第67回「大松水産」金沢市の近江町市場から旬の新鮮な魚介類をお届けする【今月のお店】

【今月のお店】第67回「大松水産」
金沢市の近江町市場から旬の新鮮な魚介類をお届けする
代表取締役 松本雅之さん

金沢・近江町市場 鮮魚なら大松水産


近江町市場にある大松水産金沢の台所として知られる近江町市場で創業六十年という大松水産では、かにや甘えび、寒ぶりなど旬の新鮮な魚介類を販売されています。
また自家製商品「近江町市場干(魚の干物)として、ノドグロ一夜干甘エビ姿干甘鯛一夜干などを販売。NHKの全国放送で、「甘エビ姿干」が紹介されたため注文が殺到し、人気商品となっています。
昨年(平成19年)には、ホームページを全面リニューアルし、お客様からは綺麗なページになったと好評を得ています。

今回は、代表取締役 松本雅之さん(上写真の左側)にお話を伺いました。



幸せのかに北陸の冬の味覚といえば、カニ。幸せのかにです。柔らかく繊細な脚肉とたっぷりと入った蟹味噌がたまりません。


幸せの甘エビ幸せの甘エビです。食べれば濃厚なエビの味と甘みが口いっぱいに広がります。


幸せの天然ブリ幸せの天然寒ブリです。脂がのったおいしいブリ。
お刺身やしゃぶしゃぶなどにお好きな食べ方でどうぞ。


近江町市場干 のどぐろ一夜干自家製商品である近江町市場干 のどぐろ一夜干
高級魚のどぐろは一夜干の王様です。


伝統の味。さわら(生かじき)昆布〆さわら(生かじき)昆布〆は大松水産創業以来守り続けてきた伝統の味。そして金沢伝統の郷土料理の味です。


近江町市場干 甘えびの姿干自家製商品である近江町市場干 甘エビ姿干。調味料、保存料、着色料等は一切使わず、新鮮な甘えびだけが原材料です。まさに自信の逸品です。


■業とネットショップをはじめたきっかけ
Q.業をはじめたきっかけは?

父親の跡を継ぎ、私で2代目となります。4年ほどコンピューター関係の仕事、サラリーマンをしていましたが、後を継ぐために退職し、大阪の中央市場で1年修行をしたのち、金沢に戻って大松水産で働き、現在に至っています。

Q.ネットショップをはじめたきっかけとリニューアル後は?

近江町市場には全国からお客様がいらっしゃるので、ネットで販売することで何か可能性を見いだせるのでは。また注文も受けやすくなると思い、今から7年ほど前に業者さんに依頼してホームページを作成しました。
しかし、ホームページがあるというだけで、ほとんど更新されないサイトになっていました。
このままではいけないと、去年思い切って全面リニューアルをしました。文章と写真を通して、自分の思いなどを伝えることができ、創作の喜びを感じています。また、自分の中で幅が広がったと思います。たくさん手をかけているので、完成した今は我が子のように可愛いなと思います。

リニューアル後はお客様より、綺麗なページになったとか、好感が持てるページだという嬉しい声をいただきました。そしてネットでの新規のお客様も増えました。


■自家製商品である近江町市場干の「甘エビ姿干」が、NHKの全国放送で紹介
Q.自家製商品である近江町市場干の「甘エビ姿干」が、NHKの全国放送で紹介されていかがですか?

大好評!甘エビ姿干自家製商品である近江町市場干の「甘エビ姿干」が、NHKの全国放送で紹介されたために注文が殺到しました。 テレビでの反響はすごいなと改めて思いました。
鮮度の良い甘えびが入荷したときにしか作ることができないので、現在は売り切れとなっております。心待ちにしているお客様が多数いらっしゃり、お待たせしているので心苦しく思っています。しかし、待ってでも食べたいと思ってもらえることを嬉しく思っています。

近江町市場干の種類は「甘エビ姿干」以外に、「のどぐろ一夜干」、「甘鯛一夜干」、「赤カレイ一夜干」があります。


■最近の出来事と取り組み
Q.最近の出来事と取り組みについて教えてください。

ずわいがに・こうばこがに・さばき方の栞かにが解禁してからは、カニを買い求められるお客様が多く、年末は特に注文が殺到しました。ズワイガニが人気ですが、今年は香箱(コウバコ=ズワイガニのメス)が例年より安いこともあり、香箱のセットもよく売れました。
かにを購入された方には必ず、「ずわいがに・こうばこがに・さばき方の栞」(写真左)をお付けしています。写真付きで解説されているのでわかりやすく、初めての方でも迷わずにさばいていただけると思います。

ぶりは1本そのままの状態でで購入される方もいらっしゃいますが、半分は刺身で、半分は切り身にして下さいなど、またセット商品に関しても中身はお客様の要望にお応えしています。何でも 気軽にご相談いただければと思います。
今後は、鮮魚が届いたときに、お客様が手間暇かけてさばかなくても、すぐ食べられる状態にしてお送りすることができるようにと、お刺身のセットやまた、かには全て身を出した状態で提供できればと考えています。


■これからの夢や展望
Q.夢や、これから行っていきたいことは?

大松水産の経営理念従業員一人一人が誇りを持ち、経営理念である「おいしい」の一言が私たちの願いです。を大切に、お客様に信頼されるお店、「大松水産のお魚なら安心できる!」と思っていただけるように、これからも頑張っていきたいと思います。

近江町市場をもっと活性化していけたらいいなと思っています。ネットを通してもっと上手くアピールできればと考えています。

ネットショップでは、もっと商品数を増やしていきたいですし、ブログの更新も頻繁にできればいいなと思っています。またセット商品も充実させていきたいです。


■インタビューを終えて・・・
私が取材に伺った日はちょうど外は雪が降っていて、近江町市場の中はとても寒かったですが、お客様も多く、活気があるなと感じました。スーパーで魚を買うのもいいですが、たまには近江町市場でお店の人と会話をしながら、新鮮な魚を買うのもいいなと思いました。(お店ばたけ事務局)


近江町市場にある大松水産店 名 金沢・近江町市場 鮮魚なら
大松水産
会社名 大松水産株式会社
代 表 松本 雅之
所在地 〒920-0905
石川県金沢市上近江町33(地図はこちら
TEL 076-263-1201
FAX 076-263-2824
E-Mail info@daimatsusuisan.com
営業時間 8:00~18:00(日曜・祝日 定休日)
お店URL http://www.daimatsusuisan.com/
ブログURL http://www.daimatsusuisan.com/nikki/


お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する