第244回「どうやって決めるの?中古車価格」【週刊ウンチク】

第244回(2005.12.1)「どうやって決めるの?中古車価格」
提供:レベルファイブコーポレーション 佐藤元さん

(※レベルファイブコーポレーション様は、2006年6月退店されました)

日本最大の自動車オークション場 画像

今回は、国産車、輸入車、新車、中古車すべてが揃う車の総合ショップ
レベルファイブコーポレーション 佐藤 元さんが
中古車の価格の決め方についてお話しします。

※左写真は日本最大の自動車オークション場。
ハイシーズンには一日2万台近くの出品があります。

「どうやって決めるの?中古車価格」

自動車・・・新車の価格というのは、製造者(メーカー)により一般的な希望小売価格(定価)が決まっています。
もちろん実際の販売価格は「販売店(ディーラー)などが独自に決めてよい」となっていますが、他の商品のように半額セールや7割引とかいうのはありえません。また定価のないオープン価格のような自動車も今のところありません。

これは様々な理由がありますが、一つとして自動車業界に何かのカタチで携わる人が多く、ドラスティックな価格破壊は経済全体に影響を及ぼしかねないこと。一般的に耐久消費財の中で割と安定した資産価値として認められていることが考えられます。

前置きが長くなりましたが、中古車の価格は、どんな中古車も最初は新車だった訳で新車に定価があることがスタートラインになります。
一部の希少車を除いて中古車は当然新車より安くなります。
どのようにどれくらい使われたかが中古車価格のガイドラインとなります。


中古車価格と一言で括っても、小売価格、下取り(買い取り)価格、 オークション価格(相場)など様々な価格があります。
一般論であれば、下取り→相場→小売の順で高くなります。
が、時間軸の概念が加わることにより逆転することも多々あります。

主にディーラーなどが用いている基本査定表車種・グレード・年式走行距離・色・装備・程度・・・などを元に算出できるようになっています。概ね各メーカーごとに毎月一冊発行されているはず (日本自動車査定協会発行のガイドブックが基本になっている?)ですが、月に一回では実態に即していない部分もあります。

相場というのは、実際に業者間取り引き(オークション)で取り引きされた価格であり、ほとんどの中古車販売業者がリアルタイムで情報に触れることができるようになっています。例えば沖縄の業者が1分前の札幌のオークション結果が判るということです。

実際の取り引き価格であるため、ある意味極めて信頼性はありますし、昨今の買い取り店ブームの牽引になったことは否めませんが、あくまでデータが発生した瞬間から過去暦であり、中古車という
商品の特質上同じモノが二つとないため、車種によってはそれ相応の分析力と知識がなければ掴みきれない情報となります。

一例をあげるならば、3年落ちのベンツSクラスであれば左ハンドルと右ハンドルに70万円の価格差がある。色が白・黒なら更に差が開き、走行距離が1万km台までなら逆に縮まる。V8モデルなら差が開き、同じ黒でも3色あって・・・云々。
輸入中古車業者なら誰しもこの程度の基本知識はあります。外れることもありますが。(笑)


いよいよ本題の小売価格ですが、それらの基本知識を元に仕入れしたクルマに、リスク負担分(アフターメンテナンス保証見込み代金)を加えて、あとはいくら儲ける(損する)かになります。

販売店の社長なり店長なりが価格を決める訳ですが、純粋に仕入れ価格からの利益率・利益額で決める場合、他店の小売価格を参考にそれよりも少しでも安く(あるいは高く)設定する場合、戦略的に利益度外視で安く(あるいは高く)設定する場合とさまざまな要素があります。

ただ一番の要素はいくらなら買って貰えるかだと考えます。
更に言えば私の場合、自分ならいくらまで出してもよいかに主眼を置いてます。

本業を離れれば私も一消費者ですし、「少しでも良いものを安く買いたい」という気持ちは大変共感のできるところです。ただし中古車の場合はあまりにも中間流通経路(オークション場)が発達しているため、法外に安いというのは戦略的な意味合いを除けば有り得ません。
法外に安いものには訳があるとお考えください。

正しい知識と良いものを見極める選択眼、更にそのユーザーに合った商品を勧めること。適正価格より若干安めの価格設定を目指していること。
これからは情報の開示も大切な要素だと考えられます。
皆様のお付き合いのあるお店は信頼のできるお店ですか?


【ミニリンク集】
●輸入車、国産車、新車、中古車全てがそろう車の総合ショップ
レベルファイブコーポレーション


お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する