H18バーチャルショップセミナー<第1回>「効果を追求したWebマーケティングセミナー」

*お店ばたけ出店者交流会 セミナー報告(第43回)*
<石川県産業大学経営講座> バーチャルショップセミナー(全8回)
【第1回】「効果を追求したWebマーケティングセミナー」

GMOインターネット株式会社 榛葉 壮士(しんば たけし)氏定員を超える大勢の皆様が受講されました。

講 師:榛葉 壮士(しんば たけし)氏
GMOインターネット株式会社 IxP統括本部/ネットビジネス市場開発事業本部 本部長)
平成18年8月11日(金) 13:30~16:30
石川県地場産業振興センター新館 第13研修室

*******************************
本講座の目的

●ホームページを公開してみたが、いまいちホームページの作りに満足できない。
●他社と比較して物足りないと感じている。
●ターゲットが利用しやすく、わかりやすいサイトにしたい。

・・・貴社ホームページの「成約数アップ」「ブランディングの向上」を行うための知識、手法を学んでいただきます。

【目次】
1.インターネットの現状
2.インターネットでの購買意思決定プロセス
3.ホームページリニューアル事例紹介
4.ホームページリニューアルをするにあたって
5.ホームページ成約率を上げるには
6.集客数を増やすには
7.継続的に向上し続けるには
8.インターネットビジネスで成功するには

※ご報告の内容は、セミナー内容の概要と受講メモを基に記載しております。 ご了承ください。

*******************************


1.インターネットの現状

生活にとけ込んだインターネット
50代以上の利用も年々増加/オンラインショッピング経験89.9%(インターネット白書2006)
インターネット利用者7948万人・人口普及率62.3%(H17年度情報通信白書)

第5のマスメディア、急速に進むブロードバンド化
メディアミックス(テレビ→ネットで調べる:nifty「瞬ワード」


2.インターネットでの購買意思決定プロセス

(1)GMOインターネット株式会社独自のSAIDCAS理論(※ビジネスモデル特許出願中)
顧客購買心理学に基づいた「AIDMA」発展系の新しいインターネット上の消費行動モデルの考え方

ある問題意識が芽生え、
なにがしかの情報探求の活動 (Search)をきっかけに、
特定の店舗や商品の情報に気づく(Attention)。
そして、実際に興味(Interest)を持ち、欲求(Desire)、確信(Conviction)を抱き、
購買決定(Conviction)をし、
購買後に満足を得る(Satisfaction)。
満足であれば再来訪(リピート)を検討する。

(2)SAIDCAS理論に基づいたホームページ制作
SAIDCAS理論と顧客獲得サイトチェック108項目に基づくサイト構築(特許出願中)

1)情報検索(Search)←集客対策(SEM)
インターネット利用者が実際に使う検索キーワードランキングに基づくサイト構築と対策
・SEO対策 ・リスティング広告 ・検索エンジン登録
    
2)店舗や商品の情報に気づく(Attention)←制作ノウハウ
人が集まり、見て貰え、買ってもらえるための制作ノウハウ
・3秒ルールを考えたメニュー ・SEO対策に配慮したタイトル ・homeへのリンク設置 ・フレーム、動的ページ禁止…など108項目(GMO社)

3)購買決定(Conviction)←サイトコンテンツ
契約率アップ対策
●左脳型アプローチ(最終決定に関与)
 数値データ、スタッフ紹介、利用者の声
●右脳型アプローチ
  視覚行動型デザイン(直観)、写真のクオリティ、脳裏に残るデザイン性
●競合サイト対策

4)満足(Satisfaction)~再来訪←来訪者分析
全てのデータを収集分析(アクセスログ解析)
・ユーザー行動履歴分析 ・集客ルート分析 ・入室・選出ページ(ロス分析)など


3.ホームページリニューアル事例紹介

GMOインターネット株式会社でリニューアルを行ったサイトを見ながら解説いただきました。
■お役立ちツール■
以前のサイトを見ることが可能なサイト:http://www.archive.org/
競合サイトはどこ?世界で何位?他にはどんなサイトを見ているの?
アレクサツールバー:http://download.alexa.com/index.cgi


4.ホームページリニューアルをするにあたって

GMOインターネット株式会社でリニューアルを行う際に使われている、サイト分析ツールを参照しました。
集客、コンテンツ、ブランディング、アクションへの誘導、ユーザビリティ(使いやすさ)、インタラクビリティ(双方向性)


5.ホームページ成約率を上げるには

「ホームページ成功方程式」 集客数×契約率=成約数…集客数を増やすことも大切ですが、契約数を増やすことが大切!
(1)目的とターゲットを明確にする
目的=ターゲットを明確にし、サイト構成を決める。ボリュームゾーン(一番多数のユーザーがいる層)の見極めが重要!
ユーザーの人間像を、顔が浮かぶくらい描いてみる。(よく読む雑誌は?TV番組は?どんなサイトを利用?)…3~5人くらいの具体例を。

まずは新規客とリピーターの視点が必要。
1)新規客…ネガティブチェック「このサイト大丈夫?」
基本情報(会社情報、実績、プライバシーポリシー)をしっかりと!/「初めてのお客様へ」コンテンツ/お客様の声
2)リピーター…手っ取り早く目的のページにたどり着きたい。
ログイン認証などがあると良い。

(2)ユーザビリティの必要性
労力を強いられるサイトは見送られる…ネットの世界は比較されやすい!
努力しなくてもユーザーが目的を達することが出来るサイトを構築する。
5人くらいにサイトを使ってもらい、意見を聞くのがよい。

(3)ユーザビリティ具体策
目を引きつけるもの
1)動くもの 2)あざやかなもの 3)コントラストが強いもの 4)大きいもの

訴求力
人間の目>身の回りのもの>木や植物>風景 …人の顔があると滞在してもらいやすい。

ユーザーの視線
次々とピンポイントで見られる。情報をまとめることが重要。

応答時間
ページ表示は8秒以内、3秒以内に何のサイトか認知されるように。
ページを軽くする…トップページにプログラムは入れない、画像の工夫
早く表示されたと感じさせる方法…ページ上の方を軽くする

サイト構造
階層構造>ウェブ構造>リニア構造
学習効果で記憶される「階層構造」がベスト。例外を作らない。

黄金率「1 : 1.618」の活用

バランスの良い配色
ベースカラー(基調色)70%
サブカラー(副調色)25%
アクセントカラー(強調色)5%

効果的なぱんくずリストを作る
home>●●●>△△△
ユーザーが迷わない、SEO対策に有効


6.集客数を増やすには

インターネット利用者の82%が検索エンジンで目的サイトを探している!(Yahoo!JAPANアンケート結果)
… 検索エンジンマーケティング

(1)日本検索エンジンの現状
検索ポータル系接触状況(ビデオリサーチ調査 2005)
Yahoo!JAPAN」が1位。
Google」は15位だが、Google系のポータルが上位その他を占めている。
… Yahoo!、Google対策が必要。

(2)検索エンジン対策 SEM(検索エンジンマーケティング)
SEMとは、Search Engine Marketingの略。検索エンジンを使ってホームページへ見込み客を誘導する対策のこと。
具体的な手法…SEO、リスティング広告(PPC広告)、ディレクトリ登録、JWord

(3)SEO(検索エンジン最適化)
SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化のこと。
検索エンジンによる検索結果で、自社のWebサイトを出来るだけ上位表示させるために、様々なアプローチでWebサイトを最適化する手法。

SEOが注目される理由
(1)高い集客能力/ (2)ターゲットユーザーだけ効率的に集客可能/ (3)コンバージョン率(契約、購買に結びつく割合)が高い

SEOチェックポイント
1)ページ認識
サイト内のページがどれくらい認識されているか
「site:ドメイン」検索…全ページ数の80%以上だとGOOD。半分以下だったらかなり力を入れないとダメ!

2)ページランク順位
グーグルツールバー(http://toolbar.google.com/intl/ja)… 10ランク中10が最良。
1~2:かなり努力が必要
3~4:これからやれば大丈夫。
5~6:適切なキーワードで上位表示されるように改善する
7~8:GOOD!キーワードを定めて更にポイント集客を。

3)ページリンク(どれくらいリンクされているか)
・外部からの質の良いサイト(ページランクが高い)からのリンク数が多い方がよい。
・関連性のあるサイトでなければ意味がない。

(4)リスティング広告
リスティング広告とは、検索サイトで検索したときにキーワードに連動して広告を表示させるサービス。
PPC(Pay Per Crick)広告、キーワード広告とも。
多くの場合クリック課金制となっており、広告がクリックされて初めて料金が発生。
Overture」「Google Adwords」などがある。

「Overture」…Yahoo!等で日本の全インターネットユーザーの89%にリーチできる
「Google Adwords」…Googleエンジンを利用している幅広いポータルサイトで表示できる
→それぞれに特色がある。両方やってみて、選択する方法も。

SEO(サイト内テキストのキーワード10個以下)と、リスティング広告(SEOキーワード以外の全部のキーワード)併用で、全てのキーワードを網羅する。

(5)ディレクトリ登録
立ち上げ初期のアクセスアップに有効/継続したアクセス効果/ロボット型検索エンジンからのアクセス増加/カテゴリtopを複数登録してアクセス増加。ビジネスエクスプレスクロスリスティングなどがある。

JWord…主要検索サイトで1位表示が可能。


7.継続的に向上し続けるには

サイト内成約率を上げる(訪問者の行動分析、顧客ニーズと成約率にこだわったサイトを構築)
×集客数を増やす(効果の高い媒体と広告を選別) =成果が最大化

(1)PLAN DO SEE の実践
SEO対策、リスティング広告の効果は、全て数字で分析、数字で判断・評価。すぐにコンテンツの追加、修正ができる。

(2)アクセスログ解析
アクセスログとは、ホームページにおける閲覧情報を記録したもの。
サイト運営の目的を達成するように軌道修正点を探し出すためのものであり、アクセス数やpvの確認のためのものではない。

(3)アクセスログ解析で問題点を把握する
お店に訪れた人数は?…「訪問者数」
お店の中でどの商品が一番興味を持たれているか?…「ページ別PV」
お店の中でどのような動きをしているか?…「行動履歴」
何を見てお店にやってきたのか?…「検索ワード分析、リンク元調査」
周辺住民に配布したチラシからどれくらい集客できたのか?…「広告効果分析」

(4)いろいろなアクセス解析方法
大きく分けて3つの方法があり、一長一短あり
スクリプト埋め込み型(◎ネットショップ向き)/解析ツールインストール型/パケット取得型


8.インターネットビジネスで成功するには

(1)ホームページに関する考え方
ホームページは貴社最大の営業ツール
インターネットビジネスで成功を目指すなら、片手間に運営するのではなく、最大限に注力すべき。

成功するホームページ製作選択肢
1)自社製作
特徴:専門知識が必要/デザインセンスが問われる/時間がかかる
→サイト専任者が必要(人件費:半永久的)
2)外注製作
特徴:専門知識が不要/プロの仕上がりで質が良い/多くの業者から選ばねば成らない
→良い業者選びが必要(制作費→1回)

(2)外注製作した場合の流れ(例:GMOインターネット株式会社の場合)
<企画>
1.無料相談(いつまでにいくら売上をあげたいか 等)
2.企画とデザイン提案(概算見積)
3.マーケティング提案(広告プラン)

==申し込み==

<制作>
4.制作初回打ち合わせ
5.デザイン制作
6.デザイン修正と校正
7.ホームページ完成(納品)

※お客様のご要望により、コンサルティングサポート(月1回程度のレポート:有料)も行っています。
サイト問題点、改善案を提案させていただきます。

※お問い合わせはGMOホームページ大学事務局(03-3461-0050)まで

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

h18netsemi1-2.jpgグラフや具体的な事例を用い、ネットビジネス成功に必要な知識全般をお話いただきました。
講師の榛葉様、非常に密度の高いセミナーを、ありがとうございました。


お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する