「寿司屋の符丁・解説(関西編)」【週刊ウンチク】

幸寿しのかに寿司 通販しています。

お店ばたけ 週刊ウンチク

第310回(2007.3.15)

「寿司屋の符丁・解説(関西編)」

提供:幸寿し 橋本公生さん

◆能登半島穴水町のお寿司屋さん、幸寿し大将 橋本さんが、関西の寿司店で働いていたときの符丁をご紹介します。


◆寿司屋の符丁・解説(関西編)

関西の寿司屋の符丁なんですけど、思い出せない部分が少しあります。ナサケナイ。

1サ ソク

2リ リャンコ

3ト ゲタ

4ワ ダリ

5オ オンテ

6モ ロンジ

7シ ホシ

8ロ バンド

9イ キワ

この組み合わせを使っていました。

サリのオンテ 12500円 1250円

ホシのソク 7100円

もしかしたら間違っている部分があるかも知れません。




◆寿司屋の符丁(関西編) 補足

・橋本さんいわく、他にもバリエーションがあるのだが、全て思い出すことが出来ないとのことです。

・また、最近では、関西の符丁も関東に近くなってきているのではないか とのことです。




◆リンク集

■能登路旅、日本海の幸・旨い寿司を食べるなら...穴水駅前 幸寿し

■ブログで日本海の海の幸・能登半島の山の幸を紹介しています。

  ...『このわた・くちこ 能登半島の店!幸寿し BLOG

■幸寿し大将の娘さん、有子さんのブログ...『能登半島・食旬々

週刊ウンチク第236回(2005.10.6)「寿司屋の符丁・解説(関東編)」幸寿し 橋本公生さん

週刊ウンチク第237回(2005.10.13)「寿司屋の符丁・解説(寿司用語編)」幸寿し 橋本公生さん