「見た目がいいから売れる」はネットショップの非常識~全国イーコマース協議会 平山泰朗氏

◆売れるサイトづくりの第一歩:
「見た目がいいから売れる」はネットショップの非常識
~平山 泰朗 氏(特定非営利活動法人全国イーコマース協議会理事長)

((財)石川県産業創出支援機構 機関誌『ISICO Vol.27』掲載記事)

インターネット利用者のうち約9割の人が利用しているネットショッピング。しかし、「ネットショップを立ち上げたけれども売り上げが伸びない」と悩んでいるオーナーも多いのでは。
そこで、特定非営利活動法人全国イーコマース協議会 理事長で、今年2月に「ネットショップ構築標準ガイド」((株)アスキー)を出版した平山泰朗氏に、ネットショップ開設時に押さえておきたいポイントを挙げてもらった。


■商品の検索頻度や単価を調べてみよう
お話しを伺った、全国イーコマース協議会の平山泰朗氏。 ネットショップを運営する場合、まず何を扱うかによって成否が大きく左右されます。では、どんな商品が適しているのでしょうか。
 最初の条件は需要が多い商品です。ネットの場合、需要の多さは検索頻度に反映されます。オーバーチュア社の提供している「キーワードアドバイスツール」(http://inventory.overture.com/d/searchinventory/suggestion/?mkt=jp)を使えば、過去1カ月間にその言葉が何回検索されたかを調べられますので、自分の扱う商品に対する注目度を推測できます。

 2番目の条件は商品の単価が高いことです。できれば、10,000円以上のものが望ましいでしょう。1,000円の商品を10個売るのと、10,000円の商品を1個売るのでは売り上げは同じでも、発送の手間やコストなどで大きな差が出ます。単価が安くても、それらを組み合わせたセット商品を作るなどして単価を上げるのもいい方法です。

 3番目の条件は利益率が高いものです。普通の小売りならば、利益率20~30パーセントが常識ですが、ネットショップは35パーセント以上が理想的です。なぜなら、クレジットカード会社への手数料や送料の一部負担、バーチャルモールへの出店料などを経費に折り込んでおかなければならないからです。

 以上、3つの条件のうち、少なくとも2つの条件をクリアした商品がネットショップに適しています。


■お客さまやオーナーが便利なサイトを
 実際にサイトを構築する際にも気を付けてほしい点があります。それは、視覚的な美しさだけを追求しないということです。見た目にきれいでかっこいいサイトを作れば売り上げがアップすると考える方もいらっしゃいますが、それだけでは売れるサイトにはなりません。
 むしろ、サイトの訪問者が快適にページを渡り歩けるようにする「インターフェイスデザイン」や情報を分かりやすく適切に提供する「情報構造デザイン」が大切なのです。

 サイトのデザインを制作会社に依頼するケースも多々ありますが、制作会社はあくまでもデザインやWeb制作の専門家であり、ネットショップの専門家ではありません。そのことを踏まえ、お客さまやオーナーの目線を取り入れた、買いやすくて使いやすいサイトを作りましょう。

 例えば、ビジュアル重視のサイトでは、テキストで扱うべき情報を画像として処理しているケースがよくあります。画像を使えば確かにきれいですが、いざ更新しようと思ったとき、制作会社に頼らざるを得ず、コストも時間もかかります。普通のサイトと違ってネットショップはどんどん新鮮な情報を更新しなければ魅力がなくなります。テキストとして処理しておけば、オーナー自ら手早く簡単に更新できるのです。


■露出機会を増やしてアクセス数のアップを
 サイトができれば、次はいかに多くのお客さまに訪問してもらうかを考えます。アクセス数をアップするには露出の機会を積極的に増やすよう心がけましょう。
 検索エンジンの上位に自分のサイトが表示されるように工夫するSEO対策(検索エンジン最適化)、アフィリエイト(※)の利用、メールマガジンの発行、関連サイトにリンクしてもらうなど、やるべきことはたくさんあります。

 商品そのものはもちろん、先ほど述べたデザイン的要素や技術的に求められる要素など、ネットショップを構成する要素は多岐に渡ります。格闘技で言えば、打撃も関節技も必要な総合格闘技のようなもの。ですから、本を読んだり、情報交換の場に積極的に顔を出すなどして、知識や技術を磨いてください。

※アフィリエイト 一般のサイトと提携し、それらを代理店として持つ販売促進の手段。


特定非営利活動法人 全国イーコマース協議会 理事長
平山 泰朗 氏

(プロフィール)
ホームページ制作会社(株)ウォークスコミュニケーションズ 代表取締役。デジタルハリウッド大学院客員教授。1971年、長崎県壱岐島生まれ。壱岐島の特産品を販売するサイト「壱岐もの屋」のウェブマスターとして、数々の賞を受賞している。


お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する