「暗い場所で、動く被写体をうまく撮るには?」デジカメ撮影テクニック

石川県のネットショップが集まり、共に学び合うモール「お店ばたけでは、出店者同士の情報交換のためのメーリングリストを運営しています。
その中で交わされた、ネットショップ関連の質問回答をご紹介いたします。


***************************************
「暗い場所で、動く被写体をうまく撮るには?」
デジカメ撮影テクニック

***************************************

酒蔵の撮影写真。ぶれてしまう。こんにちは、皆様。奥能登の地酒「大江山」松波酒造金七聖子です。

ちょっと質問です。

酒蔵での作業風景を撮っているのですが、動いている為、どうしても、写真がボケます。
動く人物or子供を撮るモードで撮っていますが、それでもうまくいかず。

普通のデジカメ(オリンパス μ)を使ってます。

暗い場所で、動く被写体をうまく撮る方法がございましたら、お時間のある時に教えてください<(_ _)>

フォトアトリエ・アディ(写真館/能美市)堀由佐さん(ニュートンママ)のご回答


お話だけではわからない部分もありますが
ブレには2種類考えられます。

1)カメラがぶれる
2)被写体がブレる


1)の場合は3脚を用意しましょう。
暗い場所では、手持ちカメラではブレてしまいます。

2)とても難しいです。
  
レンズにできるだけたくさんの光をいれてあげれると(絞りをあける)、シャッタースピードが早くなり解決しますが、それ以外は以下の方法はいかがでしょうか?

 ●光源感度を上げる方法
   光源が ISO1600くらいに設定できるとかなりちがいますが。
   (ただ少し粗い画像になりますが)
 
 ●蛍光灯などの室内照明はついてますか?
   (撮りたいものの背景に明るい照明をおいて、逆光で撮影も1案かとおもいま
    すが)

 ●動きのある写真を良しとする
   人物や被写体が動く写真は、時間を感じさせて躍動感があります。


運動会などで撮影の場合、人物が一瞬とまる場面にシャッターをきります。
被写体がとまる瞬間場面を予測してみる、あるいは意識してちょっととまってもらうということが必要です。

前にもいいましたが、被写体の動いている写真はおもしろいですが、
手ぶれ写真は商品になりにくいです。


上記に該当するものがあればいいのですが、
確かに光あっての写真です。
暗いところでは撮影しにくいですねえ・・・
お試しくださいませ(^_^;

オモチャのとらや(玩具販売/七尾市) 伊藤よしのりさんのご回答

ニュートンママさんの説明のとおりです。
光量が足りない室内での撮影は難しいです。

デジカメの撮影スタイルが、ディスプレイを見ながら片手伸ばしのため、
手振れがおきやすいです。
カメラは両手で持って、両肘を体につけて撮影するようにしましょう。

後、こんな方法もあります。
ネックストラップ法
カメラのストラップを首から提げるタイプのものに換え
撮影する際は、両手、ストラップの3点で支えるようにします。

これで少しは手振れが防げるかも


松波酒造(日本酒醸造元/能登町) 若女将 金七聖子さん

逆行で撮った酒蔵の写真 最近撮っていて、逆光でもちゃんと写る事がわかりました。
色も直さなくても柔らかい写真が撮れますね。


>被写体がとまる瞬間場面を予測してみる、あるいは
>意識してちょっととまってもらうということが必要です。


 なかなか止まってくれなくて(^_^;) シャッター押したらすぐ映るといいのですが、少し時間がかかりますよね、それがはやくなるといいのですが。


 とらやさんの回答より、

>ニュートンママさんの説明のとおりです。
>光量が足りない室内での撮影は難しいです。

 極力、明るい所でフラッシュ無しで撮っています。


>ネックストラップ法
>カメラのストラップを首から提げるタイプのものに換え
>撮影する際は、両手、ストラップの3点で支えるようにします。
>これで少しは手振れが防げるかも

 ネックストラップは使ってますが、ただ首からかっこつけてさげる物かと思ってました。 ちょっと支えてやってみます。


3年ほど前よりは撮る技術は上達したと自負していますが、ピント合わせと人物写真は難しいですな~

お忙しいところ有難うございました<(_ _)>

------------------

以上「暗い場所で、動く被写体をうまく撮るには?」デジカメ撮影テクニックでした。


お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する