この冬は、「能登丼(のとどん)」食べに奥能登へ行こう!

2007年12月より、奥能登4市町(輪島市、珠洲市、能登町、穴水町)の飲食店・民宿等54店舗で、期間限定の「能登丼(のとどん)」の提供が始まっています。

「能登丼(のとどん)」は、奥能登の交流人口を増やし、地域を活性化する試み

奥能登ウェルカムプロジェクト」のひとつ。

このプロジェクトのリーダーは、お店ばたけ出店店舗の

松波酒造 若女将の金七聖子さんです。

能登丼の取り組みについては、

金七さんのブログ「大江山 若女将の酒楽日記」にも、情報が掲載されています。

松波酒造金七聖子さんのブログ「大江山 若女将の酒楽日記



能登丼とは、下記の定義を満たした丼です。

 (能登丼の定義:奥能登ウェルカムプロジェクトホームページより)

<食材>

奥能登産のコシヒカリ(米)を使用しています。
奥能登の水を使用しています。
地場でとれた旬の魚介類、野菜又は地元産の伝統保存食を使用しています。

<食器>

能登産の器を使用しています。

能登産の箸を使用しています。

使った箸はお客様にプレゼントいたします。

<調理>

健康、長寿、ヘルシーにこだわっています。(塩分控えめ、動物性油を使わない、もしくは少量使用)

オリジナリティ(奥能登らしい、店独特のもの)あふれる丼です。

奥能登地域内で調理し、提供いたします。



注目!このわた、くちこの入った能登丼「超高級海鮮丼」

お店ばたけ出店店舗の、のと鉄道穴水駅前

能登前・幸寿しさんでも、徹底的に能登にこだわった超高級海鮮丼が提供されています。

幸寿し通販でもお馴染みの高級食材、このわたくちこまで使われているこの能登丼! お値段は3,500円です。

幸寿しさんの能登丼、超高級海鮮丼

(写真は幸寿し 有子さんのブログ『能登半島・食旬々』より)

幸寿しさんは、2007年3月に起きた能登半島地震で旧店舗が半壊しましたが、新店舗を建て、7月より営業を再開しています。 幸寿し店舗までの地図はこちら

この冬は是非、奥能登の元気と能登丼を味わいに、穴水へ、奥能登へお越しください。