「手みやげにシャンパン、ケーキには極甘口ワイン」【週刊ウンチク】

クリスマスパーティ、シメのデザートには甘口ワインを
お店ばたけ 週刊ウンチク
第349回(2007.12.20)
「手みやげにシャンパン、ケーキには極甘口ワイン」
提供:ワインと地酒のセレクトショップNishida 西田櫻子さん


◆クリスマスパーティを盛り上げるお酒の法則を、七尾市の西田酒店、マダム櫻子こと西田櫻子さんが語ります。

◆クリスマスパーティ、手みやげにはシャンパン!定番の理由

おすすめシャンパン「パイパー・エドシック・ブリュット」「特別な日、もしくは少し、改まった気分の時にも、シャンパンは華やかでゴージャス。
ボトル1本テーブルに置いてあるだけでワクワクするような雰囲気を持っているのが、シャンパン。

数家族・グループで開くクリスマスパーティは、ホームパーティのアレンジみたいなものなので、
お持ちよりの料理が並ぶから、たいてい

鳥のから揚げあり、お寿しあり、サンドイッチあり、
ピザあり、おでんあり、サラダあり、お刺身あり、
焼き鳥あり、お好み焼きあり、シチューあり、フライあり、
ハンバーガーあり、中華あり、、、、

そんな時は、どんなお料理にも合うシャンパンが一番なのだ。
何となればシャンパンはお料理を選ばないからね。
なので招待された時、手土産として「シャンパン」1本持っていくのはとても気が利いている。
相手方の好みがわからなくても、シャンパンならば即!飲んでもらえるから。

※上写真は、おすすめシャンパンのひとつ
 "マリリン・モンローが大好きだったシャンパン"としても知られるパイパーエドシック(パイパー・エドシック・ブリュット)。 軽快で爽快なキレの良い酸味と泡立ち。華やかでゴージャスで、いろんなシチュエーションにはえるシャンパンです。


◆甘いケーキには、極甘口ワインをあわせて「クリスマスのマジック」

デザートに合わせるワインは、極甘口が正解。「クリスマスパーティで、チーズ・ケーキやフルーツが出る頃となれば、食事の〆。
最後に持ってくる飲み物は、〆にふさわしく濃厚な味わい、または高濃度のアルコールであるべし。

例えば極甘口のワイン、甘いリキュール、アルコール度数の高いブランデー、苦いコーヒーなど。
スイーツ&ドリンクをおろそかにすると中途半端なパーティになってしまう。

何事も〆が肝心。

甘いワインと、甘いケーキ・フルーツなどあわせて食べるもよし。
スイーツがなければ、甘いワインと蜂蜜がけのチーズを代用してもよし。
甘さと甘さが出会うとその甘さが打ち消されて、自然な酸味と爽やかな後口があらわれてくる。
シャキッとしたうまみが残るのだ!

シャトーグラン ドゥスブラ2005甘さ×甘さ=スッキリ爽やかなうまみ。
これは「クリスマスのマジック」。
スイーツをいただきながら、極甘口ワインを飲むと・・・あら不思議。
やってみたら、虜になること間違いなし。

また、濃い味のものが出ると、これで終わりだよ~と、胃袋への合図にもなり、胃の方は仕事をやめる。
ただただ、心地よい満腹感と満足感が広がっていくのである。」

※左写真は、おすすめ極甘口ワインの一つ、
シャトーグラン ドゥスブラ2005
世界三大極甘口ワインの産地の一つ、ボルドーソーテルヌ地区、そのソーテルヌの川(ガロンヌ川)をはさんだ右手サン・クロワ・デュモン地区で作られる極甘口ワイン。
ソーテルヌと同じタイプでありながら、超お買い得のワインなのです。
甘いケーキとの相性は抜群です。

 
ワインアドバイザー マダム櫻子さん美味しいお酒で、幸せなクリスマスをお過ごしください。
♪メリークリスマス&ハッピークリスマス♪

◆リンク集

ワインアドバイザー、きき酒師のマダム櫻子がおすすめするワイン、焼酎、日本酒
・・・「ワインと地酒のセレクトショップNishida
西田酒店の日々を綴るスタッフブログ・・・ 「今夜はワイン、それとも地酒(^_-)-☆
西田酒店4代目の修業ブログ・・・酒道楽!西田酒店4代目ワイン修行


お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する