「商品撮影用照明を自作」【週刊ウンチク】

自作の撮影用照明

お店ばたけ 週刊ウンチク

第396回(2008.11.20)

「商品撮影用照明を自作」

提供:オモチャのとらや 伊藤よしのりさん



◆今回はネットショップお役立ち情報。商品撮影用照明の作り方を、オモチャのとらや伊藤さんがご紹介します。


◆商品撮影用照明を自作しました

よい照明を使えば、美しい商品写真が撮れます。

七尾市でおもちゃを販売する、 オモチャのとらや Web担当の伊藤能典です。

写真とは光を写しこむ事です。 真っ暗じゃ何も写りませんものね。

被写体に光を当て、その反射を映像として捕らえます。 だから、光・照明がとっても大切になります。

前回、撮影ボックスを製作したのですが、照明は、蛍光灯スタンドやクリップスタンドで代用しておりました。

しかし、あまり具合が良くないので今回、きちんと照明装置を作ることにしました。

 

上部・左右から光が当てられること。

点光源ではなく、広く面に光を当てたいので20Wの直管の蛍光灯を使用。

さて、これをどうやって取り付けようか?

そこで思いついたのが、洋服を吊り下げる「パイプハンガースタンド」です。

早速、ホームセンターへ買い出しに。

【材料】

・20W直管蛍光灯照明器具 × 3台

・配線コード(コンセントプラグ付きの器具へ差し込むだけのもの) × 3個

・スイッチ付きのテーブルタップ (これで個別に点灯できます) × 1個

・器具をパイプに取り付けるための、U字プレートとストレートプレートとネジ × 6組

・パイプハンガースタンド (高さと幅を調整できるもの) × 1台

以上、15,000円くらいの買い物でした。

照明器具を、プレートでパイプに固定。

早速、組み立てへ

パイプハンガースタンドを組み立て、照明器具に配線コードを差込、プレートで照明器具をパイプに固定(左写真)。およそ1時間の作業でした。

テスト撮影へ、なかなかGoodです。

 

でも、リフレクターが無いので光の芯が強すぎるかな。

改善せねば、100円ショップへGoGo!

【追加の材料】

・銀色のアルミシート

・半透明のボード

・黒色のボード

・その他、撮影に使えそうなもの色々



リフレクターは要改善でした。とりあえず、銀色のアルミシートをハンガーではさんで、蛍光灯の裏側に吊るしました。 これは改善の余地あり、時間ができたら、きちんとリフレクターを作りたいと思います。

 

黒色ボードは、真ん中にカメラのレンズくらいの穴を開け、正面の映り込みを予防。

また、下からの映り込みを防ぐために商品の下に敷いたりして大活躍。

私のところでは大型商品は無いので、20Wの蛍光灯にしましたが、40Wの蛍光灯にすれば洋服などの大型商品にも対応できると思います。 キャスターが付いているので移動にも便利です。

(恐れ入りますが、上記を参考に自作の際は、自己責任で作業されてください。)



【自作照明(リフレクター無し)】

完成した自作照明(リフレクター無し)

◆リンク集

お宝コレクションから 生まれたてのオモチャまで コレクション探しのお手伝い

 ・・・「オモチャのとらや Web通販

入荷情報を随時発信。気に入ったオモチャを、ブログ内で即購入・・・「オモチャのとらやWeb通販blog