「春はあけぼの、お酒は花おぼろ」【週刊ウンチク】

ピンク色のお酒「花おぼろ」は、チーズやスイーツとの相性が抜群。
お店ばたけ 週刊ウンチク
第413回(2009.3.26)
「春はあけぼの、お酒は花おぼろ」
提供:マダム櫻子の夢ワイン
西田櫻子さん


◆アルコール度数は8%、かろやかで、少々甘酸っぱいカクテル感覚の日本酒。七尾市の西田酒店店長「マダム櫻子」が、ピンク色のお酒「花おぼろ」をご紹介します。

◆春はあけぼの、お酒は花おぼろ

マダム櫻子日に日に春めいてまいりました。
進級、進学、就職と、人生の節目がまた1つ増えていく今日この頃でございます。

霞と見まごう黄砂のおかげで、いつになく花粉症も激しい西田酒店マダム櫻子です。

 
おかげ様で、今年も満開の桜をイメージする色合美しいお酒ができました。

ピンク色のお酒「花おぼろ」

色のついたお酒は全国に色々在ります。
お米自体に色のついている赤米を使ったもの。何とかの赤い酒がそれ
金沢ブランドの「黒米使用の酒・古々露(こころ)」もそう。

能登輪島で造っている花おぼろは、酵母が色素を出していくタイプですが、
発色するしないは、ぎりぎりわからないのです。

何となれば発色する酵母菌は、通常の酵母菌よりもへタレタイプで、弱いのです。
しっかり見守り、サポートしてやんないとダメな虚弱児なのです。

どんくらい弱いかというと、普通の酵母菌がめちゃめちゃマッチョに見えてしまう。
発色しかけてケンカになって、白くなりいつまでたっても白いままで、
そのままお酒が完成したなら発色酵母菌は負けちゃった!
言い換えると 発色しない酵母菌にのっとられちまった!ということなのです。

本当に「色男、金と力はなかりけり。」でございます。

(どちらにしてもお酒は出来るんですけどね)

仕上がりの確立は50%、なかなかに難しいお酒です。

全国的に見てもこの発色酵母を使っている蔵は少なく、5本の指でおさまるくらい。

その数少ない中でも、「花おぼろ」の色合は、断トツ!

見ていても目に美しく、味わい深く五感を使って堪能できます。

マダム櫻子冬来たりなば、春遠からじ。
万人すべからく春に桜を待つように、花おぼろに出会った人は、
この季節にお酒の出荷を心待ちにしていただけます。

何とありがたい!

 
毎年蔵元の中島酒造さんのおやじさんは、「この酒造るたんびに寿命が、ちぢむわ~」と、
言いつつも、雪が降りだすと、「花おぼろ」を造りたくてうずうずするのかも。

お酒版「花さかおじさん」でございます。

今年の「花おぼろ」ことのほか色合も美しく、見事なピンク色。
この出来栄えに目を細めておいでです。
めでたし、めでたし!

でもこのお酒、純米仕込みなので、見た目よりしっかり飲ませてくれますよ!
とりあえずは、お口に落としてくださいませ。

マダム櫻子おすすめ!
アルコール度数は8%程度。 かろやかで、少々甘酸っぱいカクテル感覚の日本酒ですチーズ、スイーツ、ちらし寿司との相性も抜群の、桜色のお酒「花おぼろ」ご購入はこちら

デザート酒に最適な「花おぼろ」

◆リンク集

ワインアドバイザー、きき酒師のマダム櫻子がおすすめするワイン、焼酎、日本酒
・・・「マダム櫻子の夢ワイン」(西田酒店)「夢ワインモバイル店
西田酒店の日々を綴るスタッフブログ・・・ 「おけいの楽しいひとり言
西田酒店4代目の修業ブログ・・・「酒道楽!西田酒店4代目ワイン修行


お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する