第62回「やすらぎの畳グッズ ももさか(葛巻内装)」畳(たたみ)"の良さを、畳のある生活を知ってもらいたい【今月のお店】

【今月のお店】第62回「やすらぎの畳グッズ ももさか(葛巻内装)」
畳(たたみ)"の良さを、畳のある生活を知ってもらいたい
やすらぎの畳グッズ ももさか(葛巻内装) 武澤久美恵さん、新出初美さん

やすらぎの畳グッズ ももさか(葛巻内装) 武澤久美恵さん(左)、新出初美さん(右)

創業して57年!実績も技術も確かな葛巻内装は、金沢市で畳の製造販売、内装工事などをされています。また、ネットショップやすらぎの畳グッズ ももさかでは、天然い草を使用した畳グッズを販売されています。
やすらぎの畳グッズには「いいマット」や「にわか床」、「飾り台」などがあり、新出初美さん(上写真右)が担当されています。女性職人の感性と技術、角の紋合わせをするなどの細やかな作業は女性ならではです。

畳にはとても優れた特長があります。それは温度湿度の調整作用や、吸音効果、アロマテラピー効果です。

葛巻内装の創業者であり、若い畳職人の育成に力を注いできた「葛巻久一郎氏」(代表取締役 武澤久美恵さんのお父様)は昨年(平成18年)11月、厚生労働省より「現代の名工の表彰を受けました。


今回は、代表取締役 武澤久美恵さん(上写真左)にお話を伺いました。


のんびりしたいときにこの1枚。「いいマット」フローリングの床の上でくつろぎたいときにこの「いいマット」をお使い下さい。縁(ふち)の柄や大きさも選べます。

フローリングの上に置いて、ちょっと和風な感じに「にわか床」急に台が必要になったときにこの「にわか床」フローリングの上に置いて、ちょっと和風な感じに。軽量なので持ち運びも便利です。

「飾り台」に飾れば、置物が引き立ちとても豪華な感じがしますね。置物などを飾るときにこの「飾り台」。きらびやかな縁の飾り台に飾れば、置物が引き立ち、とても豪華な感じがしますね。

■きっかけ
Q.業をはじめたきっかけは?

畳縁(たたみべり)縫い付け作業です。専門用語では逢着機作業といいます。私の父(初代)は戦前に金沢の畳屋へ丁稚奉公(でっちぼうこう)し、戦後は宝達に帰り、運送業のような仕事をしていましたが、父は親から手に職をつけるよう言われていたこともあり、再び戦前にお世話になった畳屋へ行って修行をし、親方の仕事を見て覚えながら、技術を身につけて金沢で独立をしました。
その後、職人さんを雇い、その仕事を見て更に技術を磨いたそうです。
それから、畳一筋でやってきましたが、昭和30年初期になり、だんだんと世の中が洋風化し、畳の需要も少なくなりました。畳だけでは経営が難しいと思い、金沢の畳屋の中で最初に内装(インテリア)業も始めました。
そして、会社も少しずつ成長し、軌道に乗ってきましたが、父の跡を継ぐ者がいなかったのです。父が苦労して畳から出発して興した会社をなんとか残したいと、私の夫に跡を継いでもらい2代目に。そして夫が社長を退いた後、私が3代目となり、今に至っています。

Q.ネットショップをはじめたきっかけは?

畳床(たたみどこ(畳の台))に表を張る前に框を整えている作業です。専門用語では表はり機といいます。やすらぎの畳グッズ ももさかを開設する前は、平成14年に畳組合のホームページ内で、情報発信をしていましたが、その頃から自社のホームページを開設したいとの思いがあり、自らホームページの講座を受講したこともありました。そして、念願の自社ホームページは、平成16年に開設しました。
現在は家も洋風化してきており、畳の部屋がひと間あればいい方です。
畳の需要も少なくなましたが、近年はフロアの上にと注文が増えてきています。しかし、まだまだ畳の良さを知らない人が多いので、ホームセンターなどで販売していない畳やオリジナル商品を製作して提供し、多くの方に使っていただいて畳の良さをわかってもらいたいと思いました。
そしてネットなら金沢にいながら、全国の人に広く周知できると思ったからです。

(代表取締役 武澤久美恵さん)


■最近の出来事と取り組み
Q.最近の出来事と取り組みについて教えてください。

お店ばたけは、地場産センターでパンフレットを見て知りました。興味を持ち出店したい、詳しい話を聞きたいと思いながら、なぜか迷いもあり、なかなかその1歩が踏み出せませんでした。でも思い切って訪ねて行ったおかげで、今年(平成19年7月)、お店ばたけに出店することが出来て、良かったと思っています。

ネットショップのお客様は男性の方が多いです。最初のお客様も男性で、新築祝いのお祝いとしてプレゼントされたいと、「にわか床」をご購入いただきました。ちなみに、今人気があるのは「飾り台」です。

この間、畳の縁(へり)を製造している岡山の企業を訪ねました。そこでは縁を使用した小銭入れや小物入れなども展開されており、また縁の種類はとても豊富です。頑張っている企業さんを見ると私たちも頑張らなければと励みになります。
また、同じ業種で自分の中でライバルに思っているネットショップのサイトがあり、そのページを見ると負けてられないなという気持ちがおこり、良い刺激になります。

(代表取締役 武澤久美恵さん)


■これからの夢や展望
Q.夢や、これから行っていきたいことは?

和紙でできたカラーの畳おもてみんなに健康で快適に暮らしてもらいたいとの思いがあり、 畳の上でくつろいだり、団らんを楽しんだりして、畳のある生活を畳を身近に感じてもらいたいなと思います。
また、これからも使う方に喜んでもらえる商品を提案していきたいです。

畳を古くさいとか言う方もいますが、畳業界は今の感性に合った商品を次々と発表されています。縁(へり)もそうですが、他にも和紙で出来たカラーの畳おもて(写真左)が出始めました。 い草のような香はありませんが、好みの色を選んで市松模様にするとモダンな印象で、 若い方にはうけるのでは?と思っています。葛巻内装ではすでに、この畳おもてを使用した畳の製作依頼を受け納品しております。 先日は三角形の畳に色々なカラーの畳おもてを張り、 好きな柄に組み合わせできるようにしました。
今までの畳のに対する印象が、がらっと変わると思います。

(代表取締役 武澤久美恵さん)


----- ありがとうございました。


■インタビューを終えて・・・

畳の縁のカタログを見せてもらったところ、ヒョウ柄やキャラクターものなどもあり、デザインの種類の豊富さには驚きました。また、和紙で出来たカラーの畳があり、色の組み合わせも自由自在で、オリジナルなモノができるなと、今まで持っていた畳に対するイメージが変わりました。(お店ばたけ事務局)

畳と内装工事のお店 くずまき内装外観店 名 やすらぎの畳グッズ ももさか
会社名 葛巻内装株式会社
代 表 武澤 久美恵
所在地 〒920-3131
石川県金沢市百坂町ロ66番地(地図はこちら
TEL 076-257-1177
FAX 076-257-1776
E-Mail momosaka@kuzumaki.co.jp
お店URL http://www.momosaka.jp/


お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する