「秋はつら~い抜け毛の季節...にしたくない!」【週刊ウンチク】


お店ばたけ 週刊ウンチク
第338回(2007.10.4)
「秋はつら~い抜け毛の季節 ...にしたくない!」
提供:アート薬局 中村智子さん

 
◆秋に抜け毛がひどくなる理由は?抜け毛予防にはどうしたら?アート薬局 管理薬剤師の中村さんがお話しします。

◆秋は髪にも頭皮にもダメージが・・・。

アート薬局 管理薬剤師 中村智子さんアート薬局 管理薬剤師の中村智子です。

秋は、1年で最も抜け毛が多い季節・・・(>_<)
特に、秋になって急に抜け毛がひどくなる場合、原因として考えられるのは、次の3点です。

 
《1》 夏の紫外線と汗

春から夏にかけて、お肌のほうは一生懸命紫外線ケアに 気をつけていても、
意外と髪や頭皮に気を使っている方はほとんど見かけません。
でも、紫外線の威力が強い夏は、お肌のダメージのみならず、
髪や頭皮にもダメージが降り注いでいました。 

髪や頭皮が紫外線にさらされると、キューティクルが傷ついたり、
頭皮が日焼けしたり、さまざまなダメージが表面化します。
また、夏場は頭皮もたくさん汗をかきます。
帽子などで蒸れる状態のことも。。。
夏場は頭皮のトラブルも増えますよね。(*_*)


《2》 負担になるヘアケアや頭皮ケア
シャンプーに使われる洗浄料は意外と強いものが多いです。
なぜなら、身体の中で一番脂っぽいのは頭皮だから・・・という理由で。

でも、頭皮にあわせると、その洗浄力は今度髪には強すぎる。
そうすると、髪がバサバサになると困るので、
油分やグリセリン、シリコンなどを入れて、サラサラになるようにする。
でも、それは今度、頭皮には負担になることも珍しくありません。。
そうそう、男性に多いのですが、シャンプーを最初に振りかけるところから、
ハゲてきた場合、シャンプーの成分に要注意ですよ!!(>_<)

また、さらに髪や頭皮に負担が大きいのが、"パーマやヘアダイ!"
いずれも基本的に髪を一時的にいためた状態にして、
無理に曲げたり、逆にまっすぐにしたり、色を入れ込んだりするので、
髪は傷むのが当然です。

また、その薬液も強いので、頭皮の弱い方はすぐにかぶれます。
いずれにしても、頭皮にも髪にもダメージは小さくありません。


《3》 ホルモンと髪の関係

身体のいろんな器官と同じように、体調や栄養バランスに影響されます。
だから、バランスの悪い食事を続けていたり、
無理なダイエットをしていると、お肌や身体だけでなく、
髪も弱くなったり、脱毛しやすくなったりします。
また、ホルモンにも大きく影響されます。

男性ホルモンの働きが活発になると、
ひげや体毛が濃くなり、同時に髪の毛が薄くなりやすくなります。
これは男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという変換酵素の働きで、
デヒドロテストステロンというホルモンに変換され、
特に前頭部と頭頂部の毛に対しては発育を妨げるように働きます。(>_<)

女性の場合、妊娠するとおなかの赤ちゃんを守る為、女性ホルモンの分泌量が増え、
ふだんよりも髪が抜けにくくなり、髪が伸びるスピードも速まります。
でも、出産後、女性ホルモンの分泌量は減少するので、出産後には急激に脱毛が起こります。
(脱毛するのは特定の部分ではなく、全体に髪が薄くなります。)

また、女性は更年期になると女性ホルモンの分泌が急激に低下します。
そのため結果的に活動をおさえられていた男性ホルモンの影響で脱毛しやすくなります。
(ただし、女性はかなり毛が薄くはなっても、男性のように完全に毛がなくなって
つるつるにはげてしまうことはめったにありません。)


◆"秋はつら~い抜け毛の季節"・・・にしたくない!!!

髪は基本的に死んでしまった細胞です。
ですから、一度傷んでしまった髪の毛は、修復作用はありません。
だから、その髪を生み出す頭皮を健康にして
まず、丈夫な髪にして生えるようにしてあげることと、
それから、生えたあとの髪の毛を傷めないこと!

シャンプーは、頭皮に一番負担のないものを選びましょう。
基本的に身体を洗えないシャンプーは強すぎる心配があります。
なぜなら、頭皮も身体と同じ皮膚の一種ですよね。
首のところで考えると、皮膚はつながっています。
だから、身体を洗っても大丈夫なシャンプーがおすすめです。

それから、リンスやトリートメント。
それらが必要になるのは、その前に使うシャンプーが強すぎるから!
リンスやトリートメントを使わないと髪がバサバサになって
耐えられない・・・というのは、そのシャンプーの負担が大きいのでは???
頭皮に負担をかけないためにも、リンスやトリートメントの要らない
シャンプーがおすすめ
です。
そして、よくすすいでくださいね。(^_-)-☆

また、髪に必ず負担になるパーマやヘアダイを極力避けることも大切ですね!
(特に、妊婦さんにはおなかの赤ちゃんのためにも、やめておいたほうがいいと思います。)


毛髪も体の各部位と同じように、血液から栄養分を吸収し、
細胞分裂をくり返して成長しています。
だから、毛髪の健康を守るには、体全体の代謝もとても大切。

昔から、わかめや昆布はミネラルが多くて髪を丈夫にしてくれるといわれています。
また、昔の漢方の本の中に、"スピルリナ"は黒髪の健康に保つのによい
と実際に書かれています。なるほど、藻の1種ですものね。
(アート薬局では、リナグリーン21ですね!(^_-)-☆
リナグリーン21の正体はスピルリナです。))

ついでに、私が毎日使っているシャンプーはこちらです。

髪も体も(ついでに洗顔の下洗いも!?)全部洗えちゃいます!
もちろん、リンスもトリートメントも要らないので、後はすすぐだけ!
全身洗えるのは、頭皮にも優しい証拠ですね。(*^_^*)

また、この年齢になるとイヤだけど、髪に白いものが混じるようになってきてます。
でも、普通の化学物質のヘアダイはしたくないので、 白髪染め植物の粉でできた"ヘナ"です。(^・^)

染めている最中は、ちょっと独特のにおいはしますが、
もともとトリートメント効果があるので、髪はツルツルになります。
生え際や手についても何の心配もないので、とっても安心。
自宅で自分ですれば、とっても安上がりです。(*^_^*)


それから、頭皮や髪の状態が良くない方に絶対おすすめしたいのは、
頭皮のパック!!です。
お顔もコンディションが悪いときにはパックしますよね!?
それと同じで、頭皮もパックできる優れものはこちらです!!

お風呂のなかで洗髪後にすれば、とっても楽ちん!
やさしい脱脂効果もあるので、
脱毛の心配な方にはぜひ!おすすめしたいアイテムです。(^_-)-☆
頭皮が健康になってくれば、そこから生えてくる髪も必ず!
健康になってきますよ!!!

(と、後半はCMになってしまいました(^_^;))


 ◆┓お肌と健康のご相談は下記へどうぞ!
  ┗╋...━...━...━...━...━...━...━...━
    電話   076-233-2406 アート薬局
    メール  art-ph@art-kanazawa.com


◆リンク集

ニキビ、敏感肌、乾燥肌、アトピーなどお肌のトラブルでお悩みの方、アート薬局にご相談下さい
CAC化粧品、リスブラン化粧品、リナグリーン21、ルミンA取扱店
・・・「アート薬局
アトピー肌、乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌など、お肌のトラブルでお悩みの方必見!!
・・・「アートハートニュース ブログ版
・・・「アートハートニュース メルマガ版」(バックナンバー)


お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する