第76回「漆陶舗あらき」漆・陶器を通して、思いが伝わる贈り物のお手伝いをしたい【今月のお店】

【今月のお店】第76回「漆陶舗あらき

漆陶舗あらき 新城礼子さん

あらき 店内

七尾市中心市街地の一本杉商店街に実店舗を構える「漆陶舗 あらき」。
創業は嘉永年間の歴史あるお店で、普段の生活で使う器はもちろんのこと、結納品、婚礼品、内祝い、法人向け各種記念品の贈り物などに、石川の伝統工芸品である輪島塗・九谷焼・山中塗といった商品を中心に販売しています。
また、一本杉通り商店街の語り部処としても登録されており、観光で立ち寄られたお客様とのふれあいを大事にしているお店でもあります。

8代目若女将の新城礼子さんに実店舗とネットショップの取り組みをお伺いしました。


あらき店内の様子
店内の様子。入り口はお手頃な茶碗や箸、涼しげな洋食器、グラスが陳列されています。

輪島塗 夫婦椀
輪島塗の金笹蒔絵夫婦椀
蒔絵とは、強い接着力を持つ漆で絵や文様を描き、その上から金や銀の粉を蒔いて図柄に固着させる方法です。

輪島塗商品
店内奥は、輪島塗のお椀やお重、お盆、花器など高級な漆器が並んでいます。

加賀友禅の風呂敷
石川県ではレジ袋無料配布中止になり、エコの意識からか、加賀友禅の風呂敷の需要が高まってきました。

携帯箸(マイ箸)
最近話題となっている、携帯箸(マイ箸)。コンパクトになるつなぎ箸なので、外食や旅行などの持ち歩きに便利です。

arakichinkin.jpg
漆陶舗あらきでは、気軽に沈金を体験できる沈金教室(要予約)を行っています。箸や皿など、あなただけの作品はいかがですか。漆芸教室で技術を学んだ若女将が、懇切丁寧に教えてくれます。

■ネットショップをはじめたきっかけ
Q.ネットショップをはじめたきっかけついて教えてください。

七尾市の四商店街の活動で、七尾商工会議所のインターネットショッピングモール「七尾なみなみ市場」に出店したのがきっかけです。 一本杉商店街全店の店主さん達が、自社のネットショップ開設に取り組みました。
私もまずは無料ブログを使って、普段の出来事を投稿したり、オモチャのとらやの伊藤さんによるアドバイスの下、店舗の地図や商品写真を掲載することからはじめました。「実店舗はお店が開いている間しかお客様は見に来られないけれど、ネットショップは365日24時間オープンしている」ということに感銘を受け、自分達の力でコツコツとページを構築していきました。
そして、漆陶舗あらきの新たな販売ツールとして、平成20年11月、ネットショップをオープンしました。デザインは業者さんに制作していただき、商品掲載や更新、ブログは自社で行っています。 

■最近の出来事と取り組み
Q.ブログではどのような情報を発信していますか?また反響はありますか?

うるし屋若女将の徒然日記」では、能登・七尾のイベント、私個人が感じている、好きなものや普段の出来事などを中心に綴っています。
ブログを始めるようになってから2年あまり、見ず知らずの方からも声を掛けられるようになりました。先日もスーパーで買い物をしていて、ご年配の方に「見ていますよ」と声を掛けていただいたことがあり驚きました。小さい町だからこそですかね。ブログを通じて私がお薦めした商品がお客様に気に入ってもらえたり、人づてに聞いて、見てみようかなと思っていただけると嬉しいです。
これまで文章を書く機会があまりなかったのですが、どんな些細なことでも話題になるかなと日々、情報に敏感になってきたように思います。
また、婚礼に関するページをプリントアウトし直接お店に持ってこられて、お買い求めいただいたこともあり、販売に結びついたこともあり、ブログをきっかけにネット販売への可能性を感じています。

■最近の婚礼の傾向
Q.最近の婚礼ギフトの傾向や、またお客様の声を教えてください。

ご婚礼に関する結納品から始まり、ご結婚式の引き出物、ご出産内祝い、その他新築記念品など各種記念品やお祝い品をご紹介させていただいていますが、引き出物ひとつとっても、簡素化されてきたように感じます。
例えば、以前は、お皿を5枚セットで贈られていたことが、今では3枚セットと少なくなったり、商品単価も下がってきています。
また、実用的なものが選ばれる傾向になってきました。例えば、石川県から京都府に嫁がれるお客様が、引き出物として九谷焼の湯呑みを選んでくださったり、披露宴終了後にゲストを見送る時のプチギフトとして輪島塗の箸をおすすめしたところ、選んでくださったりということが増えてきています。このように、若いお客様が和食器に興味を持ち、地元産品を記念品にされる事も多くなってきたように思います。

購入いただいたお客様の声では、「あらきさんの包装紙で包まれている商品は信頼出来ます。」とおっしゃっていただけたり、自宅用にお送りさせていただいたお客様に関しては、リボンでラッピングしたところ、大変喜んでいただけました。後々分かったことですがご自身へのご褒美として購入されたそうで、プレゼント仕様にしてよかったなと思いました。

■これからの展望
Q.夢や、これから行っていきたいことは?

ホームページに関しては、まずはアクセス数を増やしていきたいです。現在は1日50~60件なので、もっと沢山の方に見ていただけるようなページ作りをしていきたいです。その為にも石川の伝統工芸品に限らず、有田焼などよい商品を幅広く展開していきたいと思います。
これからも自分のよいと思った商品を厳選し、「贈る人」から「贈られる人」へ、その思いが伝わるお手伝いができるよう努めていきたいです。

婚礼・結納品の展示
2階では、婚礼・結納品の展示がされています。とても豪華です。毎年春に「花嫁のれん展」も開催しています。

あらき 茶室
2階にある茶室 こちらで輪島塗の沈金体験を行います。

2階 うるおいギャラリー
2階「うるおいギャラリー」 九谷焼作家さんの作品が常時150点以上、展示されています。

■インタビューを終えて・・・
店舗に入ってまず感じたことは、奥行きが広いことです。入り口は明るい雰囲気で洋食器や雑貨が並び、中程は和食器、そして奥は蔵にあるような高級な輪島塗など伝統工芸品といったイメージでひとつのお店でも変化していくのが印象的でした。
店舗でもネットショップでも若女将新城さんの思いが伝わる接客で、お客様から末永く愛されるお店であってほしいです。

(お店ばたけ事務局)


あらき 店舗外観
店 名 漆陶舗あらき
会社名 株式会社新城
代 表 新城 純一
所在地 〒926-0806
石川県七尾市一本杉町4(地図はこちら)
TEL 0767-52-4141
FAX 0767-52-4140
E-Mail info@nanao-araki.com
お店URL http://www.nanao-araki.com
ブログURL http://blog.livedoor.jp/reiko5050araki/



お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する