「町内句碑めぐり【9】大安寺」【週刊ウンチク】

石川県白山市、日御子にある大安寺の句碑

お店ばたけ 週刊ウンチク

第444回(2009.10.29)

「町内句碑めぐり【9】大安寺」

提供:明光自動車サービス

三納鶴仙さん

(明光自動車サービス(株)様は、2012年5月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)


 

◆白山麓・石川県白山市旧鶴来町、日御子にある大安寺には、蓮舟の句碑があります。明光自動車サービス 会長の三納鶴仙(嘉一)さんが執筆されている、「高根社」の句会報からご紹介します。


◆句碑めぐり【9】大安寺

日御子の大安寺の前庭にある。高さは二メートルを越す。自然石そのままに句を刻してある。

大安寺の蓮舟句碑

慈光耳(に)

生き

仂(はたら)い天(て)知る

麦能(の)味

                 蓮舟

また碑の裏には

昭和四十一年三月之建  柿の木小谷

                  蓮舟翁古稀

                  祝賀記念之

                  碑

                  蔵山老人会

                  鶴来俳句連盟

                  仝人一同

とある。

「蔵山郷土誌」 によると、蓮舟は明治三十年十月六日に日御子に生まれ、本名を小谷潔と云った。

竹内菊園の 「香風」に投句し、また昭和二十七年八月には蔵山どんぐり会を結成した。

・観世音御在す清水の湯に浸る  蓮舟

・灯の消えて川の寂聞く夜寒かな  〃

・不動尊鎮座し給ひ清水の湯  〃

・焼米を掘れば史跡の偲ぼるる  〃

・苔草の揺れて清水の泡の噴く  〃

句碑の除幕式は昭和四十一年四月三日に行われている。除幕式のあと、場所を 蔵山公民館に移し、祝賀俳句大会を開催している。

兼題の選者には塩田紅果、西村公鳳の名が見える。



小谷蓮舟にはもう一つの句碑がある。

場所は北鉄日御子駅のレールの下道に添って、鶴来高校へ通ずる道沿いに二分ばかり歩いたところにある。



約一メートルの自然石の句碑の表には

手叩や 御山

者(ほ)る可耳(かに)

湧清水

碑の裏には

昭和三十九年霜月

小谷 潔

とあり、これは蓮舟が自費で建てたものと云われている。




◆リンク集

お役に立ちます!車検、整備、新車中古車販売、リースなら・・・「明光自動車サービス」Webサイト