第78回「色いろいろ「機能性色素とは その2」」【週刊ウンチク】

第78回(2002.8.22)「色いろいろ「機能性色素とは その2」」
提供:出口織ネーム 出口勉さん


色いろいろ 「機能性色素とは その2」

出口さんの似顔絵。ジャカード織です。

今週は、鶴来町で夢のある織物を開発・製造し続けている
出口織ネーム社長 出口勉さんの色いろいろシリーズ、第2回です。

いきなりクイズ。この3つの食物に含まれる、健康に良いと言われる色素は何でしょう?

風来の梅干し
梅干しの鮮やかな色の素
シソの葉に・・・

おすすめ風来の梅干し

風来の茄子
艶やかな茄子の紫

おすすめ風来茄子

おいしい店の黒豆
黒豆の黒にも含まれます!

写真はおいしい店黒豆
ヤマト醤油でも黒豆が
購入できますよ

・・・こたえは今回のウンチクに書かれています。ではお読みください。

******************************************************************

 この頃は、新聞やテレビ、或いはちょっとした講演会で、食品による健康の維持・増進のお話がさかんで、面白いニュースをたくさん見聞するようになりました。その中に、色に意外な効果がある話も含まれれていました。一つ二つご紹介しましよう。

 人間の体の機能を老化させたり、癌化させたりする生活習慣病に深くかかわる体内物質として、「活性酸素」というものがあります。それは鉄が酸化してできるサビのようなもので、 体内で使われずに残った活性に富む酸素が都合の悪い働きをするのです。この活性酸素を取り除く働きの事を抗酸化機能といい、その効果が色素にあることが注目されているのです。

 なかでも、フラボノイド系色素は植物界に広く分布し、その構造からアントシアニン系、カルコン系、フラボン系、フラボノール系、オーロン系に分けられ、中でもアントシアニン系が最も注目を集めているようです。アントシアニン系色素は赤~紫色をしており、赤キャベツ、シソ、紫コーン、ブドウ、ムラサキ芋、ブルーベリー、黒豆などに含まれています。

★黒豆と言えば甘納豆、おいしくて健康になれそうですね。

ヤマト醤油の黒豆

ご贈答にも便利な
ヤマト醤油WEB店長おすすめ
丹波の黒豆甘納豆

おいしい店の黒豆

お茶菓子やお料理に
おいしい店のぶチャンおすすめ
丹波黒豆・甘納豆

この色素は活性酸素の生成を抑制し、肝機能を向上させ、血液をきれいにすると説明されています。なかでも人間の目の働きを良くする効果に特筆するものがあるようです。第二次世界大戦中、夜間出撃の時、ブルーベリーのジャムを常食していたパイロットだけが薄明かりのなかでも標的が見えたという逸話が残っており、それがきっかけで、イギリスでのブルーべリーの色素の研究が始まったそうです。

 日本でも、植物色素研究者がアントシアニンを中心とした植物色素研究会をひらいており、宮崎で開発されたイモ「アヤムラサキ」に含まれる赤紫の色素は、特に強い抗酸化機能 を持っていることが発表されました。

加賀野菜ドレッシング

今売り出し中の加賀野菜のなかでも、金時草やヘタ紫茄子がそうで、紫色の古代米にも含まれているこの色素は目の網膜の明るさを感じ取る機能を刺激し、目を見えやすくするそうです。

★直源醤油で加賀野菜ドレッシング販売中。
 鮮やかな色「金時草」さわやかフレンチ
 やわらかくて甘い 「源助大根」ノンオイルおろし

 だけど、眼がよくなるからって、芋ばかり喰ってると、シモジモで抑制できない香りの問題が起きますし、茄子ばかり食べていると、茄子には体を冷やす働きもあるので、冷え性になって子供が出来なくなりますよ! え?もう用がすんでますって??

                            ・・・次回へつづく。

健康食品に興味のおありの方、ご参照ください。         
★「GLNからこんにちは」ホームページ
 「海外薬用植物」


お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する