第212回「あなたの体の原料は何?」【週刊ウンチク】

第212回(2005.3.31)「あなたの体の原料は何?」

提供:アート薬局 中村智子さん

アート薬局ではアレルギー用除去食品や無添加食品も販売

JR金沢駅西口近く、CAC化粧品、アトピーアレルギーのご相談の アート薬局 中村智子さんが、食品添加物をテーマにお話しします。



 

  “ あなたの体の原料は何でできていますか?? ”

自分の体の原料って何? 考えてみたことはありますか?

“おぎゃ~”とおかあさんの体の中から生まれるまでは、すべて、胎盤を通じてお母さんから体を作る原料や栄養をもらいます。

でも、生まれてからは自分の口から入れた食べ物が原料と栄養のすべてになります。

ほかのどこからも、飛んできませんよね!?

「食卓の向こう側」表紙イメージ

最近読んだ“食卓の向こう側”という本に、 こんな話が書いてありました。

福岡県内のある養豚農家でのお話。

あるコンビニの賞味期限切れのおにぎりやお弁当を、廃棄して処分料を払うよりはタダで豚のえさにしたほうがお得だから、と回収業者が持ち込んで、養豚業者はえさ代の節約のなるからと、それを母豚に食べさせていると・・・

まず、母豚がぶくぶくと太りだし、

さらに3ヶ月ほどしたら、急に死産や奇形が増えてきたという・・・

(透明なはずの羊水がコーヒー色に濁っていたそうです。)

こわ~~いお話。



値段を安くするために輸入野菜がどんどん増えています。

でも、本当に安全?

世界中で使用されている農薬は約700種類以上といわれているのに、規制されているのは200種類しかないらしい。 ということは、あとは野放し??

遺伝子組み換え食物も、加工食品には使われている?まだまだ安全性は疑問です。

家畜への肥料などは、それが多く使われて、間接的に私たちの体に入ってきている?



加工食品には、ほとんどといっていいほど添加物が使用されているので、いまの日本人は食品添加物を1日に10g以上摂取していると言われます。

1年間では3キロ以上!

1キロのお砂糖の袋、3つ分以上です。

          なにか、ゾッとしませんか??

食物自体の汚染もありますが、

それ以上にファーストフードやコンビニ、スナック菓子、

糖分いっぱいのお菓子や飲み物などを食べることが多い最近の子供たちが、大人になったときには どうなっているのかと不安になってしまいます。(-_-;)

まったく添加物や化学物質を口に入れない生活をすることは、

現代社会ではほとんど不可能に近いと思います。

でも、でも、できるだけその量を少なくすることは可能ですよね!?

テレビのニュースを見ていて、

キレる子供だけじゃなく、

キレる大人も増えているように最近感じるのは・・・・・

私だけ? 脳ミソの原料だって・・・、食べ物ですよね・・・!?



アート薬局では、 無添加、低農薬のムソー自然食品や

アレルギー用の除去食品等を扱っています。 ぜひ1度のぞいてみてくださいね! (^_-)-☆