「メジャースプーン(計量カップ)」【週刊ウンチク】

カリタの陶器製メジャースプーンお店ばたけ 週刊ウンチク
第409回(2009.2.26)
「メジャースプーン(計量カップ)」
提供:キャラバンサライ
コーヒーマイスター 疋田 直子さん

(キャラバンサライ様は、2015年4月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)


コーヒー器具「メジャースプーン(計量カップ)」について、キャラバンサライのコーヒーマイスター、疋田直子さんがご紹介します。


◆メジャースプーン(計量カップ)

 金沢のコーヒー豆専門店、キャラバンサライの店頭に並ぶ、様々な"コーヒー器具たち"をご紹介しちゃいます。
今回は、メジャースプーン(計量カップ)です。

 コーヒーを量るために必要なメジャースプーンは、形や大きさが色々あります。
主なものでは器具メーカー、(カリタ、メリタ、ハリオ)によって量れるグラム数が異なっています。
8gや10g、12g... なんでだろう???

そこで、それぞれの器具メーカーのメジャースプーンについて見ていきましょう。


●カリタのメジャースプーンは、丸型で、すりきり10g量ることができます。

カリタのメジャースプーンカリタのドリッパー

ドリッパーの形は台形、抽出口は3つあります。コーヒーが抽出される速度がやや速いので、コーヒーの粉の量は[1杯分10g]が目安です。 カリタは広く普及しているので種類も多く、陶器製のかわいいスプーンもありますよ(ページ上部写真)。

●メリタのメジャースプーンは、円錐型で、すりきり8gです。

メリタのメジャースプーンメリタのドリッパー

ドリッパーはカリタと同じく台形ですが、こちらは抽出口が1つ穴。カリタのような抽出口が多数あるドリッパーに比べて抽出速度は格段に遅くなります。カリタのように常にお湯を細く注ぎ続けるのではなく、お湯をある程度注いだらそのままコーヒーがドリップされるのを少し待ちます。

1つ穴で抽出速度が遅い、ということで粉の量が少し少なめ、[1杯分8g]で抽出可能になるわけです。お湯を注ぐだけなので簡単ですね。

●ハリオのメジャースプーンは、線が入っていて、下から8g、10gと量ることができて、すりきりでは12gです。
 
ハリオのメジャースプーンハリオのドリッパー

ドリッパーは円錐型の大きな1つ穴タイプ。これはネルドリップをドリッパーにしたもので、カリタやメリタとはちょっと違います。さらにスパイラルリブという渦巻状のリブを上部まで伸ばしてあります。ドリッパーの形を「円錐形」にすることによりネルドリップに近い抽出になり、ドリッパーの底面の「大きい1つ穴」を開けたことから抽出速度を変化させることでコーヒーの味も変えることができます。8、10、12gと好みに合わせてコーヒーを量ることができるのです。
各社のメジャースプーンは、それぞれのドリッパーの特徴にあった量を量ることが出来るのですね。

あなたの好きなドリッパーはどれですか?


 
◆リンク集

金沢市を中心に展開する、コーヒー豆専門店・・・コーヒー豆専門店キャラバンサライ
コーヒーマイスターとは?(日本スペシャルティコーヒー協会ホームページへリンク)
おすすめコーヒー情報、新商品など嬉しいお店のNEWSがいっぱい・・・ キャラバンサライのブログ「お店便り」



お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する