「メタボ対策とアレルギー・アトピー対策」【週刊ウンチク】

アート薬局 中村智子さん お店ばたけ 週刊ウンチク
第365回(2008.4.17)
「メタボ対策とアレルギー・アトピー対策」
提供:アート薬局 中村智子さん

 

◆平成20年4月から義務化されたメタボ検診。アレルギー、アトピーの相談、アート薬局 管理薬剤師の中村店長が、メタボとアトピー、アレルギー共通の改善対策をお話しします。

◆4月から何かと話題のメタボ健診!

 この春から始まる、“メタボ検診”がなにかと話題です。
何しろ初めての試みで、まだ誰もがいまいちよくわかっていない・・・。

 でも、この4月からは“義務化”されるようなので、
特に心当たりのある方は、よく把握しておきましょう!?


 メタボ検診ではまず、BMIと腹囲(おへその位置のウェスト)のサイズ、
それから血圧、血糖値、コレステロール値
の4項目が検査されます。

《BMIとは?:厚生労働省のマンガチックな説明ページ》


BMIと腹囲のサイズで大まかな脂肪の量を割り出し、
さらに、血圧、血糖値で生活習慣病の程度を把握し、
コレステロール値によって、動脈硬化や肥満、食生活の乱れなどを判断します。

メタボ健診ではこれらが基準値を上回った場合には、
医師、保健士、管理栄養士などから指導を受けることになります。
(どうしてここに、薬剤師という文字が入っていないのでしょうか?)

今までの健康診断では、“要精検”と結果が出ても、実際に改めて医療機関を
受診するかどうかは、ある意味個人の勝手でした。

でも、今からは健康診断で“要指導”と判断された人は、
半強制的に、専門家の“動機付け支援”や“積極的支援”とやらを受けねばならない!

という点です。
(言うことを聞かないと、何年後かにはその会社や自分たちの払う、
健康保険料の支払いを増やすぞ!というペナルティも付きそう
です。)


アート薬局に来られるメーカーさんや問屋の担当者さんの中にも、
“いかにも・・・”という体型の方が何人かおられます。(@_@)


仕事のお忙しさにかまけて、運動不足。
でも、20代の頃と同じつもりで、食事量は減らず、
おまけに宴会や飲み会で、夜遅くに食事をしたり、
アルコールをたっぷり飲んだり・・・。
その挙句に、“飲んだあとのラーメンはうまい!”とか言いながら、
夜中の2時3時に油こってりのラーメンを食べて帰り、すぐ寝る。(>_<)

そりゃ、内臓脂肪も貯まりますよね。


内臓脂肪が貯まると、善玉ホルモンのアディポネクチンが減ります。
(アディポネクチンは脂肪組織から分泌される蛋白(ホルモン)で、 主に筋肉や肝臓で脂肪を燃焼させる作用を有しているため、
減少することで血糖値・コレステロールを上昇させ、血管内膜の肥厚から動脈硬化を進行させる。)


さらに、内臓脂肪増加によって、悪玉ホルモンは増加してしまいます。
☆脂肪細胞が分泌する悪玉ホルモン、
  ・PAI-1(通称パイワン):血栓をつくる悪玉ホルモン。
  ・TNF-α:インスリンの働きを鈍らせて、血糖値を上げてしまい、糖尿病をもひきおこす。
  ・アンジオテンシノーゲン:血圧を上げる働きがあります。)


内臓脂肪の増加は、善玉ホルモン“アディポネクチン”を減らし、
悪玉ホルモンを増やすので、いろいろな生活習慣病の原因になり、
虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)の危険度が、
正常な人に比べ36倍も高くなる
そうです。


このごろ、30代40代での突然死を意外と耳にしますが、
その年齢では、子供さんもまだ小さい場合が多く、
残された奥様や子供さんは本当に大変です・・・。(ToT)


でも、あるたとえによると、

皮下脂肪は一度蓄えると中々落としにくいので、“定期預金”(>_<)
それに引き換え、内臓脂肪は、出し入れがカンタンな“普通預金”(~o~)

だから、内臓脂肪はちゃんと対処さえすれば、意外と改善しやすい!
アート薬局でも、○○ダイエットや下記のサプリメントで
意外と簡単にやせていかれるのは、男性に多いです。(*^_^*)
http://www.art-kanazawa.com/shop-cgi/shop/detail.cgi?code=06060


 去年のメルマガ、 “タダでできるダイエット法は?”
ぜひ!参考にしてくださいね。(^_-)-☆


■メタボ対策とアレルギー・アトピー対策の共通点は?

 では、メタボ対策とアレルギー・アトピー対策の共通点はなに??

それはやはり、“食事”ですよね。

メタボな体型を治していくには、適度な運動とともに、
やはり、“摂取カロリーを落としていく!”ことが必要
です。
メタボは、もともとカロリーの取りすぎが大元にあるわけですから、
ダイエットすることが絶対必要!!

でも、かといって
じゃあ、食事を減らせばいいんでしょ?といって、
ただ食事を抜くだけでは、カロリーは確かに減るかも知れないけれど、
必要な栄養も入ってこないので、
体は少しでも溜め込む体制に変わってしまう。

そうすると、運動不足ともあいまって、
筋肉量も落ち、さらにさらに余計に太りやすい体質に変化していく

そうするとなおさら、体重は落ちない!!!
(それでなくても基礎代謝が40歳以降は落ちるのに!・・・)


だから・・・


★ ───────── ─ ─ - -
    食事を取らないのではなく、
    お野菜たっぷりのバランスのとれた
    低カロリー食にすること!
- - ─ ─ ────────── ★


そのためにはカロリーに直結する
“脂肪分”と“糖分”を取りすぎないことが大切です。


脂肪分はなんと言っても、1グラムあたりのカロリーが9Kcalと
単位あたりのカロリーがとても大きくなりますので、
いかにして、摂取する脂肪分を減らしていくかが重要です。
(でも、現代の“おいしい”メニューには、なんと脂肪分が多いことか!)

それから、次にエネルギーに直結しやすいのが、糖分、特に砂糖ですね。

一方、アトピー・アレルギーの症状にもよくないもの、
症状を悪化させるものが、やはり油ものとお砂糖
です。


と、ここで振り返ってみて、
“脂肪分”と“糖分”のセーブが必要ということでは、
メタボ対策もアレルギー対策も共通します。

だから、アトピー・アレルギーの方にいつも、
“基本は和食を心がけて、お野菜をしっかり取り、
お肉よりはお魚料理の回数を増やして。”とお話しするのですが、
その時に、そのアトピー・アレルギーにいい食事は、つまり、
お父さんにお母さんにとっても、
生活習慣病の予防になるお食事ですよ
とお話します。


実際に、肥満傾向を解消して、花粉症やアトピーが、
軽くなる方もおられます
よ。(*^_^*)


ついでに、肥満の方は、ホルモンの関係で不妊症になりやすい。
(それは、女性だけでなく、男性もだそうです。)
実は当店でおすすめした健康食品で、スリムになったら、
あきらめていたのに、おめでたになった というお客様が、過去に2人いらっしゃいました。

過度の肥満になると、体脂肪が多いことから、
卵胞ホルモンが脂肪の中に蓄積されて働かなくなり、
そのためホルモンのバランスが乱れて、排卵を起こしにくくなるからです。
さらに、下半身が太っているということは、下半身の血液循環も悪く、
骨盤内の血流が滞って、子宮内の環境を悪くします。


でも、逆に過度のダイエットや急激過ぎるダイエットは、
まずは飢餓状態に備えて、生命を守ることを優先させるため、
排卵を促すホルモンを停止してしまい、
無月経になって、当然妊娠しない状態になってしまうため、
やはり、バランスのとれた適度な体型が必要です!

だから、いずれにしてもダイエットをするときは、
ただ食事を減らしたり抜いたりするのではなく、
必要な栄養はちゃんと摂りながら、
カロリーを上手にコントロールする
ということが、
とってもとっても大切です。(^_-)-☆

◆┓お肌と健康のご相談は下記へどうぞ!
  ┗╋…━…━…━…━…━…━…━…━
    電話   076-233-2406 アート薬局
    メール  art-ph@art-kanazawa.com

◆リンク集

メタボ対策、ダイエットや、アトピーなどお肌のトラブルでお悩みの方、アート薬局にご相談下さい
CAC化粧品、リスブラン化粧品、リナグリーン21、ルミンA取扱店
・・・「アート薬局」「アート薬局のダイエットアイテム
アトピー肌、乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌など、お肌のトラブルでお悩みの方必見!!
・・・「アートハートニュース ブログ版
・・・「アートハートニュース メルマガ版」(バックナンバー)


お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する