第228回「腸は内側の皮膚!」【週刊ウンチク】

第228回(2005.7.21)「腸は内側の皮膚!」

提供:アート薬局 中村智子さん



アート薬局 中村智子さん

今週は、敏感肌、アトピー、アレルギーのご相談

アート薬局の管理薬剤師 中村智子さんが

お肌とお腹のつながりと、健康な素肌を手に入れる為のアドバイスを語ります。お楽しみください。



 

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■  1、腸は内側の皮膚! 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

腸の中の状態は、皮膚に反映されるって、ご存知ですか?

知らない方でも、たとえば、便秘をすると、にきびが増えたり、下痢が続くと皮膚が荒れたりっていうのを経験されたことがある方は少なくないはずですよね。

漢方の考え方では、腸の状態と皮膚の状態は連動すると考えます。

だから、腸の状態を良くしないと皮膚の状態は良くなりません。

どうしてでしょう??

腸っていうのは、ちょっとナニな表現ですが、

お尻の穴のところでクリッと裏返すと、実は内側の皮膚なんです!

消化器官というのは口から胃、小腸、大腸と続く1本の管であって、体の内部ではありません。外気と接する外側なんです。

口から食べる食べ物も、その管の中を消化されながら、素通りしてくるだけで、栄養成分だけが小腸の絨毛を通過して吸収されて、初めて体の内部に取り込まれます。

だから、腸はからだの内側の皮膚ともいえるのです。

そうすると、腸の状態と皮膚の状態が連動するって言うのも、なんか納得できますよね。(*^_^*)



■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■  2、では、健康で透明感のあるきれいな素肌を手に入れるには??? 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そうすると、腸の方は便秘続きで頑固な宿便が貯まっているのに、お肌の方だけ、ツルピカのきれいなお肌に・・・というのは不可能な話だと、頭の良いあなたなら察しがつきますよね。

だから、きれいな素肌を手に入れたいそこのあなたっ!!

まず!腸の中をキレイにしましょ!

皆さんも聞かれたことがあると思うのですが、腸の中には“腸内細菌”がたくさんいます。

善玉菌と悪玉菌の両方をみんな必ず持っていて、陣取り合戦をしています。

全体の席の数が決まっているので、どちらが優勢の状態に有るかで、腸の健康状態が決まります。

腸の状態がいいというのは、その中でいわゆるビフィズス菌に代表される“善玉菌”が多数いて、勢力を張っている状態です。

逆に、悪い場合はウェルシュ菌などの“悪玉菌”が勢力を張っていると、便秘になったり、おならがくさ~~くなったりします。

お肉や脂肪の多い食事ばかりしていると、腸の中は悪玉菌が増えます。

逆に食物繊維やオリゴ糖などを豊富に含む野菜をしっかり食べている人は善玉菌が増えてきて、腸の中はいい状態になります。

腸の善玉菌を増やすためにと、ビフィズス菌をせっせと飲んだりされる方もおられますが、ビフィズス菌にも何十も種類があって、その種類が自分の持っている種類とうまく合わないと、結局その菌は腸の中で居付くことができず、増えてくれません。

それよりはビフィズス菌を増やす“餌”になるオリゴ糖などの多糖類などを補給して、自分の腸にいる善玉菌を増やしてあげる方が効率的ではないでしょうか??



腸の中の状態を良くする事は、お肌のためだけでなく、

体全体の老化を防止し、腸管免疫が活性化されて、ガンの予防やアレルギー体質の改善などにも役立つことを付け加えておきますね!!(^_-)-☆



●そこで、お野菜の大切さを分かってはいるけれど、

  なかなか十分取れないとお悩みのあなたには、これがおすすめ!

   … 「リナグリーン21シリーズ

●また、お野菜を取る努力もしているつもりなのに便秘が良くならないあなたには、

  今月新発売のこれをおすすめしま~す!

   … 「エヴィデンス快腸(かいちょう)

ぜひ、アート薬局ホームページご覧ください。