「やっぱり避けて通れそうにない新型インフルエンザ」【週刊ウンチク】

アート薬局 中村智子さん
お店ばたけ 週刊ウンチク
第421回(2009.5.21)
「やっぱり避けて通れそうにない
新型インフルエンザ」
提供:アート薬局 中村智子さん

 

◆アート薬局 管理薬剤師の中村智子さんのメルマガ(09年5月8日)から、新型インフルエンザ対策として必ず用意しておいた方がよい「咳エチケット」「“食料品の備蓄”についての考え方」の情報をご紹介します。

◆新型インフルエンザ対策「咳エチケット」と「食料品の備蓄についての考え方」

 新型インフルエンザ情報は、刻一刻と更新されていくので、
ここで詳しく書いても、すぐ情報は古くなってしまうので、
他のアクティブなページやテレビのニュースなどで確認していただくとして、
いずれにしても、必ず用意しておいた方がよい情報
今回は書いてみたいと思います。


■咳エチケット

インフルエンザなど、すべての呼吸器感染症の感染拡大を防止するのに
まず1番に大事なことは「咳(せき)エチケット」です

咳・くしゃみの飛沫(シブキ)の中や鼻汁には、ウイルスが大量に含まれています。
マスクをしないで咳をすると、ウイルスが2~3メートル飛ぶといわれ、
そのウイルスを周囲の人が吸い込むと、感染・発病します。

そこで、お互いに「咳エチケット」を守り、
家族や周りの人への感染を防ぐことがとっても大切です!!!


<咳エチケットとは>

咳・くしゃみのあるときは マスクを着けます。
 マスクを着けていないときは、ティッシュやハンカチなどで口と鼻をおおい、
 周りの人から顔をそむけます。
(☆咳をしている人には、マスクの着用をお願いしましょう!)

口と鼻をおおうのに使ったティッシュはゴミ箱に捨て、他の人が触らないようにします。

☆咳・くしゃみを手でおおったら、手は石けんで丁寧に洗い流します。

☆咳エチケット用のマスクは、市販されている不織布(ふしょくふ)製マスクが適しています。
この場合、ガーゼマスクは役に立ちません。《ウィルス・花粉防止》などと書かれているものが必要です。)

☆感染予防のため手洗いやうがいもしっかり励行しましょう。

☆このような対応は、新型インフルエンザ発生時にも有効です。


以上、さいたま市のHPのものが、見やすかったので、どうぞ参考に!
http://www.city.saitama.jp/www/contents/1225688077364/index.html


ちなみに、N95のマスクが飛ぶように売れているということですが、
N95は気密性が大変いい代わりに、本来は息苦しくなって
長時間つけていられないそうです。
本来は、発症した患者さんを診察しなければならない医師や看護師などが必要なもの?
また、本当にぴったりフィットしていないと、結局隙間から空気が漏れていたりすれば、
意味がなくなってしまいますので、装着の仕方にも熟練がいるそうです。

今の日本の段階では、使うのがもったいないようにも思うので、
N95などの物々しいマスクは、パンデミックの時に備えて、
万が一、家族がかかってしまった時など用に置いておかれていい
と思います。
(今からメキシコへ行こうという方の場合は、別ですが・・・。)


今の段階では、不織布製のウィルス・花粉マスクでも、
十分予防になる
と思います。

■“食料品の備蓄”についての考え方


次に、食料品などの備蓄についての考え方です。

今回の豚インフルは今のところ、今のところは弱毒性の確率が高そうです。
でも、これは絶対というわけではなく、日々変化するものなので、
強毒性に変わる可能性も捨てきれません。

それから、以前よりアジア地方でくすぶっている
鳥インフルエンザ。(こちらは最初から強毒性をもつ確率が高いといわれている。)
こちらが、なくなったわけではないので、
鳥インフルのウィルスが、今回の豚インフルのように、
人から人への感染力を獲得するとすれば、さらに脅威となります。
(今現在では、なっていない様子ですが、いつ変わるかはわかりません。
今回の豚インフルのように、急にやって来る可能性があります。)


また、今回の豚インフルにしても、北半球はこれから、
初夏に入利ますので、ウイルスは不活発となり、感染者数は減る。
でも、次に秋冬になって、また勢力を盛り返してくることもほぼ確実だそうです。


ということで、今後日本では、いつ“巣ごもり”しないといけなくなるか、
誰にもわからないのですが、でもある程度準備をしておかなければ、
今回のマスク騒ぎのように、集中してパニックになる可能性は十分ある。

新型インフルエンザへの感染を避けるためには、感染者との接点を極力減らすため、
不要不急の外出をしないことが重要
ですが、発生直後などは、
食料品の需要が一時に集中し、思うように手に入らないおそれもあります。


ですから、余裕あるこの時期から、計画的に食料品の備蓄しておくことが
とても大切!!!

何にしても、備えあれば…なので、
準備しておくに越したことはないですよね。

その方法について、下記の農林水産省のガイドが見やすかったので、
ちょっとご紹介します。
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/anpo/090409.html
( * 新型インフルエンザに備えた家庭用食料品備蓄ガイド)


このガイドのおすすめのところを、2~3上げてみたいともいます。

1、お米は保存性の高い食品ですし、栄養的にもエネルギーの供給源となり、
調理のしやすさ・多彩さ、費用、保存スペースのどれをとっても優れています。
ぜひ!備蓄の柱としましょう。

可能ならば、玄米で購入すれば、保存性もばっちりです。
その場合、精米機を持っていれば完璧ですが、なくてもこの頃は、
コイン精米機もあちこちに見られますので、それを利用するもの手かも。
(ちなみに、コイン精米機は農協や生協のスーパーの外に設置されているので、
その点もいいですね。人と接触しなくても利用できそう。)

また、普段から胚芽米や分搗き米にして食べれば、栄養的にも理想です。


2、一般的に、調味料は賞味期限が長いものが多く、
開封しなければ品質も大きく損なわれません。
砂糖、塩、みそ、しょうゆ、食用油などは、
常に1 瓶・1 袋多めに買っておきましょう。

(こうしておけば、無駄にもならず、かつ備蓄にもなります。(*^_^*))


3、缶詰や防災用の保存食ばかりを大量に購入する方法も一つの方法ですが、
通常購入している保存性のよい食料品を少し多めに「買い置き」をし、
その後、賞味期限などを考えながら計画的に消費し、
消費した分を新たに買い足すようにするだけで、
かなりの備蓄ができます。
また、
いつもより缶詰などの長期間の保存に適した食品の割合を高めるとよいでしょう。


なお、豚肉を食べることは、ちゃんと加熱すれば、何の心配もありません。
インフルエンザはあくまで、飛沫感染でうつるものですし、
もし、豚肉の中にウィルスがいたとしても、
71度以上に加熱すれば、ちゃんと死滅してしまうとこのとですので。(^_-)-☆


それから、買いだめが難しいのが野菜類です。
根菜類を中心に保存性の効く野菜は、多めに補充しておけば良いのですが、
緑の葉物野菜となると、そうもいきません。
せめて、いくらか湯がいたものを冷凍しておくぐらいでしょうか。

その時に役に立つのは、“緑のツブツブ”などですね。
ちなみに、アート薬局では、リナグリーン21やリナちゃんなどが
とてもおすすめ
です。

http://www.art-kanazawa.com/shop-cgi/shop/detail.cgi?code=06101

http://www.art-kanazawa.com/shop-cgi/shop/detail.cgi?code=06201


これも、いくらか備蓄しておいていただくと、
必ずお役に立つと思いますよ!!
風邪やインフルエンザの予防や回復には、緑のお野菜の栄養も
とても大切
ですので!(^_-)-☆

◆┓お肌と健康のご相談は下記へどうぞ!
   ┗╋…━…━…━…━…━…━…━…━
     電話 076-233-2406 アート薬局
     メール art-ph@art-kanazawa.com


新型インフルエンザの情報は、毎日毎日、ドンドン更新されていきます。
ですので、詳しいことは、各自でアンテナをあげて、
気をつけてみていただきたいとおもいます。

ただ、今回メインで書かせていただいた、
咳エチケットや食料品の備蓄に関しては、
豚インフルが広がろうが、鳥インフルが出てこようが、
予防にもパンデミック時にも必ず!必要になることですので、
ぜひ!参考にしてくださいね。

来てほしくはないですが、でもいずれはほぼ確実に
やって来るようですので・・・。(>_<)


ちなみに、公的なページのほかに、
私が最近毎日のようにチェックしているのは、
下記のあたりです。


インフルエンザ対策の達人
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/

新型インフルエンザ・ウォッチング日記
http://blog.goo.ne.jp/tabibito12

パンデミックフルー情報最前線
http://pandemic.seesaa.net


◆リンク集

中小企業者の方はこちらもご覧ください:
中小企業向けの新型インフルエンザ対策について(関連URL)

ニキビ、敏感肌、乾燥肌、アトピーなどお肌のトラブルでお悩みの方、アート薬局にご相談下さい
CAC化粧品、リスブラン化粧品、リナグリーン21、ルミンA取扱店
・・・「アート薬局
アトピー肌、乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌など、お肌のトラブルでお悩みの方必見!!
・・・「アートハートニュース ブログ版
・・・「アートハートニュース メルマガ版」(バックナンバー)