第45回「4ツの笑顔」使い切れない農産物を活かし、生産農家からお客様まで、皆が笑顔になれる菓子作りを【今月のお店】

【今月のお店】第45回「4ツの笑顔」
使い切れない農産物を活かし、生産農家からお客様まで、皆が笑顔になれる菓子作りを
4ツの笑顔 横江和信さん、山崎美由紀さん

今月のお店「4ツの笑顔」(株式会社オハラ)ご担当の横江和信さん、山崎美由紀さん

(株)オハラは、石川県河北郡津幡町の工場で、こんにゃく、くずきり等を生産する食品製造会社です。
「4ツの笑顔」は、地元産素材を使ったプリンやスイートポテトなどの菓子を製造する当社のオリジナルブランド。 こんにゃく屋さんがお菓子づくり?・・・ちょっと不思議に思われるかもしれません。
今回は、「4ツの笑顔」ご担当の横江和信さん、山崎美由紀さんに当社の菓子づくりと、ネットショップでの取り組みについて、お話を伺いました。

「4ツの笑顔」株式会社オハラ 横江さんと山崎さん
株式会社オハラ「4ツの笑顔」ご担当の横江さん(右)と、ホームページご担当の山崎さん(左)。

オハラ工場の焼き菓子部門
オハラ工場におじゃましました。写真は焼き菓子部門。五郎島金時のスイートポテトも、この場所で作られる。

オハラ工場のゼリーのライン

ゼリーのライン
桃ゼリーの中の気泡を除く。美味しいものを作るために、一手間がかかっている。

■きっかけ

Q.オハラ様の菓子づくりと、ネット販売に取り組まれたきっかけについて教えてください。

当社は元々、こんにゃくが主力商品でしたが、冬場の季節商品であることもあり、夏場にくずきりの製造を始めました。
くずきりの生産をきっかけに、有名な洋菓子店のパティシエと出会いオリジナルゼリーの生産依頼を受けました。その際に努力と改良を重ね、満足のいく品質のものが生産できるようになりました。
この実績が口コミで広がり、菓子製造の受注が増え、当社の売り上げの大きな柱となりました。
この菓子製造のノウハウを活かし、2003年に立ち上げたのが、オハラのオリジナル菓子ブランド「4ツの笑顔」です。
このブランドでは、農家の方が売ることが出来ず抱えている規格外品や、がんばって作っているのに名前が売れていない農作物などを仕入れ、おいしいものを作り販売しています。召し上がるお客様、お店、メーカー、生産農家、4者とも笑顔になる菓子づくりということから「4ツの笑顔」と名付けました。

「4ツの笑顔」で開発した商品は、味・品質には自信があるのですが、私たちは販売店舗を持っていません。
売り方や物流のノウハウ、包装設備、バイヤーとの繋がりが無い中、どのように販売しようかと考えた結果、インターネット通販販売を思いつき、2005年にネットショップ(楽天店、自店舗)を立ち上げました。

現在の売り上げは楽天店が中心ですが、本店の方にも力を入れていきたいという思いから、「お店ばたけ」に出店しました。


■菓子づくりのノウハウとは?

Q.「農業者との連携」という視点からも注目を集めている「4ツの笑顔」ですが、私は、お菓子の味のレベルの高さに素直に驚きました。 "菓子づくりのノウハウ"という言葉がございましたが、「4つの笑顔」企画ご担当である横江さんは、そちらの専門家でいらっしゃるのでしょうか。

いいえ。(京都大学文学部の、哲学科卒です。)趣味で菓子づくりということもなく、洋菓子づくりは全くの異分野だったのですが・・・
菓子づくりのノウハウというのは、配合を組み立てることにあると思います。私や配合担当のスタッフは、一流のシェフと仕事をする中で味覚を鍛えました。
我々の味覚は、菓子を食べて単に「美味しい」というのではなく、菓子の味からその配合が分析できる。シェフと同じ味覚で判断ができるようになったのです。


■最近の取り組み

Q.「4ツの笑顔」の新商品情報や、最近の取り組みについて教えてください。

ナチュラルプリンに新商品ができました。「ハーブのめぐみの和三盆プリン」です。
ハーブで育てた健康な鶏の玉子と和三盆糖を使った、やさしい甘さのプリンです。近々Webショップにも掲載しますのでご期待ください。

また、石川県内の農家が生産する、規格外のコシヒカリを使ったお米パン「ごぱん」(左写真)も、本格的な販売を目指して展開中です。こちらは先日、販売予定店舗で試食会を行ったのですが、バイヤーの皆さんより大好評を得られました。

ただ、どのような単位で生産していくか、加工方法をどうするか、ネットで販売するならどんな状態で配送するかなどを検討しているところです。
(「ごぱん」は、4月中旬頃から石川県内Aコープ各店様での販売が決定しています。)


■これからの展開

Q.「4ツの笑顔」の、これからの目標や夢を教えてください。

現在は石川県の素材を使っているのですが、県内だけでなく、全国の使い切れない農産物を生かした仕事をしていきたいです。


インターネットを通して、農業者と連携した「4ツの笑顔」のユニークな取り組みと、質の高いお菓子が、ますます広がっていくことを期待しております。

ありがとうございました。


<レポーターから一言>
「4ツの笑顔」の"土づくりから始める菓子づくり"というキャッチフレーズは、農業者と連携した商品づくりという意味だと思っていましたが、実際に社内でもさつまいもを無農薬で栽培し、原材料として供給しているのだそうです。すごいですね。
また、ISO認定工場であるオハラ工場はとても衛生的で、スタッフの方は、皆様丁寧にご挨拶いただきました。食品工場、工場生産のお菓子といっても、家庭の手作りを大きくしたような機械で作られていたり、桃のゼリーの気泡を取り除いたり、ほどよいクリームをサンドしたりと気の利くところは人がやっている、そのことがとても温かく感じられました。
(お店ばたけ事務局)


店 名 4ツの笑顔
会社名 株式会社オハラ
代 表 小原 繁
本社所在地 〒920-3133
石川県金沢市柳橋町甲14-1
工場所在地 〒929-0345
石川県河北郡津幡町字太田ヘ35
TEL 0120-44-5289(フリーダイヤル)
(平日 午前9時~午後5時)
FAX 076-288-6573
お店URL http://www.ohr.co.jp/nijiiro/


お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する