第220回「手作り納豆の作り方その2~おいしく作るコツ」【週刊ウンチク】

第220回(2005.5.26)「手作り納豆の作り方その2~おいしく作るコツ」
提供:無添加漬物風来 西田栄喜さん


無添加漬物風来の西田栄喜さん

今週は、手作り納豆の作り方その2。
無添加漬物風来の西田栄喜さんが、納豆を手作りする時のコツをご紹介します。
 

 

納豆の作り方その2~おいしく作るコツ

先週は簡単納豆の作り方を紹介しました。 まあ言ってしまうと茹でた大豆に納豆菌を繁殖させるというだけなのですが、単純なだけに奥が深く、少しコツがあります。


※大豆はかなりやわらかくなるまで煮て下さい。
大豆は思った以上にやわらく煮たほうがおいしくなります。

※大きなパックで作るより小分けにした方が美味しそうです。
これ、最初タッパーでまとめて作ったのですが、大量の納豆というのは見慣れていないだけに少し違和感があります。小分けの方がおいしそうに見えます。

※出来上がったら冷蔵庫に入れて下さい。
室温においておきますと発酵がどんどんすすみます。冷蔵庫に入れて発酵をとめてください。

※最初はひきわりにした方が無難です。
市販品の納豆はほとんどが小粒の大豆を使用しています。普通の大粒の納豆ですと糸の引きが弱くなります。風味は大粒の方が豊かですので慣れたら挑戦してください。

※発酵時の温度管理が重要です。
発酵もののポイントは何といっても温度管理です。この時期でしたら発砲スチロールを使ったりして温度を一定に保ってください。冬場は風呂場など温かく保たれるよう管理してください。


手作りの納豆はどうしても菌が弱く糸のひきも弱いのですが、その分大豆の風味が楽しめます。
ぜひおいしくて安全な大豆で挑戦してみてください。

■手作り大好き 無農薬野菜・・・無添加漬物風来