2007年12月アーカイブ

2007年もあと僅かとなりました。
2008年がすばらしい年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」では、引き続き石川県内のネットショップ経営者を応援し、情報を発信して参りたいと思いますので、変わらずご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。


年末年始のお知らせ
平成19年12月29日(土)~平成20年1月3日(木)は、
(財)石川県産業創出支援機構(ISICO)は勝手ながら、年末年始のため休業いたします。
お店ばたけ事務局への、お問合わせへのご返答などは4日以降となりますので、ご了承願います。

***************************************************

 お店ばたけ「週刊ウンチク」より・・・
 【お店ばたけ発! 年末年始 お役立ち情報】

***************************************************

正月飾りは本日、あるいは30日にどうぞ!
第348回(2007.12.13)
「正月飾りついて~北陸の冠婚葬祭(1)後編」
提供:アート工房 越田 雅宏さん

重曹と石鹸が、ロハスな最強コンビです!
第296回(2006.12.07)
「ロハス(LOHAS)な台所と大掃除の方法・2」
アート薬局 中村智子さん

何故、年越し蕎麦を食べるのでしょう?
第34回(2001.10.18)
「おそばのウンチク(1)」
提供:おいしい店ドットコム 松本信之さん

2008年は戊子(つちのえね)
第347回(2007.12.6)
「干支について~北陸の冠婚葬祭(1)前編」
提供:アート工房 越田 雅宏さん

金沢周辺では、こんな鏡餅を飾る地域があります!
第247回(2005.12.22)
「紅白の鏡餅?!」
提供:林農産 林浩陽さん

「餅は太る」のでしょうか?
第249回(2006.1.5)
「お餅のウンチクあれこれ」
提供:のとコム 熊谷京子さん

奥能登の元気と食文化をネットで全国へ~(株)能登前・幸寿し

◆ネット進出レポート ~ネット販売による販路開拓
『奥能登の元気と食文化をネットで全国へ~(株)能登前・幸寿し』

(財)石川県産業創出支援機構(ISICO)では、ネット販売を行っている、石川県内の意欲ある店舗を支援するため、バーチャルモール「お店ばたけ」を開設しています。
ネットに進出し、様々な方法で販路開拓を行っている店舗を紹介します。

奥能登の元気と食文化をネットで全国へ~幸寿し web shop
http://www.kouzushi.com/


■プロ料理人からも受注、楽天市場にも出店

幸寿し 代表 橋本公生さん のと鉄道穴水駅前で30年近く営業している幸寿しでは、ネットショップで穴水湾をはじめ奥能登各地でとれる海の幸や押し寿司などを販売し、利用者から好評を博している。

 店主の橋本公生さんがネットショップに取り組みはじめたのは4年前のこと。
ISICOが主催するネット販売支援セミナー「バーチャルショップ道場」を受講して知識と技術を身に付け、平成16年3月にオープンにこぎ着けた。「受講する以前は、パソコンに触ったこともなかった」という橋本さんは、講座と並行して個人的に家庭教師を雇い、パソコンの基礎や用語を学んだという。


 ホームページを開けば、くちこやこのわた、いしり、へしこ、蒸しアワビ、香箱ガニなど、奥能登の味覚がずらり。元は、能登町で漁師をしていたという店主が選ぶ確かな品質が支持され、評判も上々だ。注文は全国から寄せられ、個人客だけでなく、東京の高級すし店やイタリア料理店など、プロの料理人からも受注があり、支持されている。

 自前のサイトに加えて、今年7月からは国内最大のインターネットショッピングモール・楽天市場に「じんきち」の屋号で出店した。こちらの運営は長女の有子さんが担当し、プレゼントやオークションといった大手モールならではの機能を利用しながら、新規顧客の開拓に力を入れている。

■震災で店舗は半壊、復興ブログを立ち上げ

 ところで、今年3月に起きた能登半島地震は、穴水町でも震度6強を記録し、甚大な被害をもたらした。幸寿しが入居していた3階建てビルは半壊、1階にあった店舗も調理器具や食器が散乱するなどして、休業を余儀なくされた。
 ネットショップの方も、地震を境に注文がぱったりと来なくなったが、安否を気遣うEメールや励ましのコメントがたくさん寄せられ、橋本さんを勇気づけてくれたという。

 ようやく営業を再開できたのは7月9日のことだった。元の店の三軒隣に土地を借り、鉄骨平屋建てカウンターのみ13席の店舗を新築した。ネットショップにも徐々に客足が戻り、10月になって震災前と同等の売り上げにまで回復した。

真新しい幸寿し店内。是非ご来店ください。

 ネットショップの制作や運営で培ったノウハウは復興への一助にもなっている。
地域の寄り合いで、穴水町の復興状況や復興イベントなどを町のホームページを使って発信しようというアイデアが出た際、橋本さんは「こまめに情報発信するなら、ホームページよりもブログの方が適している」と進言。自ら事務局を引き受け、能登半島地震復興支援ブログ「がんばらんかいね能登穴水」(URL:http://www.anamizu-fukkou.com/)を立ち上げた。

 12月からは、能登産の食材や食器にこだわった丼を提供する能登丼キャンペーンに参画し、くちこやこのわたを使ったオリジナル丼の販売を開始した。
 これからも、実店舗とネットショップで、奥能登の元気と食の魅力を発信していく。

(株)能登前 幸寿し
■所在地 鳳珠郡穴水町大町チ37-4
     TEL 0768-52-2114
■代表者 橋本 公生
■設立 平成19年8月(法人化)
■資本金 500万円
■従業員数 4名
■事業内容 寿司店、奥能登の海産物、加工品の販売 

<関連リンク>
幸寿しweb shop
http://www.kouzushi.com/

このわた くちこ・能登半島の幸寿しBLOG
http://kouzushi.org/

能登半島・食旬々
http://kouzushi.her.jp/syun_blog/

((財)石川県産業創出支援機構の情報誌『ISICO』37号[2007.12]掲載記事より)

「夢を育てる『能登ワイン』」【週刊ウンチク】

能登半島、穴水町のワイナリー、能登ワインを応援しますお店ばたけ 週刊ウンチク
第350回(2007.12.27)
「夢を育てる『能登ワイン』」
提供:マダム櫻子の夢ワイン
乙谷啓子さん


◆七尾市の西田酒店、マダム櫻子とスタッフの皆さんが、穴水町のワイナリー、「能登ワイン」を訪ねました。

こんにちは。マダム櫻子の夢ワインこと、石川県七尾市の西田酒店、Web担当の乙谷啓子です。

11月23日、マダム櫻子の夢ワイン一同(日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー:マダム櫻子&西田酒店スタッフ)で、 穴水町「能登ワイン」さんを訪ねました。そのレポートをご紹介します。


◆マダム櫻子、ワイナリー「能登ワイン」へゆく!

意外にも、マダム櫻子(以下マダム)が、「能登ワイン」さんを訪ねるのは、これが初めて。
しかしながら、あちこちの畑を見ているので、能登ワインさんとは会話が弾む弾む。
店内でも、外でも、話し出したら止まらない。
傍で 聞いていて、とても勉強になった。

今年の天気の話にもなり、サンジョベーゼ(赤ワイン用ぶどう品種)が、遅霜にあい、昨年の半分の収量しかない事などを話していた。
自然は計算通りにはいかない。
地震といい、霜害といい、自然相手のお仕事は大変である。


能登ワインの建物の前で左写真、二人が見ているのは生食用のぶどうの樹のハウス。
大人には試飲用のワイン。子供にはもぎ立てのぶどうの実。
何と気のきいたサービス!
マダムは、能登ワインの建物の周りに、もっともっとぶどうの樹を植えて、らしい雰囲気を出しましょうよ と、話していた。

それから車で、3キロほど離れた畑へ。
ここで迷いに迷ったのだが、なんとか、北海道を思わせるかのような広大な敷地にお目当てのぶどう畑を 見つけることができた。


さて、ここからはマダムのお話。


◆ワインを決めるぶどうの冬

晩秋のぶどう畑「ぶどうの樹が落葉して、更に寒くなると、ぶどうの樹は休眠状態に入る。

そして、12月から2月頃までの冬の間に、
来年のぶどうの樹の枝をどのように成長させるかを見越して、余分な枝を剪定する。
これがとても大事な作業になり、来年のぶどうの樹の設計図ともいえる。

そして3月になり、暖かな日が続き、
日中の気温が10度ぐらいの日が一週間から10日ほど続くと、
ぶどうの樹がスイッチオンとなり、仮死状態から命を芽吹かせる。

具体的に言うと、土中から水を吸い上げ、
樹の隅々まで水を行き渡らせ植物の成長の営みを始めるのだ。

この時季剪定された枝の先からぽとり、ぽとりと吸い上げられた水が落ちて、
新しい一年のぶどうのライフサイクルの始まりを見せてくれる。

ちなみにこのポトリポトリの水はとても養分があり、
女性にとっては最高の化粧水になるそうな。
話だけで私は使ったことはない。残念!」

マダムはいつも「良いワインは良いぶどうから」というが、見学に行って、本当にぶどうありき!だと感じた。
実を収穫して、ワインにして、終わるということではなく、これからの寒い冬の間に、とても重要な仕事を畑でしなければならないということが良くわかった。
マダムは 「折角ワイナリーに行くのなら、お土産買うばかりじゃなくて畑を見なさい」
ともしょっちゅう言うが、確かに畑を見て感じることが多かった。

マダム櫻子より...

ワインアドバイザー、マダム櫻子写真「ぶどうを育て、良いワインを造るには、ぶどうの樹の成長を待たなければならなく、能登ワインさんはまだ7年ほど。
これからもずっと、あたたかく見守り応援してあげたい。

能登にワインを根付かせるためにも、皆様にこのワイン造りのロマンに共感していただき、子供の成長を見守る親の心のように、応援して下さることを、切にお願いいたします。

「能登ワイン」さんのぶどう畑がよく育ち、さらにさらに良いぶどう、良いワインが造られることを、心から願っております。


<能登ワイン 商品情報>


◆リンク集
・ワインアドバイザー、きき酒師のマダム櫻子がおすすめするワイン、焼酎、日本酒
 「ワインと地酒のセレクトショップ Nishida
西田酒店で販売している能登ワインはこちら

・西田酒店の日々を綴るスタッフブログ・・・ 「おけいの楽しいひとり言

・西田酒店4代目の修業ブログ・・・「酒道楽!西田酒店4代目ワイン修行

郷土料理「治部煮」レシピ 金沢・プロの作り方

治部煮は熱々がおいしい金沢の郷土料理鍋と言えば、治部煮(じぶに)
治部煮は、代表的な加賀料理のひとつ。薄切りにした鴨の肉に小麦粉をまぶし、煮た料理です。
名の由来は、鍋でジブジブと音を立てて煮たからとか、岡部治右衛門という人が考案したからとかいいます。
 また、加賀藩藩祖・前田利家が、豊臣秀吉に追放されたキリシタン大名・高山右近を招いたおり、右近に同行していた宣教師が考案したという説もあるそうです。
参照サイト:石川新情報書府「食の歳時記」


金沢・料亭御用達、近江町の食のプロショップ
おいしい店
の松本さんに、「治部煮」の作り方を伺いました。
おいしい店 さんは、石川県のネットショップが集まるモール「お店ばたけ」に出店されています。


松本さん:
治部煮には、いろいろな作り方が有ります。
どれが正解で、どれが間違いなんてことありません。
いろいろな作り方を覚えて、自分の料理の引出しをいっぱい持ってください。


**********************************************
金沢食のプロ御用達、
おいしい店ドットコム 松本さんにきいた...
【金沢某ホテル・和食調理長の、治部煮の作り方】

**********************************************

材料:こいも・スダレ麩・あわ麩・ほうれん草・銀杏・レンコン・椎茸・鴨ロース肉

治部ダシの割合: カツオ出し10・みりん1・薄口醤油0.5・濃口醤油0.5・砂糖少々

作り方:

1.それぞれの野菜に下味を付けておく


2.鴨肉に片栗粉を薄く打つ
この粉と、鴨肉のコラーゲンが、とろみになるのですね。


3.温めた野菜を治部椀に盛り付ける
温めた野菜を治部椀に盛り付ける

4.上記の治部ダシを作り、ひと煮立ちした中に鴨肉を入れ軽く火を通す。
【プロのコツ その1:鴨肉は、少し赤み(ロゼ色)が残るくらいに】


5.鴨肉を治部椀に盛り付ける。
治部椀とは、治部煮専用の椀。口が広く、通常の椀より浅いつくりになっています。
このことによって、じぶ煮独特のとろみを具と一緒に口に運びやすくし、
汁に具が隠れないように美しく盛り付けられるんですって。
治部椀に盛り付ける


6.治部出しの中に片栗粉を適量入れトロミを付け、治部にかける。

【プロのコツ その2:治部出しは、隠し味に牛乳をほんの少し入れると味に奥行きが出る。】


7.天に生ワサビをのせ、熱々をお客様に提供する。
治部煮は熱々がおいしい

できあがり!さすが和食料理長、美しいですね。
【プロのコツその3: 熱いものは熱いうちに!出来立てが一番美味しい。】
 

治部煮は、もとは家庭の味なのです。
治部煮やかぶら寿司など、加賀料理と呼ばれるメニューの殆どは、もとは庶民的な郷土料理、いわゆるおふくろの味(こちらの言葉で「じわもん」)だといいます。
それが九谷焼や豪華な蒔絵をほどこした漆器などに盛り付けられるといった演出によって、「加賀料理」へと華麗に変貌を遂げたんですね。

**********************************************
★【リンク集】桜ご飯、パンケーキなど!
お店ばたけレシピ集」ご覧ください!

**********************************************

農林水産省が、人気投票の形で行った「農山漁村の郷土料理百選」の選定が行われ、石川県は「かぶら寿し」「治部煮(じぶに)」に決定しました。

●「農山漁村の郷土料理百選」人気投票 あなたの郷土料理を応援してください!

●人気投票はインターネットでも行われました。
(お店ばたけブログでもご紹介しました)


治部煮 写真「治部煮」は、代表的な加賀料理のひとつ。
薄切りにした鴨の肉に小麦粉をまぶし、煮た料理です。
名の由来は、鍋でジブジブと音を立てて煮たからとか、岡部治右衛門という人が考案したからとかいいます。
また、加賀藩藩祖・前田利家が、豊臣秀吉に追放されたキリシタン大名・高山右近を招いたおり、
右近に同行していた宣教師が考案したという説もあるそうです。
(参照サイト:石川新情報書府「食の歳時記」


全国100位ランキングでは、42位に「カブラ寿司」がランクインしています。


カブラ寿司 かぶら寿し写真「カブラ寿司(かぶら寿し)」は、青かぶらに鰤(ブリ)を挟んで麹で漬けた、石川県で親しまれる冬の郷土料理。(ご飯のお寿司ではありません。お漬物です)

石川県のネットショップが集まる育成モール、
お店ばたけ」出店者のお店でもインターネット通販しています。
冬のギフトにも人気です。

 おいしい店ドットコム
 四十萬谷本舗
 直源醤油
 のとコム

●投票結果では、
「リスト外のご推薦郷土料理一覧 (都道府県別)」も面白いですよ。

 沢山の郷土料理名が並び、日本の食文化の豊かさを感じます。


石川県のご推薦郷土料理は以下でした。
みなさま、ご存じの郷土料理はございましたか?

********************************

あめふらし?の佃煮
イカの鉄砲焼き(イカ料理)
いわしのだご汁
えごようかん
おはぎ
かじめの味噌汁
カジメ汁
カツカレー
かぶら寿司
くじら本皮のすし
くじら料理
くちこ
こな(てんばづけ)
ごはんばーがー
ジンバソウの酢の物
ちゃわんどうふ
とり野菜
ニシン大根(漬物)
のっぺ汁
のどぐろ
ハントンライス
ひろうずの煮物
ぶりなます
べか鍋
へしこ
ホワイト餃子
メギスのつみれ汁
寒鰤
丸ゆべし
金沢カレー
鶏の桑焼き
雑煮(ぼた海苔入り)
車麩と卵の煮物(玉葱入り)
鯛のからむし
中島漬け
鳥野菜(違う名称かも知れませんが)
輪島せんべい

********************************


農林水産省「農山漁村の郷土料理百選」、一般配布用の「郷土料理百選」概要パンフレットは2月中に作成する予定だそうです。

「手みやげにシャンパン、ケーキには極甘口ワイン」【週刊ウンチク】

クリスマスパーティ、シメのデザートには甘口ワインを
お店ばたけ 週刊ウンチク
第349回(2007.12.20)
「手みやげにシャンパン、ケーキには極甘口ワイン」
提供:ワインと地酒のセレクトショップNishida 西田櫻子さん


◆クリスマスパーティを盛り上げるお酒の法則を、七尾市の西田酒店、マダム櫻子こと西田櫻子さんが語ります。

◆クリスマスパーティ、手みやげにはシャンパン!定番の理由

おすすめシャンパン「パイパー・エドシック・ブリュット」「特別な日、もしくは少し、改まった気分の時にも、シャンパンは華やかでゴージャス。
ボトル1本テーブルに置いてあるだけでワクワクするような雰囲気を持っているのが、シャンパン。

数家族・グループで開くクリスマスパーティは、ホームパーティのアレンジみたいなものなので、
お持ちよりの料理が並ぶから、たいてい

鳥のから揚げあり、お寿しあり、サンドイッチあり、
ピザあり、おでんあり、サラダあり、お刺身あり、
焼き鳥あり、お好み焼きあり、シチューあり、フライあり、
ハンバーガーあり、中華あり、、、、

そんな時は、どんなお料理にも合うシャンパンが一番なのだ。
何となればシャンパンはお料理を選ばないからね。
なので招待された時、手土産として「シャンパン」1本持っていくのはとても気が利いている。
相手方の好みがわからなくても、シャンパンならば即!飲んでもらえるから。

※上写真は、おすすめシャンパンのひとつ
 "マリリン・モンローが大好きだったシャンパン"としても知られるパイパーエドシック(パイパー・エドシック・ブリュット)。 軽快で爽快なキレの良い酸味と泡立ち。華やかでゴージャスで、いろんなシチュエーションにはえるシャンパンです。


◆甘いケーキには、極甘口ワインをあわせて「クリスマスのマジック」

デザートに合わせるワインは、極甘口が正解。「クリスマスパーティで、チーズ・ケーキやフルーツが出る頃となれば、食事の〆。
最後に持ってくる飲み物は、〆にふさわしく濃厚な味わい、または高濃度のアルコールであるべし。

例えば極甘口のワイン、甘いリキュール、アルコール度数の高いブランデー、苦いコーヒーなど。
スイーツ&ドリンクをおろそかにすると中途半端なパーティになってしまう。

何事も〆が肝心。

甘いワインと、甘いケーキ・フルーツなどあわせて食べるもよし。
スイーツがなければ、甘いワインと蜂蜜がけのチーズを代用してもよし。
甘さと甘さが出会うとその甘さが打ち消されて、自然な酸味と爽やかな後口があらわれてくる。
シャキッとしたうまみが残るのだ!

シャトーグラン ドゥスブラ2005甘さ×甘さ=スッキリ爽やかなうまみ。
これは「クリスマスのマジック」。
スイーツをいただきながら、極甘口ワインを飲むと・・・あら不思議。
やってみたら、虜になること間違いなし。

また、濃い味のものが出ると、これで終わりだよ~と、胃袋への合図にもなり、胃の方は仕事をやめる。
ただただ、心地よい満腹感と満足感が広がっていくのである。」

※左写真は、おすすめ極甘口ワインの一つ、
シャトーグラン ドゥスブラ2005
世界三大極甘口ワインの産地の一つ、ボルドーソーテルヌ地区、そのソーテルヌの川(ガロンヌ川)をはさんだ右手サン・クロワ・デュモン地区で作られる極甘口ワイン。
ソーテルヌと同じタイプでありながら、超お買い得のワインなのです。
甘いケーキとの相性は抜群です。

 
ワインアドバイザー マダム櫻子さん美味しいお酒で、幸せなクリスマスをお過ごしください。
♪メリークリスマス&ハッピークリスマス♪

◆リンク集

ワインアドバイザー、きき酒師のマダム櫻子がおすすめするワイン、焼酎、日本酒
・・・「ワインと地酒のセレクトショップNishida
西田酒店の日々を綴るスタッフブログ・・・ 「今夜はワイン、それとも地酒(^_-)-☆
西田酒店4代目の修業ブログ・・・酒道楽!西田酒店4代目ワイン修行

2007年12月より、奥能登4市町(輪島市、珠洲市、能登町、穴水町)の飲食店・民宿等54店舗で、期間限定の「能登丼(のとどん)」の提供が始まっています。

「能登丼(のとどん)」は、奥能登の交流人口を増やし、地域を活性化する試み
奥能登ウェルカムプロジェクト」のひとつ。

このプロジェクトのリーダーは、お店ばたけ出店店舗の
松波酒造 若女将の金七聖子さんです。
能登丼の取り組みについては、
金七さんのブログ「大江山 若女将の酒楽日記」にも、情報が掲載されています。

松波酒造金七聖子さんのブログ「大江山 若女将の酒楽日記


能登丼とは、下記の定義を満たした丼です。
 (能登丼の定義:奥能登ウェルカムプロジェクトホームページより)

<食材>
奥能登産のコシヒカリ(米)を使用しています。 奥能登の水を使用しています。 地場でとれた旬の魚介類、野菜又は地元産の伝統保存食を使用しています。

<食器>
能登産の器を使用しています。
能登産の箸を使用しています。
使った箸はお客様にプレゼントいたします。

<調理>
健康、長寿、ヘルシーにこだわっています。(塩分控えめ、動物性油を使わない、もしくは少量使用)
オリジナリティ(奥能登らしい、店独特のもの)あふれる丼です。
奥能登地域内で調理し、提供いたします。


注目!このわた、くちこの入った能登丼「超高級海鮮丼」

お店ばたけ出店店舗の、のと鉄道穴水駅前
能登前・幸寿しさんでも、徹底的に能登にこだわった超高級海鮮丼が提供されています。
幸寿し通販でもお馴染みの高級食材、このわたくちこまで使われているこの能登丼! お値段は3,500円です。

幸寿しさんの能登丼、超高級海鮮丼
(写真は幸寿し 有子さんのブログ『能登半島・食旬々』より)
幸寿しさんは、2007年3月に起きた能登半島地震で旧店舗が半壊しましたが、新店舗を建て、7月より営業を再開しています。 幸寿し店舗までの地図はこちら

この冬は是非、奥能登の元気と能登丼を味わいに、穴水へ、奥能登へお越しください。


金沢市鞍月、石川県庁隣、石川県地場産業振興センターにて、「加賀繍(かがぬい)展」が開催されています。

加賀繍 刺繍

石川県の伝統工芸である「加賀繍(かがぬい)」について(会場パネルより)

「加賀繍い」は、室町時代初期に加賀地方への仏教布教と共に仏前の打敷や僧侶の袈裟など、仏のかざり(荘厳)からはじめられました。
江戸時代には将軍や藩主の陣羽織や持ち物の装飾などにも用いられ、奥方などのお召し物にも使用され高貴な美しさが喜ばれ加賀藩主の手厚い保護により独自の発展を見ました。

現在国より伝統的工芸品の指定を受け、金系や銀系をはじめ多種多様の色系を使い、ひと針ひと針縫いあげ描き出される絵模様の美しさをご覧下さい。

会場には、金銀の糸がきらびやかで、立体感のある図案が美しい刺繍を施した、様々な「加賀繍い」作品が展示されています。
現代的な作品もあり、手芸がご趣味の方には、とても参考になるのではないかと思います。

この機会に、石川県の伝統工芸である「加賀繍(かがぬい)」を、ぜひご覧ください。


加賀繍「加賀繍(かがぬい)展」■会期:2007年12月7日(金)~12月24日(月) 9:00~17:00

■会場:石川県地場産業振興センター本館1階 展示ホール
金沢市鞍月2丁目1番地 電話076-268-2010
※地図はこちら

※地図(GoogleMap)


刺繍がご趣味の方も、そうでない方も、
是非、「加賀繍(かがぬい)展」、ご覧ください。

多彩な刺繍作品(加賀繍)を展示しています。お越しください

「正月飾りついて~北陸の冠婚葬祭(1)後編」【週刊ウンチク】

正月飾り、鏡餅の意味を解説します。
お店ばたけ 週刊ウンチク
第348回(2007.12.13)
「正月飾りついて~北陸の冠婚葬祭(1)後編」
提供:アート工房 越田 雅宏さん


◆鏡餅など、正月飾りの意味を、アート工房の越田雅宏さんがご紹介します。正月飾りはいつから飾る?「干し柿」の隙間の意味は?

◆正月飾りについて~北陸の冠婚葬祭【干支と正月飾りについて】(1)後編

北陸の冠婚葬祭についてお話しします。ブライダルプロデュース、デジタルアルバムアート工房 越田 雅宏です。
本日12月13日は「正月事始め(しょうがつごとはじめ)」。正月を迎える準備をはじめる日です。
さて、今回も前回「干支(えと)について」に引き続き、「干支と正月飾り」のウンチク、2回シリーズの後編、 「正月飾りについて」をお話しいたします。

 
◆『正月飾りについて』

正月飾り

正月には、どの家にもその年の神様、歳神様が降りてくると考えられていました。
五穀豊穣を約束してくれる歳神様は、農耕民族である日本人にはもっとも大切な神様です。

正月飾りの飾りつけ

正月飾りの飾りつけは、27日くらいから始めるのが一般的ですが、29日と31日を避けるのがしきたりです。
29日は9が「苦」に通じるところから、「苦待つ」などといって嫌われます。
31日に飾ると「一夜飾り」になって不吉だ、といいますから、出来ればやめたほうがいいでしょう。


鏡餅
鏡餅と各名称

鏡餅は歳神様へのお供えものですが、その飾りには意味があり、さまざまな願いが込められています。
北陸(石川県)では 「益々夫婦仲むつましく、代々幸せに暮らせますように」といい、独特の飾りを行います。

橙(だいだい)
木から落ちずに大きく実が育つことにあやかって、代々家が大きくなるように願った縁起物。

御幣(ごへい)
四方に大きく手を広げ、繁盛するように。紅白の赤い色には魔除けの意味がある。

海老(えび)
その姿になぞられ、腰が曲がるまで長生き出来るようにと祈るものです。

裏白(うらじろ=しだ
古い葉とともに、新しい葉がしだいに伸びてくるので、久しく栄えわたるという縁起をかつぐものです。

四方紅(しほうべに)
お供え物をのせる色紙で、四方を「紅」でふちどることで 「天地四方」を拝し災いを払い、一年の繁栄を祈願する。


これ以外に、石川県では「十串」といい干し柿を十個さしたお供え物があります。
(中央に6個、間を空けて左右に2個ずつ干し柿を刺したもの)

また、北陸ではこの飾り全体を意味して 「益々(一升餅が二つ)夫婦仲むつましく(十串:二つ二つ真ん中に六つ)、代々(橙)幸せに(シダ合わせに)暮らせますように」との願いとも言われています。


アート工房 越田 雅宏さんいかがでしたでしょうか。
今後も「北陸の冠婚葬祭」シリーズとして、以降も、冠婚葬祭などの風習についてご紹介していきますので、お楽しみに。

それでは、良いお年を!

 
◆リンク集

お急ぎください!年賀状制作・・・
似顔絵年賀状、フォト年賀状作成。フォトアルバム制作、ブライダルプロデュース・・・アート工房
週刊ウンチク247「紅白の鏡餅?!」・・・林農産の林さんが、地域独特の餅文化をご紹介します。

「干支について~北陸の冠婚葬祭(1)前編」【週刊ウンチク】

2008年は子(ねずみ)年お店ばたけ 週刊ウンチク
第347回(2007.12.6)
「干支について~北陸の冠婚葬祭(1)前編」
提供:アート工房 越田 雅宏さん


◆2008年は戊子(つちのえね)。干支(えと)とは、十二支(じゅうにし)と十干(じっかん)

◆干支について~北陸の冠婚葬祭【干支と正月飾りについて】(1)前編

アート工房 越田 雅宏さんブライダルプロデュース、デジタルアルバムアート工房 越田 雅宏です。
  早いものでもう師走になってしまいました。天候の秋をあっという間に通り越して、冬になったようですね。
山の木々も紅葉のタイミングをとりそこねたみたいで、紅葉しないまま枯れていく木々も多いようです。皆様もお体はこの変化に対応されてますか?体調管理には例年以上にお気をつけください。

  さて、この9月にお店ばたけに参加させていただいて、週刊ウンチクのコーナーに「シャッターチャンス」と題して、石川の祭りや景勝地の紹介と、今回の「北陸の冠婚葬祭」と題して、冠婚葬祭などのの風習についてのウンチクをお伝えして行きたいと思いますので、ご存知の事ばかりだと思いますが、1つでもご参考になれば幸いです。


北陸の冠婚葬祭についてお話しします。さて、今回は北陸の冠婚葬祭 第1弾として
師走でもありますので、「干支と正月飾り」のウンチクを、2回シリーズでお送りします。


 
◆今回は『干支(えと)について』

干支というと、一般的に十二支の事を思い浮かべられると思いますが、
実は『干支』とは「十干(じっかん)」と「十二支(じゅうにし)」の事なのです。


十干(じっかん)とは、
陰陽五行説から来ているもので、下記の十種類が1年周期で変わる。


陰        陽
十干 よみ   十干 よみ
甲 きのえ   乙 きのと
丙 ひのえ   丁 ひのと
戊 つちのえ   己 つちのと
庚 かのえ    辛 かのと
壬 みずのえ  癸 みずのと

十二支(じゅうにし)とは、
子、丑、寅と12の周期で月を表す記号で、日や時間や方位などに広く使われている。
 ねずみ・ うし・ とら・ うし・ たつ・ み・ うま・ ひつじ・ さる・ とり・ いぬ・ いのしし)

この十干と十二支の組み合わせたものを干支という
ちなみに2007年は丁亥(ひのとい)で2008年は戊子(つちのえね)である。

この干支で有名なのが丙午(ひのえうま)とか、
野球場の甲子園球場は甲子(きのえね)の干支の年に完成したので甲子園という名前なったということなど。
また、この本来の干支が一回りして同じ干支になるのが、61年目になります。
数え年61歳を『還暦』というのは、そのためです。


★コーヒーブレイク…「数え年の数え方」

 数え年の数え方はご存知ですか?
単純に満年齢から1つ引いた年と考えている人も多いようですが、それは違いますよ。

 数え年とは、生まれた年がまず1才・そして元旦が来ると2才になります。そしてその1年が2才で翌年の元旦で3才になります。ちょうど「昭和」とか「平成」とかの年号の数え方と同じです。

 ですから平成17年12月25日生まれの子は現在まだ満1才ですが、数え年では3才です。
 還暦も皆さんは60歳と思っているのでは? 数え年で61歳が正解です。


いかがでしたでしょうか。
次回は、2007年12月13日の週刊ウンチク
「正月飾りの意味~北陸の冠婚葬祭(1)後編」をお送りします。
お楽しみに!

 
★【アート工房からのおしらせ!】 似顔絵年賀状 制作受付中!
「週刊ウンチク」ご覧の方に、ホームページ用(名刺用)似顔データの特典付き! (~12/13)


干支のねずみをあしらったデザインの似顔絵年賀状「お店ばたけ」関係者、および、いまウンチクをご覧の皆様だけの特典! ! (平成19年12月13日(木)申込締切)
↓↓ 特典内容 ↓↓

似顔絵年賀状制作価格で 「似顔絵年賀状制作」に加え、
HPや賀詞名刺で利用可能な、似顔絵データをプレゼント! 
(HP上で使用する年始あいさつの似顔絵年賀データを制作)

アート工房 似顔絵年賀状のホームページはこちら! 


※特典希望の方は、申し込みの際 注文メールに「お店ばたけ特典」とご記入下さい。
 
◆リンク集

お急ぎください!年賀状制作・・・
似顔絵年賀状、フォト年賀状作成。フォトアルバム制作、ブライダルプロデュース・・・アート工房
干支の子(ねずみ)モチーフも・・・アート工房似顔絵年賀状、フォト年賀状の詳細はこちら
コミュニケーションにお役立ち・・・週刊ウンチク第17回「十二支でわかる性格」

1  2

お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

お店ばたけ出店者ブログ 更新情報

>>最新15件がこちらでご覧になれます!

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する