「それどこ?なコーヒー原産国【エルサルバトル】(2)」


お店ばたけ 週刊ウンチク
第467回(2010.4.15)
「それどこ?なコーヒー原産国
【エルサルバトル】(2)」
提供:キャラバンサライ
コーヒーマイスター 西出夕希子さん

(キャラバンサライ様は、2015年4月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)
 

◆聞いたことはあるけれどどこにあるの?コーヒー原産国「エルサルバトル」について、キャラバンサライのコーヒーマイスター、西出さんがご紹介します。

◆それどこ?なコーヒー生産国「エルサルバトル」(2)

 
エルサルバトル 地図エルサルバドルの代表的なコーヒー産地は西部の「サンタアナ州」、中部の「ラリベルタ州」「サン・サルバドル州」、東部の「ウスルタン州」などです。


 

品種はほとんどがアラビカ種で、その95%は水洗式(ウオッシュド)で仕上げられます。 

等級の分類は他の中米の生産国にも見られるように、「標高」によって分類されます。
標高が高い順に、

  SHG(ストリクトリー・ハイ・グロウン)標高1200縲鰀1500m
   HG(ハイ・グロウン)標高900縲鰀1200m
   CS(セントラル・スタンダード)450縲鰀900m

この3つです。高地になるほど高額で売れる「良質なコーヒー」なわけです。


しかし、この国だけに言えることではありませんが、近年コーヒー豆の国際価格が急落したことや環境問題により、農園を手放してしまう農家の人が増えています。森林伐採もすごく急速に進んでいて、都市化のために土地を譲るケースも多いそうです。

このエルサルバドル産の珍しいコーヒー豆を紹介します。

サンタテレサ』という豆で、キャラバンサライでも期間限定で販売中です。(※2010年4月15日現在、販売期間は終了しました)
キャラバンサライ「サンタテレサ」パッケージデザイン

この豆はパカス種(この品種も珍しいんです。)と、マラゴジッペ種を掛け合わせたハーフ!の「パカマラ種」です。エルサルバドル特有の品種なので希少価値が高いといわれています。


右が「パカマラ種」サンタテレサ。大粒。店頭で焙煎工場から届いた豆を最終チェックとして"ハンドピック"しているのですが、このサンタテレサは見た目も特殊で、他の豆たちに比べて1粒1粒が大きいのです。モカなど小粒の豆の後に見ると「おっ!」ってびっくりしてしまいます。(写真右がサンタテレサ)

この国の95%が水洗式だと先に書きましたが、この豆がユニークなのは、その水洗過程で使う水として天然温泉水を利用しています。(きっと豆たちも気持ちいいでしょうね♪)

 
この豆のもう一つの特徴が「環境」に配慮したコーヒーだという点です。

レインフォレストのマークJAS 認証の有機栽培なのに加え、「レインフォレスト」認証なんです。最近では時々耳にしますね。熱帯雨林と、そこに暮らす先住民と動植物の保護が目的のNGO 団体です。コーヒーの他には、カカオやバナナ、花などもあり、エルサルバドルはもちろん、コスタリカやグアテマラ、メキシコなども対象国です。このレインフォレストの豆を買うと間接的ではありますが、生産者の生活も安定し、それによる技術の向上が望めるため、安全安心の良いコーヒーを消費者は買い求めることが出来る...

そういうサイクルにもなっています。このレインフォレストのマーク、見た目がかわいいんです。カエルのマークなんですね。何故カエルかというと、カエルはすごく環境の変化に敏感で、自分の住んでいる環境が汚染などで悪化すると、一番最初に姿を消してしまう生き物だから...だそうです。カエルがたくさん生息していることが、環境が保護されているというバロメーターにもなるんですね。


 
◆リンク集

金沢市を中心に展開する、コーヒー豆専門店・・・コーヒー豆専門店キャラバンサライ
コーヒーマイスターとは?(日本スペシャルティコーヒー協会ホームページへリンク)
おすすめコーヒー情報、新商品など嬉しいお店のNEWSがいっぱい・・・ キャラバンサライのブログ「お店便り」


お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する