「トコロテンの作り方」【週刊ウンチク】

ヘルシーなトコロテン

お店ばたけ 週刊ウンチク

第268回(2006.5.25)

「トコロテンの作り方」

提供:幸寿し 橋本公生さん

◆手作りトコロテン(心太)の作り方・・・テングサ(天草)を使って


◆トコロテンの作り方

去年大ヒットしたトコロテンの我が家の作り方を書きます。

夏にテングサを採ってきて真水でよく洗って天日で乾かしておきます。

海に潜れば青い海草より深いところに赤い海草があります。それがテングサです。 日本海側より太平洋側に多く採れるみたいですよ。

何日か乾かしてカラカラにします。カラカラにして袋にでも入れておけば何年でも持ちます。

ただ天日で乾かす時のテングサの匂いは臭いです。旨いもん食べるんですから我慢しましょう。

自分でテングサを採って来れない人は輪島の朝市にうっていますよ。


輪島の朝市


乾かしたテングサを使って、 トコロテンを作ります。我が家ではトコロテン作りは私の母が担当しています。

1.まずテングサを水につけてゴミをとりましょう。 この作業を丁寧にしましょう。

2.ゴミをとったら鍋に入れて暫くそのままにしておきます。暫くしたら火にかけます。

3.沸騰してきたら酢を入れます。強火で煮て沸騰してきたら箸でかき回しながら弱火で煮ていきます。

箸でかき回してトロミが出てきたらサラシで漉します。

4.漉したら、角型の容器に入れて冷まします。冷ます時にトコロテンの表面にブツブツが出ていたらスプーンで取っておけば仕上がりがきれいです。

5.固まったら大きめに切って水を入れて冷蔵庫で保存します。

我が家の母はサラシで漉した残りで、二番だと言って、もう1回トコロテンを作っています。

二番だとちょっと、最初のものより出来上がりが柔らかいです。

我が家のトコロテンは硬めにつくてあります。食べる時はつきで押し出すのではなく包丁で食べやすい大きさに切って食べています。市販のより自分で作った方が絶対うまいですよ。

味付けはお好みで。ちなみに私は辛し醤油で食べるのが一番すきです。

◆リンク集

・このわた、くちこ、能登の海の幸、山の幸・・・幸寿しWeb通販

・能登語りのポッドキャスティングも!能登半島の情報満載・・・北陸・能登半島の幸寿しブログ