バーチャルショップセミナー(多店舗展開によるネット販売の可能性について)

*お店ばたけ出店者交流会*  バーチャルショップセミナー

<多店舗展開によるネット販売の可能性について>

講師は平田隆さん多店舗展開によるネット販売の可能性 受講風景

講 師: <ヤフー株式会社 法人営業本部 ビジネスサポート部  平田 隆 氏>

平成18年 1月20日(金) 13:30~15:30

<石川県地場産業振興センター 新館 第10研修室>

共催 社団法人石川県情報システム工業会

石川県内のレベルアップを目指すネットショップのための実践的なバーチャルショップセミナー。

今回は、Yahoo!のご担当 平田隆さんから、実店舗運営とショッピングモール出店といった多店舗展開によるネット販売の可能性について成功実例を交えながらお話しいただきました。

<内容>

(1)ネット販売の市場概要

(2)成功の秘訣

事例:Yahoo!ショッピングYahoo!オークションに出店し、成功されている店長さんへのインタビュー



1.<ネット販売の市場動向と多店舗展開への可能性>

国内のインターネット利用人口及びネット販売(BtoC)の市場規模は年々伸びてきている。



Yahoo!ストアの出店数と来店数(2006.3)

・Yahoo!オークションストア 6,878店舗 

・Yahoo!ショッピングストア  9,445店舗

毎月150~200店舗が新規出店している



<実店舗とネットショップとの相違点>

ネットショップの場合

 ・消費者が直接現物の確認できない

 ・問い合わせへの対応・配送業務の発生

・多少のPC知識が必要

・手軽・低コスト・経費削減に

・商圏にとらわれない お客様は全国から

・年中無休・24時間販売活動

・即・リアルタイムに更新可



<成功の秘訣は実際の小売業と同じ!>

ネットショップは置くだけで売れる自動販売機ではない。

ネットショップで成功するには、市場分析、販促企画、お客様への対応など実店舗での販売と同じように努力が必要。

客層・環境全てちがうので、より多くの人に見てもらえるような環境にするとよい。



<効率的な運営方法とは>

出店形態や媒体ごとの特徴を理解する。

自社サイトだけで運営するのか、もしくは集客されているショッピングモールなどへ出店するか?

いろいろなものを売るか、おなじようなものを売るのか?

・Yahoo!ショッピングに出店

・他社ショッピングモールに出店

・商工会・組合などホームページに出店

・自社ホームページで運営

CMもひとつの手段  しかし、一挙に注文や問い合わせがきたときに対応できるか?

モールサイト内から自サイトへのお客様の誘導

(1)モールトップページからの誘導

(2)モール内の検索からの誘導

(3)モール内の他コンテンツからの誘導

(4)ポイントによる集客

<集客方法>

・Yahoo!ポイントによる集客

・アフィリエイトサービス

・外部サイトからYahoo!ショッピングへ誘導

・携帯サイト

・Yahoo!ショッピングとその他のモールでは客層が異なる。

多店舗出店することで異なる客層をカバーすることが出来る。



<ショップ開設・運営に必要なインフラ>

実店舗         Eコマース

宣伝看板        露出対策

外装・内装       店舗トップページ

商品陳列        商品カテゴリページ

決済・レジスター    カート・決済

チラシ・DM      メールマガジン

2.<成功の秘訣>

<成功するネットショップの3大秘訣>

1.お客様に見つけてもらう工夫

2.決済ラインナップの充実

3.お客様に覚えてもらう工夫

・来店→購入→再来店のスパイラルを作る

・購入後のフォロー

・お客様の声を次の販促キャッチコピーに活かす

・モールが企画するニュースレター、バーゲンセールなどに参加し、新規顧客を獲得

  ・検索する人に食べたいと思うような欲しいと思わせる売りの部分を画像とキャッチコピー

  ・「早い者勝ち」「ランキング」「限定」に弱い。

受講風景



<まとめ>

最近のネットショップにおける動向をデータの説明から、ネットショップと実店舗の違い、また、ヤフーショッピングストアやヤフーオークションストアを活用した運営と事例紹介について説明されました。

お店によって商品や形態が異なるように、販売戦略も異なります。モール毎に異なる客層の特徴を理解し、モールが整備したツールや販売手法を活用することによって、収益拡大につながります。

ショッピングモールではパソコンの知識や技術が必ずしも重要ではなく、実店舗経営のノウハウをWebで活かすことができるかがポイント。ネットショップ運営者は、商品の知識に自信をもつこと、お客様とのコミュニケーションを重視し、リピーターを獲得することで、Webショップを成功に導いてほしいと話されました。