第94回「雪道運転要注意!救助日誌(抄)」【週刊ウンチク】

第94回(2002.12.12)「雪道運転要注意!救助日誌(抄)」
提供:明光自動車サービス 三納嘉一さん


北陸の冬、事故には注意!

今回は、明光自動車サービス・三納さんの救助日誌よりお届けします。
石川県内でも昨日雪が降りました。
スリップによる脱輪、衝突など自動車事故が多発する時期です。
冬の安全なカーライフのポイントが詰まった日誌をお楽しみください。

◆救助日誌    2002/01/23 早朝

この冬一番の積雪だった。わたしの方の会社は高台にあるので、凡そ35センチばかり。
長靴が沈む。Kさんから電話が入る。昨日借りた代車のワイパーが動かない。代わりの車を貸して欲しいーとのこと。来て貰って、早速調べたら、ワイパーのリンクモーションが外れている。
よく聞いたら、前の晩に雪が降らなかったので、ワイパーを立ててなかったのが原因。
雪国では常識のことなんだが。ついつい。ハイ。 笑って済ます。
 
雪の季節は、ワイパーを立て、晩のうちに雪が積もらないようにしておくことは大切です。
また、降雪期は、車に雪よけ用スコップ等を積んでおきましょう。

◆救助日誌    2002/01/23 午前11:04

NTTのDさんより救助依頼の電話あり。この方はロータス365サービスの会員だ。
Dさんと東京のオペレーション・センターと、当方とで同時通話をして、状況を聞く。
雪のため側溝に脱輪。村はずれの枝道で誰も通らない所。道幅が狭く、積雪40センチ余りとのこと。普通の車は入れないとのこと。
T君の仕事をストップして、部長と二人で急行。結果は二人行ってよかった。
あとから感謝の電話あり。

明光自動車サービスは、ロータスクラブ石川加盟店です。
“ロータス365ロード・サービス”の集計によると、出動回数で全国第3位にランクされました。
雪の日も、雨の日も、そして夜でも出動するんです。
「ロータスメイト」に加入されますと365日、24時間、出張無料のロードサービスが受けられます。(初年度の会費は無料です) 詳しくは明光自動車サービス(info@meiko-j.co.jp)まで。

◆救助日誌    2002/01/23 午後00:25

Mさん(北陸先端大学院大学の学生)から電話あり。初めての方。
学校を出て坂を200メートル下ったところで、左へハンドルをとられて、縁石に乗り上げて動けなくなったと言う。ハハー、いつもの所だ。雪路だから、小さいレッカー車で、今度も二人で現場直行。

左のタイヤが破れている。道路へ引き出して、スペアタイヤと交換。車は大破である。
最初にエンジンを始動すると、自動チョークが効いているから、回転数が1000rpmくらいに
上がっている。平坦地であれば、まあ何でもでもないが、坂道になるとことが違う。
あれーと思ってブレーキを踏むと、ハンドルを取られてドーン。

いまどきの車はエンジンの温度が低いとき、ガソリンの噴出量を自動的に増やしてくれます(自動チョーク)が、こんな危険もあるんですね!

◆救出日誌    2002/01/30 午後06:26

 Hさんから電話あり。野々市の御経塚のサティで雪のため、側溝が判らなくて脱輪とのこと。
ロータス365会員だ。Tくんが救助に出動。うまいものだ。

よくありそうな事故です。
雪の下に穴あり?!の気持ちで運転したいものですね。

(12/16、三納宏一さんの<冬の運転注意事項>を追加!)

検査には厳しい三納嘉一社長

 ■車検・整備・タイヤ交換は「明光自動車サービス

 ■明光自動車サービス辰口支店「メイテック
   三納宏一さんの<冬の運転注意事項>12/16アップ!


お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する