2008年10月アーカイブ

「人気ブレンド~かなざわシリーズ」【週刊ウンチク】

キャラバンサライのブレンドコーヒー「かなざわシリーズ」お店ばたけ 週刊ウンチク
第393回(2008.10.30)
「人気ブレンド~かなざわシリーズ」
提供:キャラバンサライ
コーヒーマイスター 木谷 佳代子さん

(キャラバンサライ様は、2015年4月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)

金沢のコーヒー豆専門店、キャラバンサライのコーヒーマイスター、木谷佳代子さんが、当店の人気ブレンド「かなざわシリーズ」の特徴をご紹介します。

◆人気ブレンド~かなざわシリーズ

  キャラバンサライのハウスブレンド、キャラバンブレンドに続く人気ブレンドは「かなざわシリーズ」です。
金沢にちなんだブレンドコーヒーが全部で6種類あります。

美しい缶入りは、ギフトにも最適。かなざわシリーズ


☆かなざわシリーズ6種の特徴(アクセントと味)☆


城下町
-モカブレンド-
モカ特有の上品な風味と香りをいかしたブレンド。

加賀美人
-ブルーマウンテンブレンド-
高級豆の甘みと香りを生かしたマイルドでリッチなブレンド。

仙石通り
-キリマンジャロブレンド-
さっぱりとした後味、良質な豆の持つ自然なバランスを生かしたブレンド。

兼六坂
-ブルーマウンテンブレンド-
ふくよかな甘味と香りをほどよく調和させたブレンド。


★各ブレンドにおいて、どの豆も3割はブレンドされています。


★かなざわ物語、百万石ブレンドは、混合焙煎でブレンドされています。

かなざわ物語
豊かな味わいとコクと香りあふれるブレンド

百万石ブレンド
深いコクと香りを引き出した、濃厚で奥行きのあるブレンド。

混合焙煎とは?
生豆の状態でブレンドした後、焙煎をします。
金沢物語、百万石ブレンドは深煎りの豆ですが、コクのある味を求めた時に、
現時点で焙煎している豆よりも深く焙煎をした方が理想の味に近づく事から混合焙煎になりました。

キャラバンブレンドの次に出来たブレンドは百万石ブレンドでした。
百万石ブレンドはフルボディー=深入りのブレンドです。
理想の味→深いコクと香り 濃厚で奥行きあるブレンド
その味を求めてブレンド作りが始まりました。
豆を深煎りにしても深いコクが際立ち甘味が出る豆。
その豆を求めていく内に、産地契約の豆(こだわり)の豆を深煎りにしていく事でなんとも言えない奥行きのあるブレンドが完成しました。
※百万石ブレンドに使用されている豆
 トバブルー(インドネシア)コンセーロ(グアテマラ)アンデスマラビーヤ(コロンビア)  など。
百万石ブレンドは、酸味がなく苦味が強い為ミルクとの相性は抜群。そして、アイスコーヒーやエスプレッソなどにもお勧めです。

全種類、それぞれ個性が違いますし、楽しみ方も様々です。
金沢にちなんだブレンドコーヒー「かなざわシリーズ」。気分に合わせて飲み比べしてみてはいかがでしょうか?!


◆リンク集

金沢市を中心に展開する、コーヒー豆専門店・・・コーヒー豆専門店キャラバンサライ
コーヒーマイスターとは?(日本スペシャルティコーヒー協会ホームページへリンク)
おすすめコーヒー情報、新商品など嬉しいお店のNEWSがいっぱい・・・ キャラバンサライのブログ「お店便り」


平成20年10月29日(水)、石川富山「ネット対決!倶利伽羅合戦」に関して、石川県メンバーによる勉強会を、石川県産業創出支援機構(ISICO)大会議室にて開催しました。

倶利伽羅合戦石川県チーム 10月ミーティング風景

ネット対決!倶利伽羅合戦とは?(倶利伽羅合戦公式ページ)
ネット対決!倶利伽羅合戦 石川県チーム公式ページ

 今回は、10月度の経過報告と達成率アップへの意見交換を行いました。
また、「まな板の上の鯉(まな鯉)」(あるショップについて、メンバー全員が意見を出し、気づきを得る)も行われました。(今回は、オーダードレス美露土様でした)


次回開催は、11月5日(水)、富山県氷見市の民宿で、
富山県チーム(TONIO「本気でねっと」選抜メンバーの皆様)との中間決戦です。

 高級漆器や仏壇などに使われる金箔の生産は、金沢市を中心とする石川県が全国シェアの99%を占めており、金沢箔は、地域が誇る伝統産業の一つであります。

 現在、その金沢箔を使った工芸品を鑑賞できる展示「金沢箔工芸品展~まごころ石川『おもてなし』のかたち~」が、石川県庁隣、石川県地場産業振興センターで開催されています。

金沢市鞍月の石川県地場産センターで、金沢箔の展示が開催中です
金箔を使った漆器や繊維製品など、きらびやかな箔工芸品が並びます。

きらびやかな金箔工芸作品が鑑賞できます。

【石川県地場産センター金沢箔工芸品展~まごころ石川『おもてなし』のかたち~】

是非お立ち寄りください。■会期:10月24日(金)~11月3日(月)
   午前9時~午後5時

■会場:石川県地場産業振興センター(金沢市鞍月2-1)
    本館1階 展示ホール
    地図はこちら

■主催:(財)石川県地場産業振興センター

お近くにお越しの際は是非、「金沢箔工芸品展~まごころ石川『おもてなし』のかたち~」にお立ち寄りください。

(財)石川県産業創出支援機構(ISICO)では、10月15日(水)、
平成20年度 産業大学経営講座 お店ばたけネットショップステップアップ講座【step2】(第2回)「ワンランクアップのサイトテクニック~ネットショップのページデザイン・画像加工」を開催し、29名の方が受講されました。有難うございました。

西田上さん
ワンランクアップのサイトテクニック講座、第2回目は西田 上さん (九谷物産株式会社 代表 和座本舗 店長/お店ばたけホームページドクター)にお話しいただきました。

講座では、【新】画像デザイン論 『画像の魔法を使いこなす』と題し、好印象で、心に響くトップページや、ページデザイン等について、また自店らしさを演出する商品画像の見せ方、バナーの作成を説明されました。


下は講義の様子です。

講義の様子

実習では、画像加工ソフトによる、画像(バナー)の作成(講師のみ)、ブレーンストーミングを行い、商品説明やキャッチコピーづくりにおける発想のコツについて学びました。

お客様に見られるサイトにするためには、色づかいを工夫し、感情への訴求効果を高めたり、魅力的な画像で商品にこめる思いを短的に伝えなければなりません。そのためには、商品の知識を全て書き出して、短い文やキャッチコピーをつくる事を繰り返し練習しましょう。
また、ホームページやブログに掲載する写真は、自分で撮影し、季節の風景なども、オリジナルの「素材集」として使うため撮っておきましょう。撮影の上達にも繋がるので、日頃からデジカメを持ち歩くとよいでしょう。


講師の西田先生、有難うございました。


次回は林冬彦先生と、広瀬誓先生を迎え、「ネットショップの動画活用」のテーマでネットショップにおける販売促進やお店イメージアップのための動画活用方法について学びます。

受講希望の方はお店ばたけホームページ内応募フォームよりお申し込みください。

ご参加お待ちしています。


◆今後のセミナーのご案内◆

■お店ばたけ ネットショップステップアップ講座 
Step2
<売上アップの技術を磨く!ネットショップ運営をワンランク上げるテクニック講座>
 平成20年10月1日~ 詳細はこちら


<第1回>ワンランクアップのサイトテクニック~ネットショップの写真撮影
<第2回>ワンランクアップのサイトテクニック~ネットショップのページデザイン・画像加工
<第3回>ワンランクアップのサイトテクニック~ネットショップの動画活用
<第4回>ワンランクアップのサイトテクニック~ネットショップの文章(ライティング)
<第5回>ワンランクアップのサイトテクニック~Googleツールでサイトを分析してみよう


■Step3
<店舗分析と経営戦略でさらなるステージへ・・・ネットショップ運営ビジネス講座>
 平成20年1月14日~ 詳細はこちら

<第1回>店舗分析と経営戦略~あなたのホームページ、儲かってますか?
<第2回>店舗分析と経営戦略~あなたのホームページ、顧客は誰ですか?
<第3回>店舗分析と経営戦略~ネットショップとリアル店舗の連携

着物地のリメークドレス
お店ばたけ 週刊ウンチク
第392回(2008.10.23)
「思い出が語れる
『着物地からのリメークドレス』」
提供:オーダードレス美露土 湯谷知子さん
 

◆美露土では、着物地からのリメークドレスを、70歳80歳代の方にも似合う、「品格のあるドレス」に仕上げます。デザイナーの湯谷知子さんのお話です。

◆思い出が語れる、着物地からのリメークドレス

オーダードレス 美露土(ビロード)、デザイナーの湯谷知子さん石川県能美市のオーダードレス 美露土(ビロード)、デザイナーの湯谷知子です。
美露土では、演奏用ドレスを中心に、オーダーメイドドレスの制作を展開しています。
今回は、「着物地からのリメークドレス」をご紹介いたします。

 日頃 演奏会用のドレスを オーダー制作していますが 先生クラスのドレスになると 素材とデザインに、大変苦労をしています。 ドレス素材は若い年代層に合わせた生地生産になっている為、「結婚式」を中心に、ゲストを含め8割位がこのセレモニーに向かった生地作りをしているのが現状です。

 結婚式と言っても、70歳80歳代の方々に合うドレス生地は、また存在が薄い状態です。
なんとかしなきゃ、と考えました。

美露土では 7~8年前より 材料が豊富な「着物地からのリメークドレス」を考案し、手掛ています。

一時 着物地から洋服への展開がはやりましたが、着物の品格を落としてしまい、今は人気がありません。
今日では、着物地は、独自の個性的な、よさこいのステージ衣装にまで流れてしまいました。

これは遺憾!!
日本独自の技法、技術を(伝統は一夜にしてならず)維持しつつ、現代に展開しなければ と。

着物地は普段着でも、しっかりした品格があります。
ここのところを崩すと、文化の領域から外れてしまいます。
着物はしっかりした 文化なのです。
美露土は この底辺を押さえ挑戦し続けています。





上写真のドレスは お客様から持ち込まれた、羽織裏地をはめ込んだリメークドレスです。
表地は生地も十分にあり 難なくドレスに展開し、お納めしました。

「母の物で古い裏地ですから もうゴミにして捨ててください」............。

そんな事はできないなァー..............。

羽織の裏地は短く、必要外はハサミで落とされていたり、生地を生かす為に何度もパターンを作り変え、
ようやく写真のようなデザインに作り上げました。
裏生地は全部使い、胸部分のカーブのところだけ、生地をほんの少し落としました。
和柄模様が強く、色、柄を押えるのに、エンジパープルのオーガンジーを重ねています。

まあまあかな!と、お客様に納品しましたら、
「忘れていたあの生地から こんなドレスになったのですか」と大歓迎で、お母様(70歳代)のお嫁入り準備に、そのまたお母様が用意して下さった時のお話を、物語のようにお話頂いて.......。
 ・・・このような「思い出を語れる仕事」は大事なことと、感じています。


おしゃれメッセ2008 ショーでのリメイクドレス


今秋、 かなざわおしゃれメッセ2008 のショー(2008年10月18日、19日開催)に拝借しました。
プロデューサーの大場氏より、 「和と洋のバランスの良いドレスで ショーに大変良く映えています」
とのお言葉を頂きました。

美露土は、生地と柄を生かし、一点一点デザインを起こし、思い出が語れるドレス作りに挑戦しています。


◆リンク集

・リメークドレス、演奏会用ドレス、ウェディングドレス等、
 生地選び、デザイン、パターン、縫製、装飾に至るまで、一貫したオーダーメード。・・・オーダードレス美露土
  統一性があるので、肌触りが良く、軽くて、機能的な仕立てに定評があります。
・美露土(西村織物)の生地販売サイト。オーガンジーが豊富です・・・生地ショップあざみや
・オーダードレス美露土、デザイナー湯谷知子さんのブログ・・・デザイナー日記

 (財)石川県産業創出支援機構(ISICO)では、2008年10月3日より3回にわたり、お店ばたけネットショップブラッシュアップ講座【MovableType基礎】を開催し、意欲ある6名の方に受講いただきました。

 「ネットショップブラッシュアップ講座」は、受講者全員が実際にパソコンを操作しながら行う【技術講座】です。>>受講者募集ページ(参考)
 講師は、お店ばたけホームページドクターで、taskmother 代表の中野治美さんです。


【MovableType 基礎講座】全3回のテーマは以下です。
<第1回>MovableType 基礎講座~(1)CMSとしてのMovableType基礎を学ぼう
<第2回>MovableType 基礎講座~(2)具体的なページを作ってみよう
<第3回>MovableType 基礎講座~(3)効果的なカスタマイズをしよう


今回は、第2回の内容につきましてご報告申し上げます。

*****************************************************

【MovableType 基礎講座】
MovableType 基礎講座
 ~(2)具体的なページを作ってみよう

●日 時:平成20年 10月 9日(木)13:30~16:30
●内 容
5.ウェブページを作ってみよう
6.テンプレートの構成を理解しよう
7.商品ページを管理しやすく構築しよう~カスタムフィールドの利用
8.スタイルシート(CSS)を編集できるようにしよう
9.第3回講座の宿題


*****************************************************


第2回は、ネットショップに必要な、会社概要・特定商取引法・商品紹介・商品詳細のページを具体的に作成し、ネットショップ構築に活用できるMovableType(4.2)の機能について学びました

下写真は、第2回の受講風景です。
お店ばたけブラッシュアップ講座【MovableType基礎】第2回講座風景

今回は、
・「ウェブページ」と「ブログ記事」の違いと、お店ホームページへの活用方法
・テンプレートの構成について
・テンプレートの各部分を分割して管理する「テンプレートモジュール」と、
 更に細かな部品の集まりである「ウィジェットセット」について
・実際にテンプレートの中身を変更し、メニューのタイトル部分の変更や、
 フッタ部分の著作権表示を記入
・カスタムフィールドを使い、商品ページを管理しやすく構築する
・スタイルシート(CSS)を編集できるように変更する

と、盛りだくさんの内容で行いました。

受講者の皆様、お疲れ様でした。
講師の中野治美ドクター、有難うございました。


 次回「MovableType 基礎講座<第3回>効果的なカスタマイズをしよう」ご報告は、近日更新いたします。お待ち下さい。 

山里の味 『白山百膳』 がスタート

白山商工会・白山麓賑わい創出事業実行委員会は、白山の水をテーマとした食による観光誘客事業「白山百膳(はくさんひゃくぜん)」を開始しました。

白山百膳

日本三名山・白山には、そのきれいな水がもたらすおいしい水やお米、山菜、郷土料理など、様々な恵みがあります。白山商工会では、地元各店で地域の素材を活かしたオリジナルの品書き(御膳)を用意いただき、それらを「白山百膳」の名称で統一し、白山麓全体の誘客につとめていきます。

山のもんづくしの健康ごはん 白山百膳(はくさんひゃくぜん)

白山百膳 各店舗の健康ごはん

白山百膳 各店舗の健康ごはん


白山百膳の定義
・必ず白山の源流水(水)を使用し、白山麓の素材を活かした料理を含むこと
・通年で提供できるものであること(食材は季節ごとに変わっても構わない)
・白山麓で調理し、提供するものに限ること
・健康、長寿、ヘルシー、オリジナリティにこだわること
・ネーミングから内容がある程度イメージできるものであること
・商品名には必ず「○○膳」「□□膳」と膳の言葉をつけること

白山百膳の参加31店舗が地域色あふれる53膳をご用意しましたので、ぜひ白山麓にお越しください!! 

*白山百膳の本格的なホームページでの紹介は11月上旬を予定されています。


■お問い合わせ先
 白山市観光情報センター
 電話番号 076-273-4851
 FAX 076-273-4852


■白山の恵みを紹介するホームページ
白山の恵み

■白山商工会 白山麓えーとこねっと

 (財)石川県産業創出支援機構(ISICO)では、2008年10月3日より3回にわたり、お店ばたけネットショップブラッシュアップ講座【MovableType基礎】を開催し、意欲ある6名の方に受講いただきました。有難うございました。

 「ネットショップブラッシュアップ講座」は、受講者全員が実際にパソコンを操作しながら行う【技術講座】です。 >>受講者募集ページ(参考)


講師の中野治美さんホームページを自社で簡単に開設、更新できる。
WebアクセシビリティやSEO対策の要【「XHTML準拠」のページ】を自動的に作成できるなどのメリットが注目されるCMS「Movable Type」。

その最新バージョンである「Movable Type4.2」を使い、具体的にお店ホームページ作りを行いながら基本的な知識や操作を学びます。

講師は、お店ばたけホームページドクターで、taskmother 代表の中野治美さんです。


【MovableType 基礎講座】全3回のテーマは以下です。
<第1回>MovableType 基礎講座~(1)CMSとしてのMovableType基礎を学ぼう
<第2回>MovableType 基礎講座~(2)具体的なページを作ってみよう
<第3回>MovableType 基礎講座~(3)効果的なカスタマイズをしよう


今回は、第1回の内容につきましてご報告申し上げます。

*****************************************************

【MovableType 基礎講座】
MovableType 基礎講座
 ~(1)CMSとしてのMovableType基礎を学ぼう

●日 時:平成20年 10月 3日(金) 13:30~16:30
●内 容
0.インストール設定の確認
1.ショップ(サービス)のメニューを設定しよう
 (カテゴリとコンテンツメニュー)
2.ショップのコンテンツを作ろう
 (ブログ記事作成)
3.スタイルを選択しよう
4.第2回講座の宿題

*****************************************************


第1回は、受講者それぞれのサーバにあらかじめインストールしていただいた
「Movable Type」の管理画面にアクセスし、
初期設定の確認、ブログ記事の投稿、カテゴリ設定、画像のアップロード方法等を行いました。
また、第2回目までの宿題として、操作に慣れるため、画像のアップロードや記事の投稿を行っていただきました。

MovableType基礎講座の風景
上写真は、第1回の受講風景です。


パソコンを使った具体的な技術講座なので、受講人数は6人と少なめでしたが、
受講者の皆様に合わせた講座をすることができました。
受講者の皆様のレベルが高かったため、次回は予定に加え「CSSの変更でデザインを変える作業」も行うことになりました。

受講者の皆様、お疲れ様でした。
講師の中野治美ドクター、有難うございました。


 次回「MovableType 基礎講座<第2回>具体的なページを作ってみよう」ご報告は、近日更新いたします。お待ち下さい。 

(財)石川県産業創出支援機構「石川発!お店探訪記」金沢・加賀・能登 頑張るお店 では、石川県内の実店舗・ショップを訪問し、取扱商品の特徴・売れ筋、店づくりや店舗展開・経営方針、顧客サービスや今後の課題などを取材して、頑張っているお店の魅力を紹介していきます。

金沢・加賀・能登 頑張るお店 肉のいまえだ
河北潟ポークを看板に顧客本位の商いに邁進 肉のいまえだ

自らの手で飼料となる麦や大豆から育て、その飼料を中心に育てた豚肉を自店だけで販売する、100%商品に責任の持てる豚肉を販売している精肉店が、かほく市の宇野気駅前商店街にある「肉のいまえだ」である。
その自信作『河北潟ポーク』を看板商品に掲げ、地域に根ざした商いに邁進する今枝裕伸社長にお話を伺った。


●創業80年余の老舗
肉のいまえだ 店内
今枝社長の祖父は大工仕事をはじめとして様々なことをこなした器用人で、昭和初期に料理屋を開業したのが、食に関わる今日の商いの原点。その頃から養豚も手がけ始めていたという。
その後、2代目となる父が昭和44年に「肉のいまえだ」の旧店舗を構え、専門店として肉屋に専念することとなる。遡ること26年前、その父の後を継いだ裕伸氏が店の切り盛りを担当し、父が河北潟ポークの養豚に専念する形で今日に至っている。
「肉屋の商いは細く長く、利益は少ないが、地道にコツコツとやっていれば家族が食べていく分は何とかなるという思いでこれまでやってきましたが、BSE問題が起きた時は牛肉が全く売れなくなり、豚肉と鶏肉だけで、かなりきつかったです。」と当時を振り返る。
その後も後を絶たない食品偽装問題が相次いでいるが、「安全性にはずっとこだわってやってきていますが、お客様からすれば、どこでもそんなことをやっているのじゃないかという目で見られるだけに、なかなか大変です。」と唇を噛む。


●自家養豚の「河北潟ポーク」
河北潟ポークかほく市内の内日角(うちひすみ)地区に広さ1000坪あまりの自前の養豚場を所有し、200頭あまりの豚を飼育している。河北潟で自家栽培した麦と大豆を飼料として与え、身の締まりのいい豚を育てるべく邁進している。
「親父が一人で豚の世話をしているため、これ以上増やすことができず、量的には自店で販売する分を確保するのが精一杯なのが現状です。」と増産への思いを滲ませる。「河北潟ポークは生産量が少ないため、時期によっては店頭に商品がない場合もあるので、事前に問い合わせて欲しい」とのこと。
丹誠込めて育てた我が子同然の豚だけに、安全・安心という面では太鼓判を押せる商品である。そこまでこだわっている豚だけに「河北潟ポーク」をブランド豚として売り込むべく商標登録を申請するも、生産量が少なすぎて却下されたという。しかしながら、生産量が少ない稀少な豚の方が、消費者にとっては魅力的な食材でもあるわけで、そのあたりはPRの工夫次第でヒットする可能性があるのではないか。

同店の牛肉は、佐賀牛・能登和牛・上州和牛の3ブランドに絞って扱っている。なかでも社長の一押しは佐賀牛だ。生産量が多く、品質も安定し、価格も安定している。何よりも霜降りやサーロインのジューシーさは一度食べると癖になる美味しさとか。


●店頭販売のウエイトが拡大
河北潟ポーク
かつては、飲食店や給食関係の卸部門が店頭販売を大きく上回る商いをしていた同店だが、バブル崩壊後の長引く不況下にあって、駅前商店街にあった飲食関係の店が次々と廃業して半分以下となり、今では売上に占める比率が逆転し、店頭販売の売上が6割近くを占める。
平成17年に店舗を新築するまでは、日々の来店客数も少なく、先行きを不安視していたようだが、現在の店舗になってから来店客数は増加傾向で、順調に推移しているとのこと。 惣菜類の売上もなかなか好調のようで、コロッケ、トンカツ、唐揚げのほか、週1回木曜日の夕方限定で販売する肉団子は、販売開始から2時間で300本を売り尽くす人気ぶりだ。夕飯のおかずはもちろんのこと、学校帰りの高校生がおやつ替わりにコロッケを買って頬張る姿は昔も今も変わらない。


●お客様第一に徹す
和牛平成20年、イオンの大型ショッピングセンターが近隣にオープンする。「当分は影響を受けると覚悟していますが、その期間が3カ月なのか半年なのか、あるいは1年なのか、店頭はかなり暇になるだろう・・。」と予測する。
「環境はどうあれ、来店してくださるお客様を第一に、店売りの商いをしっかり守っていかなければなりません。」と自らに言い聞かせる。
このところの原材料高の影響で、豚肉と鶏肉の価格上昇が顕著だという。自前の河北潟ポークに食べさせる麦や大豆を育てる肥料の値上がり、配合飼料の値上がり、トラクターの燃料であるガソリンの高騰と三重苦である。こうした要因から小売価格が上昇するのはやむを得ない状況ではあるが、「当店の場合は、人を使わずに家族だけでやっているため、その分お客様に品質の良い肉を他店には真似のできない価格で提供しています。」とぎりぎりの努力を続けている点をアピール。


●お客様に喜んでもらうために・・・
休憩室兼焼肉コーナー「寒い時期に高校生たちが店の外で震えながらコロッケを食べている姿を見て、中に入って食べなさいと言えるような休憩スペースを作りたいと前々から思っていました。その思いをさらに発展させて、どうせ作るのならうちの商売にプラスになるように、新築するにあたって焼肉コーナーを併設しました。」と笑顔で語る。

店内の一角に設けられた休憩室兼焼肉コーナーは、肉だけ同店の商品を使うことを条件に、あとは野菜類、魚介類、アルコール等全て持ち込み自由で、燃料費等の実費だけをもらってスペースを提供している。このサービスはなかなか好評で、多い時期は毎週末に利用されているとのことで、店にとって新たな付加価値がプラスされた格好だ。


●お客様に美味しいものを提供する
今枝裕伸社長
何よりも自家養豚の河北潟ポークがあることは他店にない強みであり、この商品の肉質を高める努力を重ね、石川県を代表するブランド豚に育ててもらいたいものである。そのためにも、生産量の拡大と河北潟ポークを使用したウインナーなどの新たなオリジナル商品の開発が、ブランド化に向けての鍵を握ってくると思われる。
「お客様に美味しい肉を食べて喜んでいただきたいとの思いで、お客様に支えられ、これまで商いに専心してきました。これからもその気持ちを大切にして商いを続けていきたい。」と決意を新たにする今枝社長にとって、河北潟ポークをブランド豚に登録するという長年の夢が1日でも早く実現することを願って止まない。


インタビューを終えて・・・
家族経営だからできるリーズナブルな価格設定、アットホームな接客で、「いまえだへ行けば美味しい肉が買える」とお客様に思ってもらえる商いに徹する小売店の鏡とも言える店舗である。これからも家族が力を合わせて商いに邁進してもらいたい。

肉のいまえだ 外観

商 号 肉のいまえだ
住 所 かほく市宇野気り222-5
電話番号 (076)283-0047
創 業 昭和5年
営業時間 9時~20時
定休日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)


(財)石川県産業創出支援機構「石川発!お店探訪記」金沢・加賀・能登 頑張るお店 では、石川県内の実店舗・ショップを訪問し、取扱商品の特徴・売れ筋、店づくりや店舗展開・経営方針、顧客サービスや今後の課題などを取材して、頑張っているお店の魅力を紹介していきます。

金沢・加賀・能登 頑張るお店 リッチモント
美味しいケーキとパンづくりに父子で邁進 リッチモント

ロールケーキが美味しいと口コミで評判の店がかほく市内にあると聞き、早速伺ってみることにした。金沢から車を走らせかほく市内に入ると、かほく市役所の手前100メートルほどの右手にその店はあった。洒落た外観のケーキショップ「リッチモント」である。パン職人の父と共にケーキづくりに勤しむ2代目・南谷晃平氏にパティシエ魂を伺った。


●父の背中を見てこの道へ
リッチモント パン
父親が27年程前に、宇ノ気駅前の商店街の中で自家製パンとケーキを販売する店『リッチモント』を開店。父親の働く姿を子供の頃から眺めてきた晃平氏は、言われたわけではなく、自然とその後を継ぎたいと思うようになり、大学を出ると神戸の有名菓子店に修業に行く。
神戸でも人気の繁盛店で日々の仕事が次々とあり、苦労の連続だったようだ。

リッチモント パン
パティシエはマスコミ等で脚光を浴びる華やかな職業として人気が高い。そんな表面的な人気につられケーキ職人を夢見る若者の大部分は、実際の仕事がハードな肉体労働だけに、イメージしていたものとのギャップの大きさに半分以上が脱落していったという。
そんな厳しい修業の日々の合間を縫って練習を重ね、菓子コンテストに出場して優勝するなど、めきめきと頭角を現わし、4年半あまりの修業を経て家業を継ぐことに。


●新店舗で新たな出発
イートインスペース平成4年、駅前の商店街の中にあった店舗を現在地に移転し、平成15年、晃平氏が地元に戻ってくるのを機に、改装した。
「私の作るケーキは高級なものではなく、日々のおやつに食べていただく庶民的なケーキなので、店の雰囲気もできるだけ親しみやすく、シンプルで清潔感のある店にしたいと設計士さんにお願いし、木をふんだんに使いあたたかい雰囲気が醸し出されていると思います。」と店づくりへのこだわりを披瀝。

リッチモント 外観
その後、平成17年と18年に東京都洋菓子協会が主催する国内最大のジャパンケーキショーに出場し、並み居る全国からの競合を相手に、マジパン仕上げデコレーションケーキ部門において、2年連続銅賞を受賞。「自分のケーキ職人としての腕が認められたことは、私にとって大きな自信になっています。」と振り返る。


●ケーキづくりへのこだわり
チョコレートケーキ
ケーキづくりの工程で最も難しいのは、スポンジの生地を焼いたり、焼き菓子を焼く工程だ。生地の状態を見極め、最高の状態で仕上げるには熟練を要する。
また、ケーキの仕上げ工程で生クリームを生地にきれいに塗る作業や、上部の飾り付けもかなりの練習を重ねていかないと売り物になるケーキは作れないという。
看板商品であるロールケーキの生地は北海道産の小麦粉を100%使用し、砂糖だけでなく、三温糖やはちみつを使って味に食べ応えや変化を出しているとのこと。

抹茶と豆乳のデザート
秋限定ではあるが、地元かほく市産の栗「かほっくり」を使ったタルトも人気商品だ。
「かほく市内には、かほっくりの他、スイカやぶどうなどの特産品もあることから、地元の旬の食材を使っていますが、原材料費が高騰している折だけに、商品価格にあまり反映しすぎないよう、ケーキの大きさやデザインを変えることで、お客様に割高感を与えないよう工夫しています。」と、さまざまな努力を重ね、値上げ幅を最小限に留め、日々のおやつとして気軽に買ってもらえる価格帯を維持している。

食品偽装の問題が相次いでいるが、店としては仕入れ先の業者を信用するしかないのが現状で、信頼できるメーカーを選択するしかない。
「私ができることとしては、缶詰類は極力使わずにフレッシュなフルーツを使うこと。清掃をこまめにして店内の衛生管理を徹底することを日々心掛けています。」と力を込める。


●ロールケーキが看板商品
人気のロールケーキ
香林坊大和の地下食品売場において、週替わりでお店をローテーションする洋菓子フェスタコーナーが開催されている。そこで晃平氏がロールケーキを実演販売する機会があり、大盛況を博したとのこと。
「おかげさまでたくさんの方に買っていただき、その後かほく市の店まで買いに来て下さった方もいらっしゃいます。」と顔を綻ばす。「ロールケーキが評判になってきたおかげで、売上全体も伸びてきており、看板商品があるのとないのとでは雲泥の差があります。」と実感を込める。

店頭には、このロールケーキを含め常時20種類あまりのケーキがショーケースに並べられているが、ロールケーキとモンブランが人気を二分しているようだ。


●他にないオリジナルバースデーケーキも人気
バースデーケーキの写真お客様のリクエストに応え、ケーキの上にデコレーションを施したバースデーケーキも人気だ。ケーキに様々な絵を描いてくれる店はあるが、リッチモントの場合は、晃平氏のマジパン技術を駆使した立体的な造形で表現されているのが特徴だ。人気のキャラクターはもちろん、新幹線、車、飛行機、ロケットなどなど、子供たちの好きなものをケーキの上に立体的にデコレーションしてもらうことが可能で、まさに世界に1つしかないオリジナルのバースデーケーキができあがる。

バースデーケーキ
人気のキャラクターのどの部分を強調してインパクトを与えるか、そのセンスがなかなか素晴らしい。店内にこれまで手がけたバースデーケーキの写真が数多く飾ってあるが、これを眺めているだけでもワクワクし、ケーキを囲む家族の笑顔が見えてくるようだ。これをロールケーキに継ぐ看板商品としてPRすれば、きっと大ヒットするに違いない。
ケーキだけでなく、気温の下がる10月からはオリジナルの自家製ショコラの販売が始まるとのこと。どんな商品がショーケースを飾るのか、とても楽しみである。


●先ずは足元を固め次なる一歩へ
リッチモント 店内

「夢はいろいろありますが、まずはここで足元をしっかりと固めていきたい。そのうえで事業を拡大するチャンスに恵まれた場合でも、自分の目の届かない商売をしても意味がないと思っており、自分の目の届く範囲内の商いで、お客様に喜んでいただけることをいろいろとやっていくことができたらと思っています。」と堅実路線を宣言。
父はパンを焼き、息子はケーキをつくる、そんな父子の心地良い二人三脚の商いのこれからが楽しみである。


インタビューを終えて・・・
手に技術を持った職人の強みを痛感。32歳という若さだけに、この技術を十二分に発揮し、努力と研鑽を重ね、夢は大きく、着実に、実現に向けて邁進されることを願って止まない。

リッチモント 外観
商 号 リッチモント
住 所 かほく市宇野気ニ20-7
電話番号 (076)283-4678
創 業 昭和56年
営業時間 8時~20時
定休日 毎週火曜日


1  2  3

お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

お店ばたけ出店者ブログ 更新情報

  • ロフトベッド購入のお客様より
     from ひのきの香りに包まれて : 2017年8月26日 11:09 ロフトベッド無事届き、組み立ても完了しました。 ひのきの良い香りと、素人が組み立てても頑丈な作りで大変気に入っています。 子供達も大変喜んでいます。 他の...
  • ひのきカラーボックスのアレンジ商品 扉付 NO1706033
     from オーダー家具製作品のご紹介 事例集  : 2017年8月22日 16:57 ひのきカラーボックスに扉を付けた商品 コンセントコードがついているので テレビ台 もしくはオーディオ用の棚です   ひのきカラーボックス2段に ...
  • 野々市市総合防災訓練に出動です・千晴くんの一歳のお誕生会です
     from 林さんちの楽しい社長日記「あぐらぐち物語」 : 2017年8月20日 11:47  お天気が良いので休日出勤で稲刈りという案もありましたが却下です。  ここのところの雨でハナエチゼンの稲刈りが遅れているので休日出勤もあり得ましたが今日は...
>>最新15件がこちらでご覧になれます!

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する