第236回「寿司屋の符丁・解説(関東編)」【週刊ウンチク】

第236回(2005.10.6)「寿司屋の符丁・解説(関東編)」

提供:幸寿し 橋本公生さん



幸寿しの握り寿司

今回は、能登空港近く・穴水駅前のお寿司屋さん

幸寿し
 橋本公生さんが、

寿司屋の符丁についてお話しします。



寿司屋の符丁・解説(関東編)

寿司屋がいつも使う言葉に符丁があります。

 1-ソク・ピン

 2-リャンコ

 3-ゲタ

 4-ダリ

 5ーメノジ

 6-ロンジ

 7-セナ

 8-バンド

 9-キワ

これが関東の寿司屋で使う符丁です。

13000円や1300円ソクゲタです。

レジ係りがどちらか分からない時は板前に聞きます。

大きくですか小さくですか?

板前が答えます。大きく。

13000円に決定です。

これの組み合わせでやっていきます。

6300円ならロンゲタ

9800円ならキワバン

2200円・3300円・4400円など並んだ数字がある時

リャンナラビ・ゲタナラビ・ダリナラビといいます。

11000円ならソクナラビ、そして、ピンピンの呼び方があります。

関西の寿司屋が使う符丁もあります。

こっちはちょっと難しいです。

またいつか、ご紹介します。