「町内句碑めぐり【8】若宮八幡神社」【週刊ウンチク】

石川県白山市、若宮八幡神社の句碑は、三納鶴仙さん書の句碑です。
お店ばたけ 週刊ウンチク
第442回(2009.10.15)
「町内句碑めぐり【8】若宮八幡神社」
提供:明光自動車サービス
三納鶴仙さん

(明光自動車サービス(株)様は、2012年5月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)



 

◆白山麓・石川県白山市にある若宮八幡神社には、大きな黒御影石の句碑があります。明光自動車サービス 会長の三納鶴仙(嘉一)さんが執筆されている、「高根社」の句会報からご紹介します。

◆句碑めぐり【8】若宮八幡神社

 日向町の若宮八幡神社の境内に、長さ三メートルもあろうという黒御影石の大きな句碑が奉納されている。

若宮八幡神社の句碑。

 奉 納

渡り鳥手話の姉妹が追う瞳  池田露光
生かされて生きる身なりや報恩講  岡本永光
浅春や光増しゆく手取川  岡本静富
雨霽れて若葉香れる宮の森  北川万理
満天にうなり生じて競ひ凧  木村玉静
菊日和白衣寄り添ふ車椅子  木村冨徳
夕涼み白嶺颪に吹かれつつ  黒田金風
水温む岩に爪かく池の亀   黒田南山
初御空四恩に生きる我が余生  作本一珠
虫送る太鼓や星の動くかに  柴多啄二
哀歓をかさね波うつ稲の花  柴多月汀
比め宮の龍頭清水や霊気吐く  庄田紫雲
亡き母の味薄れゆく雑煮かな  高田高峰
椋鳥の羽音一瞬歩を奪う   柄田八重女
影青く香る若葉の道細し   土本花弟
冴え返る今宵老父に鍋の物   土本豊水
朝寒や喜寿なる姑の野良仕事   寺口静香
蟋蟀(こおろぎ)や露営の夢の草枕  寺越静史
青田道一番星へ刻つなぐ   寺越曙文
夫を待つ夜半の孤独や春の雷   戸田秀花
菱餅に幸せ託す里の母   中川清峯
神田に奉仕乙女や五月晴  久田金波
孫の家鉋研ぐなり喜寿の春   日村湖水
愛し児へ幸多かれと菱の餅   平田寿鶴
落葉して鳥の群れ来る実の一つ   松川叶松
黄金にたなびく稲や農の幸   宮本宏華
撥ね返す力忍びて雪の竹   村田鉄庵
傘寿古希還暦祝ふおらが春   村田梅邨

句碑の裏面には-

鶴来町日向町は 明治末期より浅からぬ俳句有縁の地であり 多くの俳人を生むその灯りを消すことなく 更に大きく点し続けることを念じ 此の碑を建立する

平成六年三月吉日
発願人  村田梅邨 池田露光 岡本永光 北川万理 作本一珠
碑文  鶴来町 三納鶴仙書
施行  小松市 田中石材工業 橋本庭石

*   *

 耕楽吟社主幹の岡本永光氏はこの句碑の建設費の半分を奉賀されたと聞いています。除幕式は同月二十五日に盛大に催された。また村田梅邨氏は私の恩師で、俳縁の不思議さを感じました。


【三納鶴仙さんの「町内句碑めぐり」】
【1】白山ひめ神社
第一の句碑「風薫る越の白根を国の花」芭蕉 紹介記事はこちらです。
第二の句碑「大手取 故がね波宇つ 村の秋」一畝 紹介記事はこちらです。
第三の句碑「朝光の白山葱の先揃ふ」桜の園 紹介記事はこちらです。

【2】金剱宮の句碑「人ありや窓の枇杷食ふ山鴉」楚常 紹介記事はこちらです。

【3】 鶴来別院
第一の句碑「散るさ可里花の盛利や寺の萩」梅嶺 紹介記事はこちらです。
第二の句碑「この遠忌に確信の縁も木々の芽も」句佛 紹介記事はこちらです。

【4】良源寺の句碑「佛負ふ檜笠の下や苅田道」紹介記事はこちらです。

【5】鶴来博物館「月江庵累世句碑」紹介記事はこちらです。

【6】鶴来公民館「秋天に白山そひえ光り合ふ」安居 紹介記事はこちらです。

【7】郷社神田白山神社「杉の花 世を距てたる 空の寂」紅果 紹介記事はこちらです。

【8】若宮八幡神社の黒御影石句碑 紹介記事はこちらです。


◆リンク集

お役に立ちます!車検、整備、新車中古車販売、リースなら・・・「明光自動車サービス」Webサイト

お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する