「思い出が語れる 『着物地からのリメークドレス』」【週刊ウンチク】

着物地のリメークドレス
お店ばたけ 週刊ウンチク
第392回(2008.10.23)
「思い出が語れる
『着物地からのリメークドレス』」
提供:オーダードレス美露土 湯谷知子さん
 

◆美露土では、着物地からのリメークドレスを、70歳80歳代の方にも似合う、「品格のあるドレス」に仕上げます。デザイナーの湯谷知子さんのお話です。

◆思い出が語れる、着物地からのリメークドレス

オーダードレス 美露土(ビロード)、デザイナーの湯谷知子さん石川県能美市のオーダードレス 美露土(ビロード)、デザイナーの湯谷知子です。
美露土では、演奏用ドレスを中心に、オーダーメイドドレスの制作を展開しています。
今回は、「着物地からのリメークドレス」をご紹介いたします。

 日頃 演奏会用のドレスを オーダー制作していますが 先生クラスのドレスになると 素材とデザインに、大変苦労をしています。 ドレス素材は若い年代層に合わせた生地生産になっている為、「結婚式」を中心に、ゲストを含め8割位がこのセレモニーに向かった生地作りをしているのが現状です。

 結婚式と言っても、70歳80歳代の方々に合うドレス生地は、また存在が薄い状態です。
なんとかしなきゃ、と考えました。

美露土では 7~8年前より 材料が豊富な「着物地からのリメークドレス」を考案し、手掛ています。

一時 着物地から洋服への展開がはやりましたが、着物の品格を落としてしまい、今は人気がありません。
今日では、着物地は、独自の個性的な、よさこいのステージ衣装にまで流れてしまいました。

これは遺憾!!
日本独自の技法、技術を(伝統は一夜にしてならず)維持しつつ、現代に展開しなければ と。

着物地は普段着でも、しっかりした品格があります。
ここのところを崩すと、文化の領域から外れてしまいます。
着物はしっかりした 文化なのです。
美露土は この底辺を押さえ挑戦し続けています。





上写真のドレスは お客様から持ち込まれた、羽織裏地をはめ込んだリメークドレスです。
表地は生地も十分にあり 難なくドレスに展開し、お納めしました。

「母の物で古い裏地ですから もうゴミにして捨ててください」............。

そんな事はできないなァー..............。

羽織の裏地は短く、必要外はハサミで落とされていたり、生地を生かす為に何度もパターンを作り変え、
ようやく写真のようなデザインに作り上げました。
裏生地は全部使い、胸部分のカーブのところだけ、生地をほんの少し落としました。
和柄模様が強く、色、柄を押えるのに、エンジパープルのオーガンジーを重ねています。

まあまあかな!と、お客様に納品しましたら、
「忘れていたあの生地から こんなドレスになったのですか」と大歓迎で、お母様(70歳代)のお嫁入り準備に、そのまたお母様が用意して下さった時のお話を、物語のようにお話頂いて.......。
 ・・・このような「思い出を語れる仕事」は大事なことと、感じています。


おしゃれメッセ2008 ショーでのリメイクドレス


今秋、 かなざわおしゃれメッセ2008 のショー(2008年10月18日、19日開催)に拝借しました。
プロデューサーの大場氏より、 「和と洋のバランスの良いドレスで ショーに大変良く映えています」
とのお言葉を頂きました。

美露土は、生地と柄を生かし、一点一点デザインを起こし、思い出が語れるドレス作りに挑戦しています。


◆リンク集

・リメークドレス、演奏会用ドレス、ウェディングドレス等、
 生地選び、デザイン、パターン、縫製、装飾に至るまで、一貫したオーダーメード。・・・オーダードレス美露土
  統一性があるので、肌触りが良く、軽くて、機能的な仕立てに定評があります。
・美露土(西村織物)の生地販売サイト。オーガンジーが豊富です・・・生地ショップあざみや
・オーダードレス美露土、デザイナー湯谷知子さんのブログ・・・デザイナー日記


お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する