2008年12月アーカイブ

(財)石川県産業創出支援機構「石川発!お店探訪記」金沢・加賀・能登 頑張るお店 では、石川県内の実店舗・ショップを訪問し、取扱商品の特徴・売れ筋、店づくりや店舗展開・経営方針、顧客サービスや今後の課題などを取材して、頑張っているお店の魅力を紹介していきます。

金沢・加賀・能登 頑張るお店 おむすび美人!

カルゲン米の美味しさを多くの人に伝播 おむすび美人!

遡ること30年前から、カルゲン(カルシウム肥料)の魅力に取り憑かれた杭田忠三社長が、生きた土作りからこだわり、ミネラル豊富で美味しいお米が育つカルゲン農法の確立に長年汗を流してきた。からだに良く、美味しいカルゲン米とカルゲン農法で育った昔ながらの野菜の美味しさを多くの人に知ってもらいたいと、そのアンテナショップとして平成18年5月、金沢市内におむすびを販売する「おむすび美人!」を開店した。

● からだに良くて美味しいカルゲン米の普及
石川県産カルゲン米コシヒカリ
カルゲンとは、太古の昔、海水中の石膏分(カルシウムと硫黄)が沈殿凝固して鉱石となり、地表や地層で層をなしているもので、これを原料に植物の肥料(ミネラル・栄養)と土壌改良剤として用いることで、生命エネルギーを持った土づくりができるというもの。その生きた土で育てられたカルゲン米はミネラルなどの栄養素が豊富に含まれ、消化吸収の良い安全で健康にいい食養生できるお米なのだ。現実にその農法で育てたカルゲン米と野菜を食べ続けている杭田氏は健康そのもので、とても84歳とは思えない若々しさとバイタリティーの持ち主で、自らその健康効果を実証している。このカルゲン米の美味しさを普及させたい、その熱い思いから行動させ、この「おむすび美人!」を開店することとなった。

● 体に良いおむすびを体に良い店で提供する
おむすび美人 店内
宣伝広告費にお金をかけるよりも、目立つ立地で店舗をオープンすれば、前を通りかかった車が自然と立ち寄ってくれるだろうと考え、現在地を購入した。

店づくりにあたっては、おむすび屋らしい和風建築はもちろんのこと、健康にいい商品を扱うだけでなく、来店されたお客様に環境面でも快適な店にしたいと考え、床下には炭とセラミックスを敷きつめるという念の入れようだ。店内の柱や壁の木材には国産の檜を使うなど、内装材の塗料や接着剤に対するアレルギーのある人でも心地良くいられる空間づくりに配慮している。そのため、常識を逸脱したコストがかかっているようで、「おむすび屋をやるのに土地と建物で私のような投資をするのは気違い沙汰だと笑われるかもしれないが、どうせやるのなら中身も器もいいものにしたかった。」と苦笑する。

おむすび美人 店内
店舗のPRについては、開店前のパート募集チラシとオープン後に3回程チラシを配った程度。「マスコミの方々が面白い店ができたと取材してくださり、随分お世話になりました。やってみて分かったのは、店の前を偶然通りかかった車が、こんな所にこんな店があるんだという感じで、飛び入りのお客さんが多いことで、やはりこの場所を選んで正解だったと思っています。そして、何より嬉しかったのは、『はまったうまさ』と常連客の口コミでお客様が増えたことです。」と顔を綻ばす。

● 朝ご飯を食べてもらいたくて
カルゲン米を販売
早朝開店最近は、朝ご飯を食べずに出社する、あるいは学校に行く人たちが多いことから、健康のためにも朝ご飯を食べてもらいたいとの思いで、早朝7時に開店し、昼食の時間帯を過ぎて午後3時に閉店する営業形態を取っている。昼食時間帯には、店頭に行列ができるほどの賑わいぶりで、土・日・祝日には平日の倍以上を売り上げる。

カルゲン農法で栽培した野菜を販売
来店する客層は、学生、ビジネスマン、OL、主婦、子供からお年寄りまで幅広く、女性客の比率が6割強という現状だ。おむすびはもちろんのこと、店先で籠に入れて販売されているカルゲン農法で栽培されたネギ、白菜、大根などの野菜を買い求める主婦の姿も目につく。 店の一角にはカルゲン米の販売コーナーが設けてあり、1日に100kgを販売する日もあるという。「とにかく一度食べていただくと、皆さんカルゲン米の美味しさにはまり、リピーターになっていただいています。」と胸を張る。

● 約20種類のおむすびメニュー
おむすびメニュー
店内に一歩足を踏み入れると、おむすびに入る具材をイラストで表現したパネルが掲げられたオープンカウンターが迎えてくれる。持ち帰り用と店内用に分けられた注文書に列記されたメニューの中から自分の食べたいおむすびに印をつけ、個数を書き込んでカウンターに出すと、その注文を受けてからパートのお母さんたちが1つ1つ握り始める。「ベテランの主婦でも1時間に握れる個数は200個が精一杯のため、手握りにこだわってやりたいと当初は考えていましたが、繁忙時間帯は対応しきれなくなることから、いろいろな機械を試した中で、これならばという限りなく手握りに近い握り方ができるものが見つかり、テイクアウト用は1時間に1000個握ることができるこの機械で対応しています。」とのこと。

おむすびのメニューは、一番人気の鮭ハラス180円、二番人気の焼きたらこ200円、三番人気の梅160円、その他に天むす250円、いくらハラス250円、いくら230円、かつお150円、ツナマヨ140円、銀シャリ100円など約20種類と豊富だ。おむすびのごはんは白米と玄米が選べるようになっているが、コンスタントに全体の3割の人が玄米を選択するという。普通の玄米に比べてカルゲンの玄米は格段に甘みと旨みがあり、一度食べると病み付きになると太鼓判を押す。

定食
イートインコーナーで食べる際、おにぎり+αのおかずとして用意されているセットメニューに使われている野菜類も出来る限り、カルゲン農法で栽培されたものを使っている。元気印セット(おかずのみ)串カツ、豚汁、漬物、小鉢が付いて300円、健康印セット(おかずのみ)サラダ、デザート、漬物、小鉢が付いて300円と破格の安さで提供されている。自分の好きなおにぎり2~3個とこのセットメニューを注文する人が多い。

● 石の上にも3年を目標に
総菜が並ぶ

「この店を始めるにあたって、当初3年間の赤字は覚悟し、それ以上続くようならやめることも考えていましたが、開店から1年半あまりが経過してようやく順調に売上、来店客数が推移してきており、この調子で伸びてくれれば、何とか軌道に乗せることができるのではないか・・。」とまだまだシビアに自己採点する。

杭田忠三社長
どんなに体に良い農法で、どんなに美味しいお米を作っても、そういうお米があることを周知しないことには消費者は分からないのが現実。その意味で、杭田氏がおむすび屋を開店し、とにかく食べてもらって、美味しさを分かってもらおうと決断した「おむすび美人!」の取り組みは着実に実を結んできているようだ。健康に良いカルゲン米を食べて、からだの中から健康美人になってもらいたいとの願いを込めて命名した「おむすび美人!」が、一日の食生活に欠かせない存在になっているお客さんが日に日に増えることを願ってやまない。


インタビューを終えて・・・
商いも事業も経営者の情熱がお客の心を掴む。正に、それを実践している杭田氏のバイタリティーに圧倒された。84歳とはとても思えない身軽なフットワークで、カルゲン米の効能を自らのからだで実証する宣伝マンとして、益々お元気で長生きしていただきたい。

おむすび美人! 外観
商 号 (有)おむすび美人
住 所 金沢市八日市出町922
電話番号 (076)240-3222
創 業 平成18年5月
営業時間 7時~15時
定休日 毎週火曜日

カラーオーシャン 代表(店長) 道海勉さん


奥の深い引き出しのついた食器棚カラーオーシャンは白山市で、組み立て式オーダー家具専門店(ネットショップ)のLide「リーデ」を運営されています。
オーダー家具を幅だけでなく、奥行き、高さまでを1mm単位で作成。
既存の家具屋さんやホームセンターにはない「ぴったりサイズ」の家具をお創りしています。しかもパソコン上で手軽に簡単見積もりができ、価格もお手ごろなので安心してご注文いただけます。

今回は、代表(店長) 道海勉さんにお話を伺いました。


食器棚上置き家具食器棚上置き家具
食器棚の上の空間を上手に利用し、オーダー棚を作って、すっきりと収納!


リビングの大型整理棚リビングの大型整理棚
天井までピッタリのオーダー家具を設置。お部屋が片付きますよ。


74-3TVdai.jpgピッタリサイズの大型テレビ台。両ドア付で、中にはDVDなどを収納することができます。


本棚上のスッキリ整理棚本棚上のスッキリ整理棚
ごちゃごちゃが一気に片付き、スッキリ収納。 地震対策にもなりました。


洗面所、脱衣所のたっぷり収納棚洗面所、脱衣所のたっぷり収納棚
洗面所に関する備品が一挙に片付きました。


下駄箱(上置き下駄箱)・上置きシューズボックス下駄箱(上置き下駄箱)・上置きシューズボックス
天井までの高さにすることで、地震対策に。上空間を最大限に利用した、収納力のある下駄箱です。


収納力をアップする「吊り棚」収納力をアップする「吊り棚」
書斎、個室、オフィス、事務所にオーダーの吊り棚を。増えすぎた物を上手に整理できる収納棚です。

オーダーワゴン・業務用ワゴンオーダーワゴン・業務用ワゴン
移動しやすいキャスターが付いていて、使い勝手のいいオーダーワゴンです。


床置きでセットするパソコンデスク床置きでセットするパソコンデスク
条件に合って、自分の部屋にジャストフィットするパソコンデスクはなかなか見つからないものです。お客様のわがままを、すべて解決したパソコンデスクです。


■ネットショップをはじめたきっかけ
Q.ネットショップをはじめたきっかけは?

家具を設置したいという要望の一番大事な要素に、サイズがあります。設置したい場所や、その隙間にピッタリ合う家具を既存の家具屋さんやホームセンターなどを回って探しますが、幅が合っても、奥行き、高さがなかなか合いません。また自分で作ろうと思っても、材料費が掛かったり、工具や、技術的な問題で、結局は上手く作れない。などいろいろと問題点があります。
もともと自分で家具を製作することが好きで趣味感覚で、棚などを作っていたので、悩みを抱える皆さんの気持ちはよくわかります。
そこで、私が収納で困っている方に、これまでの経験を生かして、ぴったりサイズのオーダー家具をネットを通して提供しようと思ったのです。
ネットショップを始めるにあたり、ネットでオーダー家具のお店をいろいろと検索してみましたが、幅、奥行き、高さまでを1mm単位のフルオーダーで作成してくれるお店はありませんでしたし、配達のエリアが限られていたりします。そして、「お問い合わせください。」だけで、お客様が知りたいことがほとんど書かれていないことに気付きました。
それらを踏まえ、組み立て式家具専門店・Lide(リーデ)では、幅、奥行き、高さまでを1mm単位のフルオーダーで、組み立て式家具の販売を行うことにしました。また、オーダー家具と聞くと、金額が高いというイメージがあり、手軽に頼めない方が多いと思ったので、自動見積をつけました。
そして、お客様が知りたいと思っていることを1つ1つお問い合わせいただかなくても済むように、収納や取り付けのことなどを事細かく掲載しました。


■ネットショップを開設して
Q.ネットショップを開設して

去年(平成19年)の11月にホームページを公開しました。ホームページは全て自分で作成し、運営しています。外注すると思うようにページを変更したり出来ないと思い、全て自分の手でやろうと本を読んだり、お店ばたけのセミナーに参加したり、お店ばたけの専門家派遣を利用したり、また福井県で行われている技術的なセミナーに参加したりと、日々、勉強しています。

そして、今年(平成20年)の11月に念願だった お店ばたけに出店することが出来ました。出店後はアクセス数が増えました。


■最近の出来事と取り組み
Q.最近の出来事と取り組みについて教えてください。

まだ、注文にはムラがありますが、1日数件のペースで注文が来ればいいなと思っています。とりあえずの目標ですね。又、リピートしていただけるお客様もいらっしゃるので、それが励みになります。
ほどんどのお客様はネット上で注文され、注文メールが届いた後に自動返信メールがお客様に届くようになっていますが、注文内容の確認も兼ねて、お客様との会話を大切にしたいと思っており、必ず電話をするようにしています。

お客様は関東や関西の方が多く、一般の方が7割で、食器棚、下駄箱、本棚など主婦の方の注文が多いですね。女性の方でも簡単に組み立てができると好評です。
その他は、ホテルの方から下駄箱をまとめてご注文いただいたり、ネイルアートのお店の方からは机を3台ご注文いただきました。
お客様からは注文した家具がピッタリ収まり、とても嬉しいです。というお声をよくいただき、こちらとしても喜んでいただけてよかったと、嬉しく思います。


■これからの夢や展望
Q.夢や、これから行っていきたいことは?

現在はお客様が県外の方ばかりなので、石川県内や地元のお客様にも知っていただくために、 実際に家具をご覧いただける展示場をつくることも考えています。
ちょっと変わった一ひねりしたデザイン家具や、一般家庭用だけでなく業務用の家具、そして吊り棚オーダー家具の展開など、これからもいろいろと提案し、ホームページを更新していきたいと思っています。

ホームページのページ数は200ページとまだ少ないので、目標300ページを目指して、日々ページを増やし、更にホームページを充実させていきたいです。


■インタビューを終えて・・・

収納にお困りの方で、ピッタリの隙間家具をほしいと思っている方は多いと思います。 幅だけでなく、奥行き、高さまでを1mm単位で作成してくれて、女性にも簡単に組み立てができる組み立て式家具。お客様の思い通りのピッタリ家具ができるので、ぜひ、石川県内の方にもLide(リーデ)を知ってほしいなと思いました。(お店ばたけ事務局)


Lide「リーデ」 のオーダー家具をつくっている工場店 名 組立て式家具専門店・Lide「リーデ」
会社名 カラーオーシャン
代 表 道海 勉
所在地 〒924-0072
石川県白山市千代野西2丁目9-10(lide-kagu@l-kagu.com
お店URL http://www.l-kagu.com
ブログURL 「オーダー家具のあしあと工房」
http://www.l-kagu.com/asiato/

(財)石川県産業創出支援機構「石川発!お店探訪記」金沢・加賀・能登 頑張るお店 では、石川県内の実店舗・ショップを訪問し、取扱商品の特徴・売れ筋、店づくりや店舗展開・経営方針、顧客サービスや今後の課題などを取材して、頑張っているお店の魅力を紹介していきます。

金沢・加賀・能登 頑張るお店 ふる里の味 すみげん

ふる里の伝統の味一筋に150年余 ふる里の味 すみげん

北前船が日本海を往来していた時代から、海産物・珍味を扱い、本物の味を150年の長きにわたって守り続けている老舗が、小松市三日市商店街に店舗を構えるすみげんである。時代が変わり、人々の嗜好が変化しても、根強い人気の珍味の数々を代々商いとし、空き店舗が点在する商店街の中で一際活気溢れる店を営む5代目の角谷治男さん、ご子息で6代目の角谷亮さんにお話を伺った。


● こだわりの珍味が所狭しと並ぶ
すみげん 店内
地元の人たちの食卓に並ぶ食品を扱う商いであるからには、消費者に対して誠実であることは当然のこととして代々受け継がれてきているだけに、昨今の食品偽装などは論外で、「地元のお客様に感謝しながら商いをさせていただく気持ちを忘れてはいけないと日々自らに言い聞かせています。」と安心・安全な食品を提供することを第一に掲げる。
店頭には、えいひれ、ふぐの糠漬、丸干しいか、塩ふぐ、塩ウニ等々酒の肴としてお馴染みの乾物や珍味が所狭しと並べられている。

すみげんの乾物や珍味
冬場の人気商品であるかぶら寿司は、本来青かぶらを使用するが、同店の場合は、県外からの注文が多いため、臭いが強く癖のある青かぶらではなく、千枚漬け等に使用される癖のない白かぶらを使っているのが特徴だ。初めて食べる人でもあまり抵抗無く食べられることから、お客様から好評を得ている。
「昔から金沢で食べられている青かぶらを使ったかぶら寿司を食べ慣れた方には逆に物足りなく感じられるかもしれませんが、全国のお客様のニーズを考えたすみげん流の差別化です。」と治男社長。

● 亮さんが独学でホームページを運営
すみげん ホームページ
家業を継ぐ際、父である治男社長からの第一声は「ホームページをやってくれだった。」と亮さんは振り返る。その分野はもちろん素人で、何の知識もなかったが、ホームページ製作ソフトを購入したのを手始めに、以後、独学で今日のものができるまでに習熟したという。
同店のホームページを見てまず驚くのは、過去10年間に5万人もの顧客に通販をしているということだ。その大部分は県外からの注文で、しかもリピーターの比率が年々高まってきている。その要因として、珍味類の品揃えの豊富さがまず挙げられる。さらに、通販を利用する顧客の立場になった様々な心憎いサービスもネット販売の伸びにつながっている。

熨斗や包装紙、紙袋などをサービスするというのは、どこの店でもやっていることだが、珍味の場合は生鮮食品と同様のため、特に夏場のクール便発送は不可欠である。クール便を利用する場合、通常の宅配料にプラスされるクール代を同店が負担している。これは新規の顧客をいかにして掴むか、その一つの方策として亮さんが考えたホームページ限定のサービス。「大手のショッピングモールに参加する際の手数料や卸販売のマージンのことを考えると、お客様に直接還元した方がいいと考えています。」と治男社長も顧客満足度を強調する。たしかに数百円のことではあるが、お客様からすると非常にありがたいサービスであり、その分もう1品購入しようかという気にもさせる。

すみげん 糠漬け
また、何種類かの珍味を少量ずつ組み合わせ、割安な価格設定をしたお試しパックも人気だ。そうした工夫も相まって年間の平均客単価は4,000~5,000円、中元や歳暮の時期は1万円を越えることも。購入金額によっては、珍味等の小袋をおまけとして同封し発送している。そのサービスが奏功し、「おまけの珍味が美味しかったから、今度はあれを送って欲しいという注文も舞い込みます。」と顔を綻ばす。とはいえ、売上的には店頭販売が圧倒的に多く、通販の比率はまだ1割弱とのこと。「今後さらにこの比率を伸ばすべく、様々な工夫を採り入れていきたい。」と意欲的だ。

すみげん珍味
珍味の美味しい食べ方、新しい食べ方を提案していくことも大切な仕事と捉えており、その意味でもホームページを活用している。

● 九谷焼ともコラボレーション
九谷焼を販売
同店のホームページでは、食品の他、九谷焼の小鉢やお皿を販売している。その理由を亮さんに伺うと、「たまたま私の知人に九谷焼の窯元があり、伝統食を扱っているすみげんとして、伝統食と伝統工芸品を一緒にお客様にお勧めできないかとの発想からスタートしたもので、中元や歳暮の時期にはオリジナルのセットを数量限定で販売しています。」とコラボレーションにも積極的に取り組んでいる。

すみげん 贈答品
「同様に、頑固親父のお米も、注文が入ってから契約農家で精米し発送しています。」と亮さんが話すと、「来店されるお客様の年齢層はどうしても高めになってしまいますが、ホームページを開設していることで、若い層の新しいお客様が増えてきているのは嬉しい現象です。」と治男社長が後押しする。さらには、ブログを通して全国から『こんな風にやったらもっとおもしろいのではないか』といったアドバイスが届けられたり、中には各地の特産物を好意で送ってきてくれるお客様もいるという。

● 新しい時代に向けて
佃煮の量り売り
「この商売は不況に強いと言われていたが、昨今の不景気の影響は顕著で、とりわけ贈答品関係は、単価が落ちたり、個数が減ったりと目に見えて消費者の財布の紐が堅くなってきています。中元はやめて歳暮だけにするといった動きも見られ、景気低迷の影響は顕著に表れてきています。しかも、今の時代は変化が激しく、あまりにこだわってばかりいると時代に取り残されてしまうような部分もあることから、柔軟な発想で物事に取り組んでもらえればいいと思っています。ただ、伝統的に受け継がれてきている食品をなくすようなことがあってはいけないという意識だけは忘れずにしっかりと持った上で取り組んでいってもらいたい。」と子息へエールを送る。

すみげん ギャラリー
「これからの時代は会社を大きくしていくことはなかなか難しく、確実に、着実に一歩一歩前進していってくれればいいと思っています。」との父の言葉を受け、「老舗だからといってずっと同じ事だけやっていたのではいつかは行き詰まると思います。その意味で、今はビジョンを描きにくい時期ではありますが、インターネットを介してできたたくさんの仲間と情報交換する中から、面白いアイデアが出た時には、挑戦してみたいと思っています。」と亮さんは堅実な中にも内に秘めた闘志を垣間見せる。

インタビューを終えて・・・
全盛期38店舗あった三日市商店街の営業店舗は、現在は15店舗に激減し、商店街は閑散として寂しい状況だ。そんな中で、代々受け継がれてきた商いを父がしっかりと受け継ぎ繁盛させている姿を見て、子息が後を継いでいる稀少な繁盛店である。店まで足を運んでもらうことが難しい時代になってきているだけに、インターネットを介した通販がその部分をうまくカバーし、小粒でもピリリと辛い個性的な商いを確立している。


ふる里の味 すみげん 外観
商 号 (有)ふる里の味 すみげん
住 所 小松市三日市町9番地
電話番号 (0761)22-4214
創 業 嘉永年間
定休日 毎週水曜日
営業時間 9:30~19:00
URL http://www.sumigen.co.jp/


(財)石川県産業創出支援機構「石川発!お店探訪記」金沢・加賀・能登 頑張るお店 では、石川県内の実店舗・ショップを訪問し、取扱商品の特徴・売れ筋、店づくりや店舗展開・経営方針、顧客サービスや今後の課題などを取材して、頑張っているお店の魅力を紹介していきます。

金沢・加賀・能登 頑張るお店 伊藤ふとん店

お客様とのコミュニケーションが商いの要 伊藤ふとん店

かつては通りを往来する人で賑わった小松市サンプラザ中央通り商店街だが、今は各地の商店街がそうであるようにシャッターが降りた空き店舗が目立つ寂しい光景が時代の変化を象徴している。そんな中で、来店客を待つのではなく、自ら得意先を廻る昔ながらの御用聞き商いで、創業以来113年余り、3代目として伊藤ふとん店を守る伊藤誠一・裕江ご夫妻に商いの秘訣を伝授願った。


● 綿屋からふとん屋へ
伊藤ふとん店 木綿布団
明治43年、初代が明治43年に伊藤綿店という店名で綿屋を現在地で始めたのが前身である。現在のようなふとん店になったのは昭和43年頃のこと。昔は布団の中に入っている綿の打ち直しはもちろんのこと、各家庭でお母さんが家族の布団を作るのが当たり前の時代だったため、綿が飛ぶように売れたという。

手作りの座布団
誠一氏は学校を卒業すると京都のふとん店に4年間修業に行き、父親の後を継ぐ。店を手伝い始めた昭和40年代は、ふとん店にとって最も良い時代で、とりわけ敷布団の下に敷くマットレスが面白いように売れた。その頃は大型店もなく、商店街にはすれ違う人とぶつかるぐらいにたくさんの人が訪れ、「ほんとうにのんびりと商いができるいい時代で、営業しなくてもお客さんが来店され売上があがった。今思うと嘘のような話ですが、ほんとうにいい時代だった。」と述懐する。

● 口コミこそが商いの武器
オーダーのこたつ布団
現在のお得意先はお年寄りが多く、大型店ではなく同店へ足を運んでもらえるが、若い人は皆無になってきているのが実情だ。
「そうしたお年寄りもだんだんと家から出られなくなってきていることから、電話をいただくと商品を車に積んで訪問しています。いろんなお話をしながら商品をお見せしていると、そこへご近所の方が来られて話に花が咲き、『このこたつ布団はどこで買ったの』というような話になり、『これは別注で作ってもらったんや』『どこのお店で作ってもらったん』『伊藤ふとん店や』と当店の名前を言ってもらうと、『あら、それじゃ私もお願いするわ』と口コミで商いの輪が広がっていくのです。

座布団
こうした人との出会い、つながりが商いの面でとてもプラスになっています。」と裕江さんは顔を綻ばす。

● 布団を長く使ってもらうために
ふとん作り直しセールのDM
春から夏にかけて、冬の布団を片づける時期をめがけて、仕立て直し、打ち直しセールのDMを発送している。その期間に電話いただいたお客さんのお宅を訪問し、打ち直しする布団を引き取ってきてリフォームする。「綿は手入れ次第ですごく長く持つことを年配の方は分かっているが、若い人は布団は古くなったら捨てるものだと思っている。外側の生地を取り替え、綿も打ち直せば新品同様になること、背が伸びればロングサイズにもなるといったことを教えてあげたい。」と裕江さんは力を込める。

敷き布団の体験コーナー
敷布団はからだを乗せる一番大事な布団で、最近は健康ふとんがいろいろと出ていることから、実際に寝てみてもらえるよう体験コーナーを店頭に設置してある。布団同様に枕一つにしても肩こりがひどいとか、病院に行っても直らないといった人には、いろんな枕を実際に試してもらい、その人に合った枕を勧めることにも力を入れている。
お年寄りになると、体力が無くなり重い布団を干すのは大変な重労働になることから、敷布団を薄手のもの二枚に分けることを提案したり、痒いところに手が届くではないが、その人その人に相応しい布団ライフを親身になって提案している。まさに専門店ならではである。

● オーダーとリフォームを柱に
こたつ布団 生地
近年、椅子に座って入るコタツが流行り始めており、特大サイズのコタツ布団の注文がかなり入ってくるという。加工するのも大変だが、こうした量販店にできない小回りの利く対応こそが、専門店の強みに他ならない。「そうしたこだわりのお客さんが増えてきています。」と嬉しそうに誠一氏は話す。特にコタツ布団は寝具と異なり人目に付く場所で使うものだけに、ある意味同店にとっての宣伝効果もあるわけだ。そのためオーダー用生地の品揃えを豊富にし、他にはない商品を提供できることをアピールする。

様々な模様の生地
店頭販売が売上の4割、残りの6割が布団の打ち直しと布団の仕立て、いわゆるリフォームとオーダーである。世の中は羽毛布団が主流ではあるが、木綿の布団じゃないと眠れないという根強いファンが意外と多いのだという。ある程度の重みが布団にないと眠れないというこだわりのお客さんからの注文が多く、仕立て部門は混雑している状況だ。ご主人が綿入れを担当し、縫製と仕上げを奥さんが担当するという二人三脚の商いで、加工も仕立ても自分たちの手で真心込めてやっていることをお客さんに強くアピールしている。

それは布団だけに留まらず、例えばお見舞いにパジャマをプレゼントしたいが、小柄でサイズがない場合などはズボンの長け直しなどにも対応している。奥さんの洋裁の腕が見込まれ、洋服のサイズ直しやリフォームも引き受けており、これも口コミで依頼が増えている。

● 健康にいい寝具を提供する
伊藤裕江さん
最近はアトピーに代表されるアレルギーの人が増えてきている。若い人たちはほとんどが羽毛布団を使っているが、羽毛布団は動物性のものが中に入っていることから臭いがしてあまり勧めたくないという。しかも使用しているうちに中の羽根が外へ出ようとすることから、埃の出にくいアレルギーの人向けの布団として、コンフォレル綿というアメリカ製のつぶ状の綿が中に入っている特注布団を販売している。これは、木綿だけど使い心地は羽毛布団のように軽く、しかも埃が出にくいよう加工されている。これなら子供でも大人でもアレルギーのある人にも問題なく使ってもらえる。「こんないい布団があることを若い人たちに教えてあげたい。睡眠は人間の健康にとってとても大切なことで、寝不足すると食欲が減退し、病気にもなるし、勉強もできないし、いい仕事もできないです。」と裕江さんは力説する。

● 若い人に正しい知識を伝えたい
伊藤ふとん店 暖簾
2年ほど前から、近くの中学校の生徒たちが商店に来て勉強する体験学習が始まり、同店も毎年女子生徒を2人受け入れている。「彼女たちが布団についていろんなことを質問してくるので、学校では学べないことを教えてあげると、活き活きとした顔になるんですよ。学校へ行って子供たちの前で布団について講義したいぐらいの気持ちです。」と顔を綻ばす。

「いい眠りをお客様にいかに提供するか、人生の3分の1は寝ているだけに、もっと眠りに気を配り、いい寝具を使ってもらいたい。お客様との出会いを大切にし、自分の存在をアピールすることが、何よりの宣伝効果かなぁ・・」と益々意欲的なご夫妻である。

インタビューを終えて・・・
お客様を大事にする。この一語に尽きるのではないか。小さな店だからできることを最大限に行い、お客様の話し相手になることも大切な仕事と認識し、御用聞き精神で顧客の心を掴んでいる。

伊藤ふとん店 外観
商 号 伊藤ふとん店
住 所 小松市竜助町141
電話・FAX番号 (0761)22-4634
創 業 明治43年
定休日 毎週水曜日
営業時間 9時~20時


(財)石川県産業創出支援機構(ISICO)における年末年始のご案内

2008年もあと僅かとなりました。
来年が、頑張る皆様にとって、すばらしい年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
(財)石川県産業創出支援機構(ISICO)お店ばたけでは、引き続きネットショップ運営者を応援し、情報を発信して参りたいと思いますので、
変わらずご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。


さて、(財)石川県産業創出支援機構(ISICO)における年末年始のご案内です。

【ISICOの通常業務】は、
12月27日(土)~1月4日(日)は、休業とさせていただきますが、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
経営・下請相談窓口(「中小企業特別相談窓口」「下請かけこみ寺」)は、
12月30日(火)まで、土・日・祝日も開館しております。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
また、12月26日(金)、1月5日(月)の開館時間は 8:30~17:15まで、
1月6日(火)からは、通常どおり8:30~19:30まで開館いたします。

「コーヒーリキュールの作り方」【週刊ウンチク】

コーヒー好きに嬉しいお酒、コーヒーリキュールの作り方お店ばたけ 週刊ウンチク
第401回(2008.12.25)
「コーヒーリキュールの作り方」
提供:キャラバンサライ 江幡光生さん

(キャラバンサライ様は、2015年4月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)


コーヒーリキュールは「カルーア」が有名ですが、自家製のものを作ってみませんか?キャラバンサライの江幡さんがレシピをご紹介します。

◆自家製コーヒーリキュールはいかが?

弊社(コーヒー豆専門店キャラバンサライ)の冷蔵庫にはこんな物が入っています。

自家製のコーヒーリキュールは簡単に作れます。

これ、実はコーヒーリキュールなのです!!!
カクテルなどで飲むのはもちろん(仕事中には飲みませんよ!)、
ケーキの隠し味などにも使用されることが多いリキュールです。

実はこのコーヒーリキュール、簡単に作ることが出来るのです!!!

用意するものは・・・・

●深煎りのコーヒー豆・・・100g
●ブランデー・リカー・・・1本(1.8リットル)
(※ホワイトリカーでも十分ですがブランデー・リカーがオススメ!)
●好みで、氷砂糖をご用意ください。
●果実酒を作る時に使用するビン
以上です。

手順は、

1)まず、果実酒を作る容器(ビン)に、コーヒー豆を放り込みます。
2)そこに、ブランデー・リカーを、1本分ドバドバっと注ぎ込みます。
3)これで、おしまい!

※甘みをつけたい時は、ここに氷砂糖を適量入れてください。

さて、その後は2~3ヶ月冷暗所に置いて、ただじっと待ちます。
3ヵ月後くらいからが飲み頃でしょう。

コーヒーの豆は容器の底に沈んでいる状態です。
コーヒーの豆は、そのまま入れておいてもよいのですが、コーヒーのエキスが出てある程度濃くなってゆきますので、
飲み頃を見計らってコーヒー豆を出してしまって良いかと思います。

カクテル<カルーア・ミルク>なら、出来上がったカルーアを冷たい牛乳で割るだけ。
氷砂糖を入れずにカルーアを作った場合は、カクテルなどを作る時にシロップを加えて甘味の調節をしてもらえればよいですね。
コーヒー通なら、オンザロックでチビリチビリ・・・も、オツなもの。

ぜひ一度、つくってみませんか?

手作りリキュールに最適な豆「カフェ・プリモ」挑戦したい!と言う方、豆はキャラバンサライのカフェ・プリモがオススメです♪


 
◆リンク集

金沢市を中心に展開する、コーヒー豆専門店・・・コーヒー豆専門店キャラバンサライ
コーヒーマイスターとは?(日本スペシャルティコーヒー協会ホームページへリンク)
おすすめコーヒー情報、新商品など嬉しいお店のNEWSがいっぱい・・・ キャラバンサライのブログ「お店便り」


能登空港で振る舞われた能登丼
お店ばたけ 週刊ウンチク
第400回(2008.12.18)
「本物の旬をのせて 美味しい能登丼、63店でたべられますよ!」
提供:松波酒造 金七聖子さん

 

◆能登丼(のとどん)、2年目の冬の魅力を、奥能登ウェルカムプロジェクトで能登丼プロジェクトのリーダーをつとめる、松波酒造の金七聖子さんがお話しします。
◆本物の旬をのせて 美味しい能登丼、63店でたべられますよ!

松波酒造の金七聖子さん奥能登の地酒「大江山」の松波酒造 若女将の金七聖子です。

 2007年12月1日に誕生した、奥能登ウェルカムプロジェクトが企画した 「能登丼」
2008年12月1日「冬春メニュー」は63店で食べられます。 みなさんもう食べましたか?

 
能登丼公式ページ
大江山 若女将の酒楽日記 【能登丼】


  この一年でちょっとずつ名前も広がり、雑誌・テレビの取材も増えています。
秋には沢山の人が能登丼めぐり「スタンプラリー Don歩ラリ=」を楽しんだ100日間の「能登ふるさと博」もありました。

能登丼冬春パンフは、金沢駅、能登地区の道の駅・観光案内所にあります。
今回は店舗情報が少し大きくなり、丼と店舗の写真が両方掲載されています。

12月13日(土)には能登空港で振る舞いのイベントも開催しました。
4種類×30食、合計120丼を食べていただきました。
能登空港での能登丼イベン風景ト

空港で振る舞われた能登丼



 最近ではブログで「能登丼」食べ歩きの記事を見ます。⇒⇒広瀬ドクター「週刊ヒロテック グルメ記事」などなど。
去年はこのワードを検索しても一桁しかなかったのに、いまではとっても沢山。
これからも食べた人から、どんどん魅力を伝えて欲しいです。

 能登丼に関して、県外からも視察や問い合わせが増えています。
2009年は、石川県のみならず、もっと遠くでも、能登丼PRの機会が生まれるといいな。

◆リンク集
松波酒造【大江山 おおえやま】 Web通販しています。 松波酒造は石川県奥能登の地酒。
プレミアムプレゼント企画をしています。 「能登照葉」が当たる懸賞、応募はこちら
【大江山 若女将の酒楽日記】能登杜氏発祥の地、能登半島の松波酒造から酒蔵風景とグルメ歳時記をお届けします。 【能登丼】の最新情報も。
一人1丼以上のお食事をお願いいたします!!能登丼公式ページ

 2008年12月17日(水)、北陸中日新聞 朝刊(14面 北陸経済)に、ネットショップコンテスト石川2008に関する記事が掲載されました。
 北陸中日新聞様、有難うございました。


 ISICOでは、石川県内の優良ネットショップを表彰する「ネットショップコンテスト石川2008」を開催しております。グランプリには【賞金10万円】!お気軽にご応募ください。

「ネットショップコンテスト石川2008」応募ページへ


 *******************************************
    ネットショップコンテスト石川2008 応募募集
 *******************************************

   ☆☆ 石川県内のネットショップを表彰する ☆☆
   ☆☆☆ ホームページコンテスト開催! ☆☆☆

       ~ まずは、ご応募ください ~


  (財)石川県産業創出支援機構(ISICO)では、石川県内の
  ネットショップを表彰するホームページコンテストを開催します。
  是非、ご応募ください。


  □目 的
   石川県内のネットショップ運営者に対し、
   ネットショップコンテストを行うことで、
    【評価を受ける機会の創出】と、【優れた事例より
   学ぶ機会の提供】を行う。

  □締切
   平成21年1月9日(金) 午後5時

  □募集対象者
   -石川県内に事業所を有する中小企業(個人も可)とし、
    ネットショップ担当者が県内の事業所で従事していること。
    【ネットショップ=買い物かご機能のある
     ホームページ。モール店舗可。】
   -制作業者の応募は不可。

  □表彰内容
   -グランプリ 【賞金10万円/賞状/受賞バナー】
   -準グランプリ 【賞状/受賞バナー】
   -審査員特別賞 【賞状/受賞バナー】
   -ファイナリスト賞【賞状/受賞バナー】
   -石川の魅力発信賞(敢闘賞)【賞状/受賞バナー】

  □審査方法
   1月9日(金)締切以降に、審査を開始します。
   【この日を目標に改良されてもOK】です。
   まずはご応募ください!

   1次審査結果(10店選考予定)を、【21年2月】にメールにて発表。
   2次審査結果は、表彰式当日(21年 3月上旬予定)発表いたします。

  □お申し込み
   下記URLにある募集ページからお申し込みください。
   http://www.omisebatake-isico.com/katudou/h20/h20webcon.html

  □お問い合わせ
   ISICO産業振興部 産業情報課(お店ばたけ事務局)
   TEL:076-267-1001

 ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」を運営する(財)石川県産業創出支援機構(ISICO)では、【ネットショップ店舗分析と経営戦略】がテーマのセミナーを、平成21年1月14日(水)より3回シリーズで開催いたします。
お店ばたけネットショップステップアップ講座 H20年度 受講者募集!

 ISICOでは、「お店ばたけネットショップステップアップ講座」として、ネットショップ運営に必要な知識を体系的に学べるセミナーを開催しています。
 6月より「Step1 ネットショップの基礎知識」、10月より「Step2 ワンランクアップのサイトテクニック」を開講。今回はその最終ステップ、「Step3 ネットショップ店舗分析と経営戦略」です。

是非、ご参加ください!


******************************************************

 石川県産業大学経営講座
 お店ばたけネットショップステップアップ講座
 「Step3 店舗分析と経営戦略でさらなるステージへ」

 平成21年1月14日~

 <第1回>店舗分析と経営戦略
        ~あなたのホームページ、儲かってますか?
 <第2回>店舗分析と経営戦略
        ~あなたのホームページ、顧客は誰ですか?
 <第3回>店舗分析と経営戦略
        ~ネットショップとリアル店舗の連携

******************************************************

◆◆応募要項◆◆

○受講対象者
 お店ばたけ出店者、ネットショップを開設して間もない、または
 これからネットショップを開設予定の意欲ある経営者、
 及びネットショップ担当者

○定  員  各回 30名

○受 講 料
  Step3(全3回)
   お店ばたけ出店者 :無  料
   お店ばたけ卒業店 :3,000円
   一   般    :6,000円


※基本的にStep毎に全て受講下さい。欠席の場合、返金はいたしかねます。
 1回毎の参加の場合は、
 卒業店1,000円/回、一般2,000円/回となります。
※初回当日、会場へお持ち下さい。


○会 場 石川県地場産業振興センター 新館5階
       第13研修室 
       ※GoogleMapの地図はこちら

○受講申込み 募集ページにある応募フォームよりお申込みください。

○お問合せ (財)石川県産業創出支援機構 産業振興部 産業情報課
         TEL 076-267-1001
    

○内容詳細

■Step3
 店舗分析と経営戦略でさらなるステージへ・・・ネットショップ運営ビジネス講座
 平成20年1月14日~
<第1回>店舗分析と経営戦略~あなたのホームページ、儲かってますか?
<第2回>店舗分析と経営戦略~あなたのホームページ、顧客は誰ですか?
<第3回>店舗分析と経営戦略~ネットショップとリアル店舗の連携

<第1回>
店舗分析と経営戦略~あなたのホームページ、儲かってますか?

日 時:平成21年 1月14日(水)13:30~16:30
場 所:石川県地場産業振興センター 新館第13研修室
内 容:
Webショップの販促やサイトづくりをしているが、客数、売上高が頭打ちになってきた...。現状打開をめざすにはどうしたらよいか?自店の現状分析と目標設定についてワークショップ形式で学びます。
 ・現状分析(SWOT分析)
 ・ビジネスチャンスの発見、ショップコンセプトと販売戦略の検討
 ・質疑応答、受講者及び講師との情報交換会

講 師:遠田 幹雄 氏
((株)ドモドモコーポレーション/お店ばたけ ホームページドクター)
講 師:野村 博樹 氏
(野村マネイジメントオフィス/お店ばたけ ホームページドクター)


<第2回>
店舗分析と経営戦略~あなたのホームページ、顧客は誰ですか?

日 時:平成21年 1月 28日(水)13:30~16:30
場 所:石川県地場産業振興センター 新館第13研修室
内 容:
たくさんのWEBページの中から自店を選択してくれたお客様に対して、もっと喜んでいただくために努力すべきことはなにか。お客様からのリピート購買を増やすための方法を探る分析手法を紹介します。
 ・事業ドメイン分析(顧客-ニーズ-独自能力)で真の顧客を探る
 ・お客様が購買にいたるまでのWEB内の行動(アシアト)をもう一度探る
 ・頻繁に買ってくれるお客様の購買行動を探る(リピートを探るRFM分析)
 ・ついでにこれも買うのはなぜかを探る(併買行動を探るくもの巣グラフ)
  ・質疑応答、受講者及び講師との情報交換会

講 師:遠田 幹雄 氏((株)ドモドモコーポレーション/お店ばたけ ホームページドクター)


<第3回>
店舗分析と経営戦略~ネットショップとリアル店舗の連携

日 時:平成21年 2月 18日(水)13:30~16:30
場 所:石川県地場産業振興センター 新館第13研修室
内 容:ネットショップ繁盛と実店舗来店の相乗効果をねらったサイト運営について、実店舗における工夫、ホームページにおける工夫、共通のブランディングやスタッフ教育などについて学びます。
 ・実店舗への来店促進
 ・ネットショップ/リアル店舗 ブランディング構築
 ・スタッフ教育
 ・ゲスト体験談「ネットショップと実店舗」
 ・質疑応答、受講者及び講師との情報交換会

講 師:多田 年成 氏((株)マネジメントワークス/ISICOアドバイザー)
ゲスト:石川県内のネットショップ店長 2名
     (株) 四十萬谷本舗 代表取締役 四十万谷 正久 氏
     (有)メルヘン日進堂 Webご担当 日野 愛子 氏

意欲ある皆様の、ご参加をお待ちしております!

主催:(財)石川県産業創出支援機構
石川県の意欲あるネットショップが集まり、ともに学びあうモール
「ISICOバーチャルモール お店ばたけ」

石川富山「ネット対決!倶利伽羅合戦」11月の結果が発表されました。

平成20年度 石川富山「ネット対決!倶利伽羅合戦」における、11月の対戦結果が発表されましたのでご紹介します。

 「ネット対決!倶利伽羅合戦」では、各県企業(富山県:TONIO「本気でねっと」会員/石川県:ISICO「お店ばたけ」出店者 各10店)が、自社のインターネット活用における目標達成率を競います。


・倶利伽羅合戦の詳細は、「ネット対決!倶利伽羅合戦」公式ページをご覧ください。
・ネット対決!倶利伽羅合戦 11月までの目標達成率詳細は、倶利伽羅ニュースをご覧ください。


●11月度達成率<倶利伽羅合戦>は、
 
 【石川県チーム】 132.9%
 【富山県チーム】 109.2%

で、2ヶ月ぶりに、石川軍に軍配が上がりました。


 石川県チームは、6月より3戦3勝だったのですが、9月・10月度達成率では富山県チームに敗北。累計達成率も10月に逆転されました。
 現在累計達成率では、石川県チーム106.2%、富山県チーム107.8%と、僅差ですが富山県がリードです。
 最終的な勝敗は、平成21年3月までの、累計達成率で決まります。

 石川県チームでは、個々の目標達成とチームの勝利を目指し、定期的に勉強会を開催しています。
次回は平成21年1月14日(水)に開催予定です。
 石川県のネットショップの皆さん、年末年始も目標達成に向かって頑張ってください!

 ISICOお店ばたけは、モール出店者の自主的な勉強会として、ネット対決!倶利伽羅合戦石川県チームの活動を応援していきます。


▼石川県チーム
ネット対決!倶利伽羅合戦石川県チーム
倶利伽羅合戦石川県チーム公式ページへリンク


お歳暮、クリスマスプレゼントに最適なギフトや、自分に贈りたいもの、冬の団らんを盛り上げるアイテムが、きっと見つかります...
【石川県チーム】のネットショップをどうぞご覧ください!

▼石川県の参加店舗 10社
01:アート薬局
02:まいもん処 いしり亭
03:カネイシ
04:オーダーシャツ 金港堂
05:コルク屋本舗(テラ)
06:金沢食品総合研究所(ダイエー食品工業)
07:大松水産
08:マダム櫻子の夢ワイン(西田酒店)
09:オーダードレス美露土(ビロード)
10:宮子花園

1  2

お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

お店ばたけ出店者ブログ 更新情報

>>最新15件がこちらでご覧になれます!

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する