<商い益々繁盛店>ブック宮丸(金沢市)

石川県産業創出支援機構(ISICO)では、石川県内で頑張っている繁盛店を取材し、商い益々繁盛店としてご紹介いたします。


石川県の繁盛店をご紹介!<商い益々繁盛店>
「ブック宮丸」~本にこだわり、超・書店づくりに挑む!!

商い益々繁盛店「ブック宮丸」~本にこだわり、超・書店づくりに挑む!!

 戦後間もない昭和23年、金沢市安江町で産声を上げたブック宮丸。以来58年の歳月を経て、金沢市内に6店舗を構える地元でも有数の書店として確固たる地位を確立し、県外大手資本の書店が進出・撤退を繰り返す中にあって、堅実な商いで着実に業績を伸ばしている。宮本秀夫社長が目指す新しい時代の書店のあり方はいかに。


多店舗化で事業に活力
(株)ブック宮丸 宮本社長 先代が創業した書店に入社したのは宮本社長が22歳の春。
店は7坪の笠市店1店のみだった。「おやじはその時から私に全て任せてくれた。商売をするなら片町でやりたいと常々想っていたことから、その年の10月に6.5坪の片町店を、翌年14坪の武蔵店、さらにその翌年、マンガ専門店・コミックハウスを出店した。

 とにかく市内の拠点となる場所に店舗を持つことで、何よりもまず市民に認知される書店になりたいと思った」と矢継ぎ早に出店した経緯を語る。高校卒業と同時に東京の書店で修業し、商いのイロハを学んだことが多店舗展開を後押ししたようだ。

 昭和50年代後半になると書店業界が一大転換期を迎える。それは広い駐車スペースを確保した郊外型の大型書店の出現である。当然のことながら、中心商店街が寂れ始めていたことに危惧の念を抱いていた宮本社長も郊外出店を決断せざるを得ない状況に直面する。


社運を賭けた大勝負
 その想いを形にしたのが、平成6年、満を持しての金沢南店(八日市)の出店である。「ほんとにうまくいくだろうか、どきどき冷や冷やしながらつくった店舗だったが、蓋を開けると、私の心配をよそに順調に滑り出した。このことが自信になり、5年後の金沢北店(諸江)の出店につながった」と振り返る。

 今後、書店は拡大競争の時代に突入することが分かっていたことから、金沢南店は設計段階から二階建ての店舗としたものの、開店以来2階部分は未使用のままになっている。というのは、建物だけでもかなりの投資だった上に、2階まで使用すると在庫負担も2倍になるため、当時の財務力・運営力を考えて段階を踏んでからの展開をと判断した。だからと言って、2階にテナントを入れた場合は自社で使用できなくなることで競争力が削がれる。その上、一旦入れたテナントを家主の都合で退店願うことも難しいことから、自社としての明確な使い道が決まるまで塩漬けにしてある。


各店各様の品揃え
ブック宮丸の雑誌コーナー 宮丸として特徴を出す必要があるとの考えから、金沢南店(240坪)は、数ある書籍の中から力を入れる部門をコミック、文庫、コンピュータ・ゲーム関係、雑誌に絞り、品揃えを強化することで個性を打ち出した。

 一方、金沢北店は1・2階の450坪のスペースがあることから、当店の看板商品であるコミック・雑誌に加え、2階を専門書コーナーとし、当初はコンピュータ関係に特化した品揃えを行った。最近では時流に対応した介護・看護部門の専門書にも力を入れている。同じ金沢市内でも両店舗の客層はかなり異なり、売れ筋も違う。周辺に会社が多いのか、一般住宅が多いのか、学生が多いのか、これによって売れる商品がガラリと変わってくる。金沢北店は能登有料道路から金沢市内への入口に位置することから能登地域からの来店客も多い。


店の規模が会社を育てる
  「金沢南、金沢北の両店舗をやったことで、大きく社内体質が変わった。大きな店舗ほど運営力、管理力が店長をはじめとしたスタッフに備わっていないと、せっかく大きな売り場をつくってもがっかりする店になってしまう。
品揃え、人材育成を店舗運営と同時並行して進めながら今日に至っている」と語る。そこには、社員の努力はもちろんのこと、顧客に育ててもらいながら日々成長してきているとの実感が込められている。

 最近では書籍のネット販売も伸びているが、本の場合は手にとって中身を確かめて買いたいというニーズが圧倒的に強い。そうした顧客の立場になると、現物を手に取り吟味して買う本屋がなくなることは考えにくい。とはいえ、当然のことながら規模の競争になってくることから、大きな店舗をつくっていくことが宿命ともいえる。それも、ただ大きくするのではなく、「本業は本屋であることを肝に銘じ、本業をしっかりとやっていきたい」と明言するように、中途半端に手を拡げ、競争力のないものを二つも三つも持つことよりも魅力ある店づくりに意を注ぐ考えを強調する。

 店舗運営面では、昔から書店の悩みの種である万引きにも気を配り、全店で防犯カメラを導入している。この問題は青少年への影響も大きく、業界としてICチップを本に埋め込むことなども検討され、一部実験も始まっているが、今後の普及が待たれる。


県外大手書店との差別化
 書籍の場合は商品アイテムが多いだけに、他店との違いを出すことは比較的容易だという。
 書店の業界に価格競争が導入されるともっともっと淘汰されていくことが考えられる。アイテム数で当店の2倍も3倍も品揃えが豊富な大型店が出てくれば、顧客がそっちへ流れることは必至で、脅威であることにかわりはない。そうならないためには、ブック宮丸に行けばこの種の本なら必ずあると足を向けてもらえるように、顧客に認知される店に持っていくことがポイント。来店した結果として期待通りの品揃えがなされていればリピーターにもつながる。

 さらに、サービス面での社員の資質の向上、取り寄せの便宜をいかに高めるかなどが鍵を握ってくる。「顧客は無駄足を一番嫌うわけで、この本ならブック宮丸だと地域の皆さんに思い浮かべていただける店づくりに邁進していきたい」と地道に歩む覚悟だ。
 20年前、書籍の年間出版点数は3万点程度だった。それが、現在では7万点を超している。そんな膨大な商品の中から、自社の店舗に何を並べるか、その選択眼が今後の商いの成否を左右する。金沢北店のスタッフとして日夜奮闘する長男武史氏と二人三脚で目指す「書店を超えた書店」づくりから目が離せない。


ブック宮丸 店舗外観商 号 (株)ブック宮丸
創 業 昭和23年
資本金 1,000万円
従業員数 70名(うちパート55名)
店舗数 6店舗


お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する