「500円で作るデジカメ撮影ボックス」【週刊ウンチク】

自作できる!デジカメ撮影ボックス
お店ばたけ 週刊ウンチク
第378回(2008.7.17)
「500円で作るデジカメ撮影ボックス」
提供:オモチャのとらや 伊藤能典さん


◆1万円の予算が、500円で出来ちゃいました。ネットショップ必携の「デジカメ撮影ボックス」の作り方を、オモチャのとらや 伊藤よしのりさんがご紹介します。

◆500円でできる!デジカメ撮影ボックスの作り方
七尾市でおもちゃを販売する、 オモチャのとらや Web担当の伊藤能典です。

ネットショップの作業の中に商品撮影があります。 
デジカメで商品を撮影するのですが、これが中々上手くいかないのです。

「うぁ、ピンボケだ」「何でこんなに赤っぽく写るの」「暗っ」「自分の顔が写りこんじゃっている」「影がひどいな」「形がゆがんじゃっている」


いろいろ勉強して少しずつ分かってきました。

・絞りはできるだけ絞ったほうが、被写界震度(ピントの合う範囲)が深くなる。

・光には色温度があり、ホワイトバランス(白色が白く写る)の調整をしなければならない。

・露出は周りの明るさに左右されないよう、スポット測光で測る。

・広角よりでとると形がゆがむので、できるだけ望遠よりでとる。

・デジカメの特性として白はグレーぽく写るので、露出補正を+側にすると白く写る。


そして、撮影で何よりも一番重要なのは「照明」だということがわかりました。
「商品に影やテカリを出さないようにするには、できるだけ光を拡散し柔らかい光で撮ると良い」
その為のプラ製や布製の撮影ボックスがあることを知りました。

ただ、大きいものはどれも1万円以上することもあり、自作することにしました。
最初に考えたのは、「ダンボール箱の上面・側面をくりぬき障子紙をはる」でした。

中々作業する時間がとれずにいたそんなある日、ホームセンターで面白いものを見つけました。
ダンボール形状のプラスチックで出来たプラダンと呼ばれる白い板です。
値段は、900×1800ミリで500円くらいです。
「これだっ」と思い早速買って帰りました。


【「プラダン」を使った、デジカメ撮影ボックスの作り方】

1.まずは、寸法を測って切り取りです。 600×1800ミリで切り取ります。

2.それを、600ミリごとに、半分だけ切込みを入れます。 これは、【折り曲げやすくする為】なので切り離さないように。 残った部分で、600×300ミリの板を2枚作ります。

3.組み立ては簡単、600×1800の板をコの字型に折り曲げ、背面に残りの板2枚をガムテープなどで貼り付ければ、完成です。 この時、注意するのは背面上部は塞がずに隙間を空けておくことです。 ここに背景紙などを通します。

上板、背面側に隙間をあけるのがポイントです。

これで完成です。 なかなかナイスです。(^_^)v
また、450×450のサイズで作れば、2個作ることが出来ます。

完成したデジカメ撮影ボックス


1万円の予算が、500円で出来ました。
それでは次回、余ったお金で照明装置を作りたいと思います。

ありがとうございました。

◆リンク集

お宝コレクションから 生まれたてのオモチャまで コレクション探しのお手伝い
 ・・・「オモチャのとらや Web通販
おもちゃの入荷最新情報・・・「オモチャのとらや Web通販Blog


お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する