「食べ物の価格はいったいどうなったの?」【週刊ウンチク】

アート薬局 中村智子さんお店ばたけ 週刊ウンチク
第463回(2010.3.18)
「食べ物の価格はいったいどうなったの?」
提供:アート薬局 中村智子さん

 

◆価格だけで食べ物を選んでいませんか?お得なお買い物を、栄養価の面から考えてみましょう。管理薬剤師の中村智子さんがお話しします。)(※2010年3月メールマガジンより紹介)

◆食べ物の価格はいったいどうなったの?

この1年余り、世界中が“不況”という文字で包まれているカンジです。
10年あまり前から考えると、いろんなものが“安く”なっている
衣料品をはじめとして、シンジラレナイくらい・・・。

いろんなものが安く買えることは、一見とてもうれしいのだけれど、
でも、それは回りまわって、自分たちのお給料や収入も減っている・・・。

食料品も例外ではありません・・・。
スーパー同士の価格のし烈な競争・・・。

最近では、スーパーの安売り価格を
パソコンや携帯サイトで比較する人が増えているそうです。
自宅にチラシが入らない外出先や勤務先の近くのスーパーの情報も手に入れて、少しでも安く買おうと努力している・・・。

さらに、業務用スーパーや99円均一のお店が、主婦にも人気だそうです。


★★‥‥★‥‥★‥‥★‥‥★‥‥★‥‥★‥‥★★

  『食卓の向こう側 第12部 “価格の向こう側”』

★★‥‥★‥‥★‥‥★‥‥★‥‥★‥‥★‥‥★★

を読みました。その中から・・・。
(詳しい内容は、下記のリンク先からどうぞ)

━<見た目では分からない>━…━

スーパーの特売の豆腐1丁30円、果ては10円のものまである一方で、
素材にこだわる手作り豆腐屋さんのお豆腐は、1丁150円。

豆腐を固めるときに使う昔からのにがりを使わずに、
もっと凝固力の強い硫酸カルシウムやグルコノデルタラクトンなどを使うと、
とっても薄い豆乳からでも固めることができる。
つまり、同じ大豆の量でも、たくさんの豆腐を作り出せる。

もちろん、原料となる大豆も安全な国産だと高くつくけれど、
遺伝子組み換えの輸入大豆にすれば、原料費もさらに安く・・・。

でも、うす縲怩「豆腐は栄養価もその分とっても低く、
結局、身体に必要な栄養価から考えれば、
逆に高くついている場合も、あるってこと???

━<茶わん1杯分のお米はいくら?>━…━

スーパーで平均的な、5キロ2000円前後のお米で計算すると、
1キロは約7合なので、1合は57円ぐらい、
それが茶わん2杯分程度なので、1杯分は約29円。
これで、おにぎり1個作ったとして、おうちで作れば、
かつお節入れても、せいぜい40円もかからない。

(でも、コンビニでおにぎり買ったら、120円はする。(>_<))

さらに、興味深い比較がしてあります。

茶わん1杯の価格29円で、買えるものの比較として、

  お菓子のポッキー(1箱150円)だと、約6本。
   インスタント食品のカップヌードルだと 約5分の1個。
   栄養ドリンクのリポビタンDだと、五分の1本
   自動販売機のお茶だと 四分の1本

いかが思われますか? 

お米5キロの値段が、300円上がっただけで、
スーパーでのお米の売れ行きは、てきめんに落ちるそうですが、
その一方で、実は お菓子を買うのにそのお米代の
2倍以上の金額を使っているのが、現代の実情。

特に、若い世代は、
「食事は抜いても、お菓子は減らせない。」
と、お菓子がご飯に置き換わりそうな勢いさえあるそうです。(+_+)

(さらに、1か月の食費4万円は高い!といいながら、
  家族の携帯電話代4万円は減らせない・・・。)

それなのに、お米5キロ数百円の値段の違いにこだわっても、
お菓子を1袋か2袋減らせば、すぐに取り戻せる金額だと思いませんか?

さらに、お米5キロとお菓子2袋のどちらか体の栄養になるか・・・、
子供が考えても、わかりますよね!?


内容を考えずに値段だけを比較し、節約したつもりでも、
その“ツケ”は結局、自分たちの体に返ってきます。
(>_<)


でも、この不況を健康に乗り切るためには、もっと違う節約方法がいろいろあると・・・。

ちょっとした工夫と、ひと手間をかけることで、
毎日の食事は、安全で安心で、でも安い節約メニューに
変えていくことが、十分可能なようです。

次の機会には、その実践方法もご紹介できればと思いますので、
ぜひ!お楽しみに。(^_-)-☆


== 最後に前書きより ========

「お客様のために」を旗印に、価格競争を競う流通。
その裏で、命の糧を生産する1次産業に後継者がいない最大の理由は、
食べ物を作る人が生活していけない状況にあるから・・・。
将来日本に米を作り、魚をとる人々がいなくなれば、
国力は衰え、食の安心・安全は確実に揺らぐ。

━<☆ぜひ!一度読んでみてください☆>━…━…━…━…━…━

■食卓の向こう側 第12部 “価格の向こう側” 西日本新聞社 
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/lifestyle/shoku/rensai/post_68.shtml

携帯電話代やレジャー費、菓子代など、そうした
「家計から減らせないもの」の出費に押されて底値買いで削られていく食費。
「家計の都合」を背景に、生鮮食品までが、
まるで家電製品かのような激しい底値競争に巻き込まれています。

その構図が、正直な生産者やメーカーを追い詰め、ますます偽装を生みやすくするのではないだろうか。

本書は、そんな疑問を提示することからスタートした連載
「価格の向こう側」(2008年12月と2009年12月連載分)を中心に、
連載の内容をテーマにしたシンポジウムの詳報、
取材班に寄せられた読者の声や関連資料を収録し、再構成しました。
モノの価値と、地に足のついた生活防衛術について考えます。

A5判(ブックレット)96ページ、定価500円。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


  ◆┓お肌と健康のご相談は下記へどうぞ!
   ┗╋…━…━…━…━…━…━…━…━
     電話 076竏鈀233-2406 アート薬局


◆リンク集

ニキビ、敏感肌、乾燥肌、アトピーなどお肌のトラブルでお悩みの方、アート薬局にご相談下さい
CAC化粧品、リスブラン化粧品、リナグリーン21、ルミンA取扱店
・・・「アート薬局
アトピー肌、乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌など、お肌のトラブルでお悩みの方必見!!
・・・「アートハートニュース ブログ版
・・・「アートハートニュース メルマガ版」(バックナンバー)


お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する