第199回「再帰反射とは?」【週刊ウンチク】

第199回(2004.12.29)「再帰反射とは?」

提供:小松プロセス 中田清文さん



再帰反射の仕組みを活用した看板

今週は、フルカラー再帰反射性カラーインク『アートブライトカラー』を開発した、

小松プロセスの中田清文さんが夜間の交通安全に大活躍の「再帰反射」について、その仕組みなどをご紹介します。




 

再帰反射とは...

ちょっと聞きなれない言葉ですが再帰反射についてお話しいたします。

普通光が反射する場合、ざらざらな表面の場合乱反射し、ガラスや金属面では入射角に対して反対側に鏡面反射していきます。

再帰反射とは反射メカニズムを変えることにより、どんなに歪んだ曲面であっても入射してきた方向に光を反射させる性質を言います。



その秘密は微小なガラスビーズにあります。

再帰反射の仕組み

ガラスビーズの背面に反射材を置くと、入射してきた光はビーズによる屈折と反射材に鏡面反射し、結果的に光の入射してきた方向に反射することになります。



車を運転される方は、夜間、ヘッドライトに反射してひときわ明るく反射する看板や歩行者のスニーカー等を目にしたことがあるかと思います。

これらのいくつかは再帰反射素材で出来ているのです。

現在反射材を取り付けたグッズがたくさん販売されているようです。

当社でも、フルカラーの再帰反射性カラーインクを開発し、店舗看板やサイン、ファッション性と安全性を兼ね揃えたオリジナルTシャツなどにお役立ていただいています。



左が普通の光で撮ったもの。右が暗い部屋でフラッシュを点灯し撮影したものです。



交通弱者と言われるお子さんやお年寄りには是非とも身に着けていただいて

交通災害から身を守るようにしたいものです。