第63回「テント・アウトドア商品の石野テントNETSHOP(石野テント)」石野テントの情報をネットを通して表現し、多くの方に知っていただきたい【今月のお店】

【今月のお店】第63回「テント・アウトドア商品の石野テントNETSHOP(石野テント)」
石野テントの情報をネットを通して表現し、多くの方に知っていただきたい
石野テントNETSHOP(石野テント) 石野秀一朗さん、石野貴義さん

石野テントNETSHOP(石野テント) 石野秀一朗さん(左)、石野貴義さん(右)

石野テント店舗のショーウインドウに飾られているテントのミニチュア歴史と文化のある金沢市の尾張町商店街にお店を構える老舗の石野テントでは、テント製造工事や、テント、合羽(かっぱ)、アウトドア用品やオリジナル商品などの販売をされています。

店舗のショーウインドウの一角には手作りの『一品ミニ美術館』が設置され、先代が使用していた商売道具などが展示されています。石野テントの他、尾張町商店街にお店を構える11店舗が設置しており、その一帯を尾張町一品ミニ美術館通りと言い歩く人の目を引きます。

ネットショップ、石野テントNETSHOPは今年(平成19年)7月にをオープンしたばかりです。
ホームページでは、読み物コンテンツも充実しており、その中でも注目されているのは、1946年(昭和21年)から現在までの毎日の金沢市のお天気データです。

今回は、代表取締役社長 石野秀一朗さんと、息子さんのWebショップ店長 石野貴義さんにお話を伺いました。


「こころ売り」をコンセプトに作成された石野テント(旧石野テント商会)のマーク。「こころ売り」をコンセプトに作成された石野テント(旧石野テント商会)のマークマークの形は大切な「心」の字がベースとなっています。

尾張町一品ミニ美術館石野テントのショーウインドウの一角にある「尾張町一品ミニ美術館」。先代が使用していた商売道具などが展示されています。

LOGOSテントLOGOS製のテント(Qset-TARP 300)なので、簡単に組み立てができ、コンパクトに収納できます。集会やイベント時に最適ですよ!

各種テント設営・テント工事を随時受け付けております。OKテントです。各種テント設営・テント工事を随時受け付けております。

合羽の種類が豊富。用途に合わせてどうぞ。合羽は作業用、水産用、レジャー用、エコ用とそれぞれ用途に合わせて選ぶことができます。

石野テントのオリジナル商品カバンです。石野テントオリジナル商品!
Webショップ店長 石野貴義さんの弟である勝嗣さんの手作りで、通気性と防水性を併せ持った、手触りのよいカバンです。


石野テントオリジナルの帆布前掛です。石野テントオリジナルの帆布前掛です。耐久性に優れ、汚れにも大変強く、もちろん洗濯可能です。

LOGOS製防災グッズ。コンパクトで持ち運びも便利。LOGOS製のLLL 帰宅支援セット。いつ起こるかわからない災害などに備えライフライン商品を取り揃えています。

お鍋や食器のセットが揃っています。キャンプなどでの楽しみのひとつ。かかせないのがクッキング
お鍋や食器のセットが揃っています。

■業とホームページをはじめたきっかけ
Q.業とホームページをはじめたきっかけは?


家業は江戸時代に道中合羽を営んでいたのが始まりで、その後尾張町に出てテントも取り扱うようになり、今に至っています。そして私で7代目となります。(石野テントの歴史

まだネットが普及していない頃、ホームページを作成するにあたり、金沢市より補助金が出るので活用してみないかという話がありました。それがきっかけで、新しいことをITを通じて表現してみるのも面白いと思い、1997年にいち早くホームページを開設しました。常に新しい情報を掲載したいと、祖父の代からずっと毎日付け続けていた お天気データを掲載。現在は私が引き継いでいます。

ネットもそうですが、常に新しいことを取り入れることは大切だと思います。だからと言って古いものを無くすのではなく、古いものを残しつつ、新しいものを取り入れ、老舗に甘んじることなくこれからも歩んでいきたいと思います。

石野テントでは複数の独自ドメイン 取得や尾張町の地域をカバーする屋外無線LANの開設、20台ものパソコン(Windows/Macintosh/Linux)があり、とても環境設備が整った中で仕事が出来ていると思います。

(代表取締役社長 石野秀一朗さん)


Q.ネットショップをはじめたきっかけは?

会社案内のホームページはまだネットが普及していない10年前から、社長が作成していましたが、次は自分がネットショップを始めることになりました。そもそも、繊維関係の商社に勤めていましたが退職し、今年の5月に実家に戻り家業に就きました。そして、このままではいけない、お店でただお客様を待っているだけではダメだと。石野テントを広く周知するためには、何か新しいことを始めようと考えたのが、ネットショップです。そして7月にネットショップを開設し、8月に完成しました。
アウトドア商品はLOGOS製のものを扱っています。簡単に組み立てができ、コンパクトに収納できるという利点があります。
また、アウトドア商品に加え、近年地震等の災害が増加していることもあり、「もしも」のために備える防災グッズも取り扱うようにしました。
ネットで販売している商品は自分たちが厳選した一部のもので、実店舗にはその他、数え切れないくらいの商品数があります。とくに種類が多いのは合羽(かっぱ)で、作業用、水産用、登山用などそれぞれの用途にあわせてあります。

(Webショップ店長 石野貴義さん)


■最近の出来事と取り組み
Q.最近の出来事と取り組みについて教えてください。

ネットに掲載している商品ページを印刷して、これと同じものをください。と来店される方もいますし、また、テントのパイプが折れてしまい、どうにかなりませんか?と来店された方もいました。(その方には実店舗に置いてあったパイプをサイズに合わせて切り、お渡ししました。)市内の方はネットを見て実店舗を訪ねてきてくれる方が多いです。以前よりも来店されるお客様は増えてきていると思いますし、お客様は男性の方が多く年齢層は幅広いです。
7月にネットショップをオープンしたばかりですが、ちゃんとホームページが見られているのだと、効果を感じています。

(代表取締役社長 石野秀一朗さん、Webショップ店長 石野貴義さん)


■これからの夢や展望
Q.夢や、これから行っていきたいことは?

江戸時代から7代にわたり商いを続けてこられたおかげもあり、石川県内においては 石野テントの知名度は高い方であると 感じています。しかしながら全国では?と聞かれると話は別になってきます。
このネットショップを通じて石野テントの伝統・良さを 全国の皆さんに知ってもらい、それが売り上げUPに結びついていけば良いな、と思っ ています。

まだ分からないことが多く、手探りの段階ですが、お店ばたけのセミナーに参加したり、本を読むなどの勉強をして知識を身につけ、目標を実現したいと思います。そしてネットショップの店長として責任を持ちこれからも親子で協力し、頑張っていきたいと思います。

(Webショップ店長 石野貴義さん)


----- ありがとうございました。


■インタビューを終えて・・・

これからも親子仲よく、実店舗もネットショップもそして昭和21年から付け続けているお天気データも長く続けていってほしいと思います。取材の際は写真撮影のご協力をいろいろとありがとうございました。(お店ばたけ事務局)

金沢市尾張町にある石野テント店 名 石野テントNETSHOP
会社名 株式会社石野テント
代 表 石野 秀一朗
所在地 〒920-0902
石川県金沢市尾張町2-8-20(地図はこちら
TEL 076-221-3221
FAX 076-221-3223
E-Mail akinai@ishinotent.co.jp
営業時間 8:00~17:00(月~金曜日)
8:00~12:00(土曜日)
お店URL http://www.ishinotent.com/index.html


お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する