2010年6月アーカイブ

◆ネット進出レポート ネット販売による販路開拓
(財)石川県産業創出支援機構(ISICO)では、ネット販売を行っている、石川県内の意欲ある店舗を支援するため、バーチャルモール「お店ばたけ」を開設しています。
ネットに進出し、様々な方法で販路開拓を行っている店舗を紹介します。


目指すは年間売上1億円 利用者拡大に向けアイデア続々 能登紙器(株)
[ダンボールワン]

http://www.notosiki.co.jp/

ダンボールワン サイトイメージ
(上)能登紙器のネットショップ「ダンボールワン」。昨年はサイトを見た大手新聞社からも大口の契約を取り付けた。


●売り上げの約40%がネットショップから

能登で唯一のダンボールメーカーである能登紙器では、平成17年に開設したネットショップの売上高を右肩上がりで伸ばしている。昨年度は、総売上の約40%にあたる7,500万円を販売するまでに成長した。
 昨年2月にはホームページを全面的にリニューアルし、サイト名も社名から「ダンボールワン」へと改めた。この際、デザインを一新したほか、自動見積システムを導入。寸法、材質、数量、配送先を入力するだけで、自動的に見積もりが表示され、そのままサイト上から注文できるように改良した。
 従来のように、メール等で仕様や見積金額についてやりとりする煩わしさがなくなったことで、注文件数が大幅にアップしたほか、スピーディーに受注できるようになり、正午までに注文を受けたものは当日中に出荷することが可能になった。


ダンボールワンWEBマスターの辻俊宏氏 また、リニューアルと同時に、ISICOが運営するバーチャルモール「お店ばたけISHIKAWA」に出店した。「ホームページドクターなどから客観的に見て分かりづらい部分を指摘してもらえた」。ダンボールワンWEBマスターの辻俊宏氏がそう話すように、例えば、これまで業界用語で「A式」と表記していたダンボール箱の形を一般消費者でもイメージしやすい「みかん箱」に変えるなど、改善を施した。



●引っ越しセットなどで個人客の利用増

 同社がネットショップを開設したのは、能登という限られた地域から全国に販路を広げようと考えた
のがきっかけだ。売り上げは初年度こそ低迷したが、その後、毎年のように新たなアイデアを考え、躍進につなげた。

 平成18年には、オーダーメードが常識だった業界にあって、人気のサイズ10種類を規格品として販売開始。小ロットでも安価で購入できるよう工夫した。平成19年にはさまざまなサイズのダンボール箱とクラフトテープ、緩衝材を組み合わせた引っ越しセットを販売。こうした企画が奏功して個人客の利用が増え、現在では売り上げの30%を占めるまでになった。

 この間、全都道府県にあるダンボールメーカーと協力関係を結び、配送先の最寄りのメーカーから納品してもらうことで、納期の短縮と配送費のコストダウンを実現。平成20年には自社広告を入れ、価格を割り引いたダンボール箱の販売をスタートし、好評を得た。
 今年は海外から輸入した低価格ダンボールを投入するなど、1億円の売り上げを達成しようとさらに知恵を絞る。

能登紙器(株)ネットショップ売り上げの推移 グラフ

能登紙器(株)
■所在地  七尾市下町丁32-1
      TEL.0767-57-3002
■代表者  岩崎 隆
■設 立 昭和51年10月
■資本金  1,000万円
■従業員数 13名
■事業内容 ダンボールの製造・販売

(2010/2発行『情報誌ISICO』vol.50掲載記事より)

平成22年6月25日(金)、平成22年度「ネットショップ倶利伽羅合戦 北陸三国志」石川県チーム参加者による初ミーティングが、石川県地場産業振興センター(金沢市)で行われました。

平成22年度「北陸三国志」石川チームミーティングの様子

今回ミーティングでは、各店舗の自己紹介、今年度目標の発表、役割分担と月次ミーティングのスケジュール調整が行われました。

「ネット対決!倶利伽羅合戦 北陸三国志」とは、
石川県/富山県/福井県の参加企業がチームとなり、事業におけるホームページ活用に対して目標を立て、その目標達成率を競う対決です。

→「ネット対決!倶利伽羅合戦 北陸三国志」公式ページ

平成20年度に富山対石川で開催(富山軍の勝利)。平成21年度は福井チームも加わり「北陸三国志」で対決(石川チームの勝利)しました。昨年度の開催結果はこちら


平成22年度<石川チーム>

01:魚専門店の大松水産【石川チームリーダー】
02:羽毛布団の石田屋
03::金沢食品総合研究所(ダイエー食品工業)
04:ワインと地酒の西田酒店
05:半纏本舗:森佐
06:オーダードレスの美露土
07:アート薬局
08:金澤屋珈琲店(キャラバンサライ)
09:恋を叶えるアクセサリーショップ ジャンティールkitakami
10:ダンボール箱のダンボールワン(能登紙器)


ISICOお店ばたけは、今年度もモール出店者の自主的な勉強会として、この活動を応援していきます。

(財)石川県産業創出支援機構(ISICO)では、平成22年6月25日(金)、
H22年度ITを活用した経営力強化セミナー ネットショップ担当者スキル強化講座<技術力編>第1回
「Webコミュニケーションの進化に対応していますか?」を開催し、43名に受講いただきました。ありがとうございました。


遠田幹雄先生

ネットショップ担当者スキル強化講座<技術力編>、第1回目は、遠田幹雄先生((株)ドモドモコーポレーション 代表取締役/お店ばたけホームページドクター)に「Webコミュニケーションの進化に対応していますか?」のテーマでお話しいただきました。


下は講義の様子です。

セミナーの様子


<内容>

・メールは届いているか
・ソーシャルメディア革命
・ツイッターとは
・ツイッターでなにがどうなる?
・ブログとの連係が有効
・フォローを増やそう


講座では、お客様へのメールが間違いなく届いているかの確認や、メールが届かない原因と対策、また迷惑メールになりやすい条件、正しい書き方についてお話しいただきました。
今話題のツイッターについては、ルールやツイッターを活用して繁盛している商店街やネットショップなどの事例が紹介されました。
講座の後半ではワークを行い、受講者に発表いただきました。
自分のツイッターカウントのプロフィールを書く。
・名前、・現在地、・URL、・自己紹介

アンケートでは、回答いただいた全ての方に有意義だったとの回答をいただきました。
ツイッターを始めていない受講者も多かったです。「話しがわかりやすかった、始めてみようと思います。」という回答が多く、とても有意義な講座だったと思います。

講師の遠田先生、ありがとうございました。

次回は、平成22年7月7日(金)、「アクセスログ解析を利用していますか?」<基本編>のテーマで行います。

ご参加をお待ちしています。

(財)石川県産業創出支援機構(ISICO)では、平成22年6月16日(水)、
H22年度ITを活用した経営力強化セミナー ネットショップ経営力強化講座<基礎力編>第2回
「ネットショップの基礎縲恷ゥ社サイトの改善点のヒントは他社サイトにある!」を開催し、37名に受講いただきました。ありがとうございました。


北村錬充先生


ネットショップ経営力強化講座<基礎力編>、第2回目は、北村錬充先生((株)LATERAL/お店ばたけホームページドクター)に「ネットショップの基礎縲恷ゥ社サイトの改善点のヒントは他社サイトにある!」のテーマでお話しいただきました。


下は講義の様子です。

セミナーの様子


<内容>

・他のお店をちゃんと見ていますか?
・売れるヒントを繁盛店から見つけ出そう。
・自社はどんなモデルのお店なのか?


講座では、自分のお店はどんなタイプのお店なのか?の確認。そして同じタイプのお店を徹底的に
研究し、良いと思ったことは、自分なりにアレンジして取り入れること。また、ユーザビリティ、販促方法などについてもたくさんの売れているサイトを事例に解説されました。


 また、ゲスト講師として、能登紙器(株)  辻俊宏さん(下写真左/ダンボールワン Webマスター (ネットショップコンテスト石川2009準グランプリ受賞)にネットショップの取組みについて、北村先生とのディスカッションを行いました。


能登紙器(株) ダンボールワン Webマスター 辻俊宏さん(左側)

 平成17年にネットショップを開設したときは、問い合わせもアクセス数もなく、苦労の連続。Webショップの本を読んだり、セミナーに参加するなどして知識を深め、SEO対策、PPC広告などを行いました。また、規格品、引越しセット(ダンボール、クラフトテープ、緩衝材)などを販売。売上げは右肩上がりに。
昨年、ホームページを全面リニューアルし、サイト名をダンボールワンに。自動見積システムを導入したことにより、注文が大幅に増えました。
ダンボールの組み立て方を動画で紹介したり、業界用語でA式と表記していたダンボール箱の形を、お客様のわかりやすい「みかん箱」と表記するなど工夫をされ、そのことにより、お客様から好評を得ていらっしゃいます。

「自分のサイトを自己満足で終わらすのではなく、第3者からの意見ももらった方が良いです。」との言葉は、サイトを良くしていく上で本当に大切だなことだと思いました。


講師の北村先生、辻さん、ありがとうございました。

次回は、平成22年6月25日(金)、「Webコミュニケーションの進化に対応していますか?」のテーマで行います。

ご参加をお待ちしています。

ネットショップ経営力強化講座<基礎力編>第2回 「ネットショップの基礎縲恷ゥ社サイトの改善点のヒントは他社サイトにある!」にご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

セミナーの中で北村ドクターが紹介された参考サイトをご案内させていただきます。

●自分のお店はどんなタイプのお店だろうか? (P2)

・指名買いタイプ

Amazon
楽天ブックス
ブランドショップ(COCOACHOP JAPAN)
コスメ・香水(量り売り香水.com)
家電店舗(Joshin web)
無線機(中古無線機本舗)
ゲームショップ(ゲオEショップ)

・ニッチタイプ (P3)

クワガタ専門店(正統・純血オオクワガタ専門店)
洗車用品専門店(洗車の王国)
表札専門店(表札1ドットコム)
油専門店(金田油店)
木のおもちゃ専門店(木のおもちゃ.jp)

・オリジナル品

ダイエットシェイク(ヘルシーバンク)
コシヒカリ(美米屋)
ところてん(ところてんの伊豆河童)
烏骨鶏(金澤烏鶏庵)
化粧品(山田養蜂場)

・総合型 (P4)

家具販売(家具のネットショップKAGOO)
ケンコーコム
ホームセンター(KOMERI.COM)
通販向け商材(www.通販生活)
雑貨系ショップ(アンジェ)


●お客様の安心感をつくろう

・店舗は一目で何屋かわかるかどうか?

九谷焼(和座本舗)

・店舗紹介や会社概要を詳しくする

自分の思いやスタッフの顔をみせてあげよう。(木のおもちゃ.jp)


●ナビゲーションは重要だ。(P5)

どのページからでもお客さんを目的通りに誘導しよう。(ラ・ポンテ)

気分で探してもらう意識別カテゴリ。(ケイコとマナブ.net)


●滞在時間を延ばすコンテンツ作り

・いろんな切り口でユーザーを楽しませよう
総合通販ショップ(ベルメゾンネット)

・セールも一つのコンテンツ

他店舗との共同セールも参考に。(楽天)


●お客様のニーズと目的をくみ取ってあげよう。(P6)

ランドセルの基礎知識(ラ・ポンテ)
   
仏壇のお手入れ(一休さんのはなおか)

出産祝いのマナー(シャディ)     

パソコンの選び方(価格.com)


●写真のクオリティを上げていこう

サンダルの例(サルース) その2(アマゾン)

レディースフォーマルの例(ビーギャラリー)

いくら(及川屋)


●お問い合わせはあらゆる方法で!(P7)

業者間向けサイトの場合(Net de net)

高年齢層がターゲットにいる場合(中古無線機本舗)

オーダーメイドなど問い合わせをうけた方が早い場合(枡工房枡屋)

配送に間に合うかの急ぎのお問い合わせの場合(幸寿し)


●はじめての購入をいかにとっていくか。

お試しセット(kome-hacco.com)

はじめての方限定(竹虎)

サンプル請求(ソフリープ)


●客単価アップ大作戦 その1(P8)

アマゾンのレコメンド

低額商品の同梱のお誘い(河内屋)

便利グッズの同梱お誘い(紀伊国屋文左衛門本舗)

ギフトボックスの同梱お誘い(OJICO)

送料無料ラインの同梱のお誘い(軽井沢紅茶館 サンビーム )


●客単価アップ大作戦 その2

まとめ買いでさらにお得。(半額インク)

アップグレードを狙え。(松阪牛専門店やまと)

松竹梅やランキングのセットを見せるのも効果的(八代目儀兵衛)


●詳細説明はイラストや動画も効果的(P9)

組み立て方(ダンボールワン)

イラストで特徴を説明(松阪牛専門店やまと)

レビューをイラスト化(オーガランド)


●一点突破と幅広い受け皿

ほおっておいても繰り返し売れる商材を作れ。(水郷のとりやさん)


●ページストーリーの考え方(P10)

売れている感をメインに打ち出していく場合(紀伊国屋文左衛門本舗)

売れている商品に気持ちを乗せるケース(和食器のお店 和座)

使うシーンを想定させる(松阪牛専門店やまと)

インパクトを重視したページ作り(海老せん本舗)

福袋(サンライズファーム)

売れている理由からストーリーを作る(アミファ)

徹底的にディティールにこだわる(土屋鞄)


●押さえておきたい細かいこと(P10)

決済情報も買い物カゴ周りに。(松阪牛専門店やまと)

・お客様の声を上手に使おう(OJICO)


●店舗内修正を行いながら集客に着手

検索するときに出てくる広告のこと

(財)石川県産業創出支援機構(ISICO)では、平成22年6月2日(水)、
H22年度ITを活用した経営力強化セミナー ネットショップ経営力強化講座<基礎力編>第1回
「ネットショップの基礎縲怎lット販売の原点」を開催し、45名に受講いただきました。ありがとうございました。


北村錬充先生


ネットショップ経営力強化講座<基礎力編>、第1回目は、北村錬充先生((株)LATERAL/お店ばたけホームページドクター)に「ネットショップの基礎縲怎lット販売の原点」のテーマでネットショップについて知っておきたい運営の基本と心得をお話しいただきました。


下は講義の様子です。

セミナーの様子

<内容>

・ネットショップは商売
・知っているようでまるで知らないネットショップ運営
・サイトマップを作ろう
・ネットショップ運営に必要な物。知っていますか?
・目標設定のためのチェックシート(自己分析)


●ネットショップ開設の準備
・ネットショップは独立起業する考えと同じ、予算・経費など事業計画が必要
・ネットショップの構造図面(サイトマップ)で具体的に説明

●自分のショップの自己分析(実習)
・各自自社サイトの分析シートを20分で記入。そして2人ペア(Aさん、Bさん)になって実習を行った。
(Aさんが自社のPRをする。(5分間)→Bさんが質問をする。(5分間) 次は交代)

●ネットショップ運営の基本
・アクセス数よりも転換率(アクセスした人のうち、何人が買ってくれるかの比率)が大切
・お客様がサイトを利用しやすいように、しっかりと接客することが大切
・バックヤード(初期フレーム対応、入金案内、発送案内など)も重要


実習は好評で、それぞれが新たな気付きを得られ、モチベーションが上がり、そして良い交流の場となったとの評価をいただきました。
多くの方に受講いただき、アンケートではわかりやすく勉強になったなど、ほとんどの方から有意義だったとの回答をいただきました。


講師の北村先生、ありがとうございました。

次回は、平成22年6月16日(水)、「ネットショップの基礎縲恷ゥ社サイトの改善点のヒントは他社サイトにある!」のテーマで行います。

ご参加をお待ちしています。

ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」では、2010年 5月12日(水)、平成22年度第1回目の「お店ばたけ出店者交流会」を開催しました。

お店ばたけ出店者交流会は、ネットショップオーナー(ご担当者様)のみなさまが、実際に顔を合わせて交流する会。
今回は、地場産業振興センター(金沢市)研修室に、14名の出店者が集まりました。

●出店者交流会(金沢会場)の様子(写真はセミナー風景)
出店者交流会のセミナー風景


 まずISICO事務局より、平成21年度お店ばたけ運営にご協力いただきましたことに対し感謝の意を伝え、平成22年度の運営スケジュールと各事業内容を紹介いたしました。

 また、平成22年6月2日(水)より今年も開催される
・ネットショップ経営力強化講座「基礎力編・販促力編」
・ネットショップ担当者スキル強化講座「技術編」
について、昨年度との違いを中心に紹介し、初めての方も、昨年受けられた方で興味のある方も、
是非受講いただきたい旨を伝えました。
そして、今年度は全講座がどなたでも無料で受講できることを伝えました。

平成22年度ネットショップセミナー開催予定表はこちら


 また、専門家派遣制度(ドクタークリニック)についても、今年度も募集中の旨伝え、初回縲鰀3回目まで無料となったことを伝えました。


ホームページに関する専門家派遣(ドクタークリニック)事業について

その後、恒例の出店者自己紹介を行いました。


●続いては、出店者ミニセミナー。
フォトアトリエアディ 堀光治さん

今回は、お店ばたけ出店者のフォトアトリエアディ 堀光治さん
「関係性マーケティング 縲恟ャさなお店のブランド化戦略縲怐vというテーマでお話しいただきました。

フォトアトリエアディは石川県能美市にある写真館です。


 
皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

1

お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

お店ばたけ出店者ブログ 更新情報

>>最新15件がこちらでご覧になれます!

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する