「それどこ?なコーヒー原産国【エルサルバトル】(1)」

エルサルバドルの地図
お店ばたけ 週刊ウンチク
第466回(2010.4.8)
「それどこ?なコーヒー原産国
【エルサルバトル】(1)」
提供:キャラバンサライ
コーヒーマイスター 西出夕希子さん

(キャラバンサライ様は、2015年4月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)
 

◆聞いたことはあるけれどどこにあるの?コーヒー原産国「エルサルバトル」について、キャラバンサライのコーヒーマイスター、西出さんがご紹介します。

◆それどこ?なコーヒー生産国「エルサルバトル」(1)

 コーヒーの産地と聞いて思い浮かぶのはどんな国ですか??「ブラジル」「コロンビア」などが有名ですね。
中には、「エルサルバドル」や「カンボジア」「ホンジュラス」など、、聞いたことはあるけれど、どこにあるの?と聞かれるとちょっと思い浮かばない...そんな国もたくさんあります。そういう生産地のほとんどは北緯25度から赤道をはさんで南緯25度の間、「コーヒーベルト」といわれる範囲に散らばっています。

コーヒー栽培に欠かせない条件、

<1> 肥えた、水はけの良い火山岩質の土壌
<2> 年間を通して平均20℃前後の気温
<3> 年間1200縲鰀3000・スoていどの降水量
<4> 適度な日陰や冷気

 コーヒーベルト内の地域ならこれらを満たしてくれるからなんです。
そんなコーヒー産地の中から「それどこ?」な国を紹介したいと思います。今回は『エルサルバドル』です。

エルサルバドルの地図

エルサルバトル 国内地図

 
 エルサルバドルが位置するのは中米。 「グアテマラ」「ホンジュラス」「ニカラグア」(これらも優れたコーヒー生産国)に挟まれた、小さい国です。 中米の国の中で面積は最も小さいのに、人口密度は最も高い国なんです。日本で言うとちょうど四国くらいの大きさしかありません。

 熱帯に位置しますが、内陸部は標高も高く、暑さもさほど厳しくはありません。5月から10月までの雨期と11月から4月までの乾期がありますが、年間を通して気温は平均24℃くらいですからコーヒー栽培の条件に合うわけです。大地震や火山の噴火などの災害が多い国だといわれています。気候も悪くないし、太平洋に面しているのですごく陽気な気分になりそうですが、治安が悪く、「最も殺人の発生率が高い国」「最も危険な国」といわれているので旅行にはちょっと向いてなさそうです。

 19 世紀に「エルサルバドル共和国」として独立するまで長くスペインの植民地だったため、公用語はスペイン語(英語はあまり通じないそうです。)国旗は空と海を意味するブルーの間にホワイトラインがあって、「平和と調和」を意味し、中央には中米諸国のシンボル「自由の帽子」(外国からの開放の象徴)が描かれています。

  そして独立の際に不安定化した経済を立て直したのが「コーヒー産業」と「コーヒーの輸出」です。
19世紀と言えば、日本ではちょうど初めてコーヒーが輸入され(1877年)高い階級の偉い人々がコーヒーを楽しみ、「ハイカラな飲み物」とされていたころです。庶民的な飲み物ではなかったんですね。


 今でもエルサルバドルの総輸出量の半分をコーヒーが占めているのですからコーヒーへの依存度が高い国といえます。コーヒーが身近なものだからでしょうか?国花も「コーヒーの花」なんですよ。

コーヒーの花


 
◆リンク集

金沢市を中心に展開する、コーヒー豆専門店・・・コーヒー豆専門店キャラバンサライ
コーヒーマイスターとは?(日本スペシャルティコーヒー協会ホームページへリンク)
おすすめコーヒー情報、新商品など嬉しいお店のNEWSがいっぱい・・・ キャラバンサライのブログ「お店便り」


お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する