の回転寿司店もやれば出来るのでしょうが、職人さんのいない、自販機みたいなお寿司屋さんなんて、多分流行らないんでしょうね(笑)。


家族みんなで楽しめる、といえば


4 東京ディズニーランドで人気の「チュロス」

元々はスペインのおやつ、長細くて星型の断面をした焼き菓子です。
ちょっぴり塩味にシナモン、レモン、メープルの爽やかな甘みが人気のスナック、実はこれも石川県で作っているんですよ。

七尾市の株式会社赤畄商会では1985年以来、各地の遊園地、動物園、街角でチュロスを販売、その美味しさを日本に広めてきた能登の「隠れ銘菓」なんです。
こちらで通販もやってます→ 【健康屋】http://www.383333.jp/


以上、「意外(?)な メイドイン石川」を4点、紹介しました。


*参考ホームページ

1 澁谷工業株式会社 http://www.shibuya.co.jp/

2 高桑美術印刷株式会社 http://takakuwa.wave.jp/

3 株式会社石野製作所 http://isn-net.com/

4 株式会社赤畄商会【健康屋】 http://www.383333.jp/


お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する