<能登会場>H20年度お店ばたけ出店者交流会を開催しました。(08.8.6)

 ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」では、2008年 8月6日(水)、
平成20年度 第2回目の「お店ばたけ出店者交流会」(能登会場)を開催しました。

お店ばたけ出店者交流会は、石川県の頑張るネットショップオーナー(ご担当者様)のみなさまが、実際に顔を合わせて交流する会。今回は、能登地区から10名、金沢からも1名、合計11名の熱心な皆様にご参加いただきました。

●出店者交流会(能登会場)の様子

出店者交流会(能登会場)開催風景
お店ばたけ交流会開催風景

 金沢会場同様に、今年度のお店ばたけ運営について、スケジュールを見ながら説明し、今年度10月より開催の、産業大学経営講座「お店ばたけネットショップブラッシュアップセミナー MovableType基礎講座」について説明し、是非受講いただきたい旨伝えました。
また、恒例の出店者自己紹介を行いました。


次に、勉強会として、ホームページドクターのドモドモコーポレーション 遠田幹雄さんに、SEO/SEMについてお話しいただきました。
「SEMは終わらない」講師の遠田ドクター

 テーマは「検索エンジンマーケティング(SEM)は終わらない」
検索エンジン対策の基礎についてお話しいただきました。


(下記はお話の一部を事務局がまとめたものです。ご了承下さい。)


◎SEOはインフラである。
 →SEOは、安定して集客できる仕組みの一つ。
 →知らぬうちに、ページが【過剰SEO】と判断される可能性があり、
  経営安定のためにも、ネットショップは検索エンジン対策をすべきである。


◎SEOの基本は2つ。
 1.トピックを書く
  「キーワード」でなく「トピック」で書くこと。
  「トピック」は、【主語、述語から構成される】。
   →「キーワード羅列」はスパムと判断される可能性がある。
   
 2.リンクを増やす
   品質の良いリンクを増やす。
   →リンク先とリンク元の関連性(Relevancyレリバンシー)重視
   →アンカーテキストが重要
   →リンクブロック(リンクばかりが続く部分。ナビゲーションメニュー等)
    は、その後出現するリンクの価値を下げる

   ヘッダ重視でhtmlを見直し
   →最初に結論=文頭が大切。title、h1、h2、h3 などを工夫する。

    


◎段階にあったSEO対策を

SEOの4段階
SEOの課題を段階ごとに分析。状況によって対策も違う。

1.ロボット巡回
 ↓
2.インデックス増加
 ↓
3.アルゴリズム適合
 ↓
4.ペナルティ回避

◎いつまでも続くと思うな上位表示
 ペナルティ・・・順位低下の原因
 1.価値低下 2.過剰SEO 3.スパム


◎ペナルティとトラブル
 TDP(Toppage Down Penalty)
 Yahoo!のみの現象。サイトページのうち、トップページのみ順位が低下。
 キーワード頻度や出リンクの数(多すぎること)などが原因に。

 インデックス減少
 価値のないページは消されている。

 アルゴリズム対応
 日々進化している。ネットショップオーナーは、常に最新情報のウォッチングを。 


※遠田ドクターのブログ記事「検索エンジンマーケティングは企業のマーケティングインフラだから順位下落ペナルティリスクを下げながらSEOをする」もご参照ください。


参加の皆様、お疲れ様でした。有難うございました。
遠田ドクター、日々の調査結果を交えた、貴重なお話をありがとうございました。


お店ばたけ出店者勉強会 いままでの開催一覧はこちら


お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する