2010年7月アーカイブ

夢ミルク館のソフトクリーム石川県河北潟、「ホリ牧場」の新鮮な牛乳を使ったソフトクリームが人気の「夢ミルク館」では、8月末まで週末イベントを開催しています。
夏の河北潟で、気の合う仲間と楽しい思い出を作りませんか。

**********************************************
▼△ 夢ミルク館 夏のイベントのご案内 △▼
**********************************************


7/25(日)トウモロコシの巨大迷路オープン
  丸太の1本橋タイムトライアル11:00縲鰀15:00<開催済み>

8/1(日)トウモロコシの巨大迷路タイムトライアル(シングル) 11:00縲鰀15:00

8/8(日)パットパットフリスビー11:00縲鰀15:00

8/14(土)トウモロコシの早食い競争11:00縲鰀15:00

8/22(日)フリーマーケット10:00縲鰀15:00
  トウモロコシの巨大迷路タイムトライアル(ペア)11:00縲鰀15:00


※雨天または都合により日時の変更・中止があります。
※口蹄疫等の疾病拡散がある時は、中止になる場合があります。


---

敷地内には、動物たちと触れ合える場所や恋人の聖地モニュメントもあります。
広大な草原の中で、ソフトクリームを食べたり、動物たちと触れ合ったり、牧場スタッフ手作りの遊具などで遊んだり、のびのび自由に楽しめる「夢ミルク館」へどうぞ!


夢ミルク館

所在地: 石川県河北郡内灘町湖西243 地図

TEL: 076-255-1369

(財)石川県産業創出支援機構「石川発!お店探訪記」金沢・加賀・能登 頑張るお店 は、石川県内の実店舗・ショップを訪問し、取扱商品の特徴・売れ筋、店づくりや店舗展開・経営方針、顧客サービスや今後の課題などを取材して、頑張っているお店の魅力を紹介していきます。

お店ばたけ出店者 あいさつ状ONLINE STORE

お客様の心に響くものづくりで次なる成長を期す あいさつ状ONLINE STORE


バブル崩壊、パソコンの普及、長期にわたるデフレ環境下にあって、印刷業界においても生き残りを賭けた激しい価格競争が繰り広げられている。こうした中で、新たな収益の柱にすべく、1年前にネット上で挨拶状の印刷を受注する『あいさつ状 ONLINE STORE』を立ち上げた(株)栄光プリントの出村明社長にお話を伺った。


● 新規顧客獲得を狙いネットショップを立ち上げ
(株)栄光プリント 出村明社長リーマンショック以降急激に売上が減少してきた中で、何か新しい収益源となる仕事を確保できないかと出村社長が思案を巡らせていた時、大阪で開催された勉強会で『挨拶のWeb Shop先駆者』である徳丸博之氏の講演を聴く機会を得る。

2003年に2縲怩R人でスタートした印刷会社が、ネットで挨拶状を印刷するサービスを開始したところ、倍々ゲームで業績が伸び、現在では年商7億円の会社に急成長している。確固たる地位を確立し、簡単に真似ができないほど独走している成功のノウハウの一端を100人あまりの同業者が聴講したもの。「トップ企業が独走している中で誰も真似しないだろうから、自分だけ真似をすれば、大手の手が届かない仕事を拾えるのではないか、それが全国相手の仕事になれば、それなりの売上になるのではないかと思った」とネットショップ立ち上げの経緯を述懐する。


● 自社にウェブデザイナーがいたことが勝因
前述の先行企業のやり方を参考に、ウェブショップで挨拶状を小ロットで受注するテストショップをまずやろうと考えた。幸いなことに、同社にはウェブ作成に長けた社員がいたことから、延べにして2カ月あまりの期間をかけて、『あいさつ状ONLINE STORE』が完成する。実際にこのホームページにアクセスすると一目瞭然だが、先行企業に勝るとも劣らない作り込まれたレベルの高いものとなっている。転勤転職定年退職独立・開業事務所移転社長交代など需要の多いものは目立つサイズのアイコンで配置し、初めてこのホームページを訪問した人にも単純明快で分かりやすいページ構成になっている。

「中島君がホームページの大部分を作成してくれていますが、彼がいてくれることは当社にとって非常にありがたく、自社内でサイトを作成できることが強みにもなっています。他のスタッフが手の空いた時間を有効に活用して、テキスト入力等を手伝いながら、2カ月余りを要して完成した社員たちの力作です」と胸を張る。


● 更なるステップアップを期し、お店ばたけへ出店
転勤挨拶状スタート当初は、既存の仕事をしながら片手間に対応する程度しか注文はないだろうと予測していた。つまり、月に数十万円程度売上があれば上等と考えていた。ところが、実際にスタートしてみると、「予想以上に注文が舞い込み、異動時期の3月から4月にかけては月100万円を超え、その他の月も高い数字を維持するようになってきています」と、嬉しい誤算に笑みがこぼれる。これに意を強くした出村社長は、この売上をさらに倍、倍と増やし、将来的には10倍ぐらいに持っていくため、ISICOのお店ばたけに出店し、専門家のアドバイスを受けながら、ホームページの魅力アップ、使い勝手の向上、検索アクセス数の増加を図るべく、進化に向けた取り組みをスタートさせたところ。


● 1年間のテストショップで得たものをフィードバック
約1年やってみて分かったことを伺うと、「非常に小ロットの仕事が多く、中には1枚だけ印刷する注文もありました。何百枚、何千枚という仕事も時にはありますが、概ね100枚以下が主流です。発注者の地域は、関東方面からが全体の6割近くを占め、次いで関西、あとは北海道から沖縄まで、全国から注文があります。今のところ個人よりも法人からの注文比率が高いです」とのこと。

注文は十人十色、一人ひとり異なり、同じものが一つもなく、全ての商品がオリジナルである。挨拶状はアイテム数にすると150縲鰀160種類に及び、もちろんオリジナルの文章にも対応している。校正のやりとりの過程で、挿入する地図を何回も差し替えたり、何度も文章を訂正するお客さんがいて手間と時間を要する場合もあるようだが、追加料金は一切請求せず、ホームページに提示した枚数に応じた料金のみで対応している。

現在、『あいさつ状ONLIN STORE』では、価格体系を工夫し25%引、全国送料無料を打ち出してお得感をアピールしている。また生産体制の効率化を図り利益を確保している。年賀状のシーズンには年賀状もラインアップしたものの、最も競争の激しい分野で、デザインのバリエーションが豊富な大手には全く歯が立たなかったようだ。そんな中で、デザインの関係ない喪中ハガキの注文を多く獲得する。つまり、定型のものにはまだまだ可能性が潜んでいる証拠でもある。


● 心を込めたものづくりに専心
「一枚のあいさつ状の中に、それを注文してきたお客様のいろんな人生ドラマが垣間見えるだけに、納品された商品を受け取ったお客様には全く分からないかもしれませんが、製作に携わる我々は真心を込めて、たとえ1枚であっても、逆に言えば少ない枚数だからこそ、なおのこと心を込めて、お客様が納得し、満足していただける丁寧な仕事を心掛けていきたい」と熱く語る。間もなくウェブショップが1周年を迎えることから、値引きではなく何か付加価値をつける形での記念セールを検討中。と同時に、挨拶状とは別に封筒や名刺などの定型ものを受注する新たなホームページを準備中で、早ければ今夏中にはアップしたい考えだ。


● 3年後には売上の10%を目標に
あいさつ状ONLINE STORE.jpg会社としての看板商品を持ちたいとの思いから、自費出版にも力を注いでいる。出村社長自ら自費出版アドバイザーの資格を取得。『自費出版がよくわかる本』を出版し、「自費出版と言えば栄光プリントと言われるように持っていきたい」と力を込める。

ホームページを見たお客さんが、その他の印刷物も注文してくれる相乗効果が期待できるホームページ運営を推し進めていく考えだ。現状では売上全体の数%に満たないウェブ部門を、3年後には10%程度にまで持っていくことを目標に、ブラッシュアップに取り組むスタッフを温かく見守る出村社長の眼差しが印象に残った。


インタビューを終えて・・・
小粒でもピリリと辛い職人集団を標榜する栄光プリント。先代から築いてきた信用・信頼を第一に、顧客の喜ぶ顔が見られるハートのある仕事に邁進してもらいたい。

あいさつ状ONLINE STORE 社長と担当スタッフ店舗名 (株)栄光プリント
住 所 金沢市神宮寺3-4-17
電話番号 (076)251-3076
創 業 昭和46年
資本金 2000万円
URL http://www.aisatsujou.com

あいさつ状ONLINE STORE 担当スタッフ
後列:出村社長の右横が中島さん
前列:橋本店長(左)と制作の水野さん

(財)石川県産業創出支援機構「石川発!お店探訪記」金沢・加賀・能登 頑張るお店 は、石川県内の実店舗・ショップを訪問し、取扱商品の特徴・売れ筋、店づくりや店舗展開・経営方針、顧客サービスや今後の課題などを取材して、頑張っているお店の魅力を紹介していきます。

お店ばたけ出店者 ジャンティール キタカミ

恋人の聖地・内灘に恋人たちのジュエリーショップ ジャンティール キタカミ


平成21年、恋人の聖地に認定された内灘町。この町でジュエリー一筋25年、堅実な商いで得意客を増やし、巷で人気の高いジュエリーショップが『ジャンティール キタカミ』である。新たな取り組みとして、ウェブショップを開設して約1年、オリジナルアクセサリーの売れ行きが好調な同店の北上徹祥社長(右から4番目)、北上宗憲チーフデザイナー(右から3番目)にお話を伺った。


● 気が付けば25周年
ジャンティールキタカミ北上社長はジュエリーショップを持つ夢を実現すべく、昭和60年に自らの生まれ故郷である内灘町に『ジャンティール キタカミ』(ジャンティールはフランス語でおしゃれの意)をオープンする。その門出を祝すかのように、同年産まれたのが三男の宗憲さんで、彼は店の歩みと共に成長し、今は頼もしい片腕としてアクセサリーの製作を担当している。

バブル期には、香林坊109やポルテ金沢にも支店を構えていたが、遡ること13年前に全て撤退し、本店一店舗に集中する。
「今のように本店だけであれば、お客様がいつ来店されても私か家内が必ず接客できますが、支店を出すと、私たち夫婦が店にいない時間が多くなり、目が行き届かなくなり、お客様からすると顧客満足度の低い店になっていました」と北上社長は自省する。


● ネットショップで若い顧客を開拓
天使の恋するネックレス地元の専門店として、地元に役立つ店でありたいと邁進してきた北上社長の背中を見て育った宗憲さんは、「うちの店は、若い人たちには敷居が高く入りにくいとの声を耳にしていたため、若い人が気軽に購入できる価格帯のアクセサリーをウェブショップで販売することで、若い人に来店してもらう動機付けになればとの思いから、1年前に手作りのホームページを立ち上げました」とネットショップ開設の経緯を語る。

同店のネットショップでは、オリジナルアクセサリー『天使の恋するネックレス&ブレスレット』を販売している。恋人の聖地・内灘に相応しく、恋人たちを応援する同店ならではのアイデア商品で、注文を受けてから1点、1点、宗憲さんが手作業で仕上げている。「ネットショップでアクセサリーを購入した若い人たちを、ゆくゆくはブライダル需要にもつなげていきたい」と目を輝かせる宗憲さん。


● 人気ブロガーとコラボ
ジャンティールキタカミのネットショップ昨年、内灘町が恋人の聖地に認定されたのを受け、町のイベントに人気ブロガーの桃ちゃんを呼んでサイン会を開催した際、同店オリジナルの『天使の恋するネックレス』を着用してもらい、彼女のブログで時々宣伝してもらう契約を取り付ける。桃ちゃんがブログにネックレスを着用した写真をアップし、アクセサリーのかわいさをアピールしたことで人気に火がつき、注文が一気に増えたという。

同店では、北上社長スタッフ宗憲さんがそれぞれにブログを発信しており、こうしたブログからウェブショップに入ってくる人が少なくなく、販促ツールの一つとして貢献している。


● ネットは全国がターゲット
「ネットショップを立ち上げたところ、これまでご縁のなかった関東、関西方面はもちろんのこと、北海道や沖縄からもアクセサリーの注文が舞い込んで来たのには驚きました」と宗憲さんは振り返る。1年あまりが経過し、月平均で約3000件のアクセスがあるとのこと。

『天使の恋するネックレスをつけたおかげで彼氏ができた・・・』との喜びの声が多数寄せられており、「そうした全国各地の女性たちが、近い将来、恋人の聖地でもある内灘町の当店に遊びに来てくれることが私の楽しみの一つです」と北上社長は顔を綻ばす。


● お店ばたけに出店し、レベルアップを図る
自店のホームページのレベルを客観的に評価してもらうべく、平成21年度にISICOが主催したネットショップコンテスト石川2009に初めてエントリーする。「ホームページの作成は素人である私が自己流で作成したものだけに、プロが作成したものと比べると著しく見劣りがし、素人のできることには限界があることを痛感しました」と宗憲さん。

そこで、ISICOのお店ばたけに出店することで、プロのアドバイザーによる指導や助言を受け、魅力あるホームページにリニューアルしていきたいと考えた。


● 幸運を呼ぶエンジェル
幸運を呼ぶエンジェルジャンティールキタカミの店内に入り、左手に進むと壁面にユリの花を手に持った天使の絵が飾られている。これは遡ること22年あまり前、百貨店のアンティーク売場に飾られていたのを北上社長が見つけ買い求めたもの。以来、誰が決めたわけでもないが、この天使の絵の前で写真を撮ったカップルが幸せになることから、『幸運を呼ぶエンジェル』として人気のスポットになっている。開店から25年間で8000組を超えるカップルが同店で婚約指輪、結婚指輪を買い求めているというから驚きだ。

お客さんと同店の縁の始まりは婚約指輪だが、その後の結婚指輪、毎年の結婚記念日や誕生日と、次々と記念日が到来することから、婚約指輪を購入したお客様の大部分がリピーターになっている。「オープン当初のお客様の中にはお孫さんまで三世代のお付き合いも少なくなく、一組のお客様との出会いが、その人の人生はもちろんのこと、ご家族の人生の節目にも当店がお役に立てることが何より嬉しいです」と満面の笑みで語る北上社長。


● あくまでも地元顧客第一主義
ISICOの指導を得て、ホームページが充実した段階で、楽天への出店や世界市場もターゲットにしたい考えだ。「ただ、アクセサリーは注文が入ってから私が一人で作るため、大量に注文が入った場合は対応できなくなります。25年間商いを続けてくることができたのは、日々来店してくださる地元のお客様があってのことで、そのお客様を一番大事にしていきたいと思っています。ネットショップの可能性はとても素晴らしいことは分かっていますが、ネットへの対応に時間が取られて実店舗の接客が疎かになるようなことはしたくないので、そのジレンマがあります」と地域密着型店舗にこだわる宗憲さん。若さの中にもしっかりとした芯が1本通った考え方に感服させられる。

『天使の恋するネックレス』に漆塗りを施した『WAJIMA』シリーズさらに、異業種である輪島塗とコラボレーションし、『天使の恋するネックレス』に漆塗りを施した『WAJIMA』シリーズを新たに展開するなど、同店の商品アイテムに新風を吹き込む若き宗憲さんのこれからの活躍が楽しみである。


インタビューを終えて・・・
長男が店長、三男がデザイナーとして両親をサポートし、家族とスタッフが心を一つにしてお客様を温かくおもてなしする、これがジャンティールキタカミが追求する商いであることを痛感させられた。

ジャンティール キタカミ 外観店舗名 ジャンティール キタカミ
住 所 河北郡内灘町鶴ヶ丘3-138-3
電話番号 (076)238-7770
創 業 昭和60年
URL http://genti-k.shop-pro.jp/

 ISICODgnetイベント情報より、「第36回商業界北陸ゼミナール石川大会(2日間)」参加者募集のお知らせです。
 分科会「ネットビジネスを目指す方へ」では、ネットショップコンテスト石川初代グランプリでお店ばたけ出店者の(株)能登前・幸寿し 橋本公生さんも講演されます!
 是非、ご参加ください。


***********************************************************
 第36回商業界北陸ゼミナール石川大会
 縲恪。年のメインテーマ縲鰀
 『自分の流儀を変えよ。逆境からの大逆転。今こそ、一歩を踏み出せ!』
***********************************************************

  第36回商業界北陸ゼミナール石川大会(2日間)【参加者募集】
  http://dgnet.isico.or.jp/etc/view.phtml?uk=00033736


 ■日時 平成22年9月14日(火)・15日(水)
 
 ■会場 加賀市片山津温泉「佳水郷」

 ■プログラム
  9月14日
  13:00縲怺J講式
  13:30縲怐u不況が商人を鍛える」 倉本初夫(株)商業界主幹
  
  14:45縲怐u商売十訓を解き明かす・お客様のために一番大切なこと」
           結城義晴 (株)商人舎代表取締役社長
  16:30縲恤ェ科会
     繁盛店づくりを目指す方へ
           山口勉 (株)ヤマグチ代表取締役
     
     オンリーワンの商品づくりを目指す方へ
           南政広 (株)チャンピオンカレー代表取締役社長
              
     ネットビジネスを目指す方へ
           橋本公生 (株)能登前・幸寿し代表取締役
           
     地方から挑戦する方へ
           記州陽子 (株)花とも、(有)花座代表取締役社長
  18:00縲恬[食
  20:00縲恷ヤ座討論会

  9月15日
   6:30縲恍ゥ食
   9:00縲怐u顧客満足・従業員満足・リーダーシップで会社を伸ばす
   縲怺エ動を生み続ける超人気ヘアサロンにおける人を活かす経営縲怐v
           久保華図八 (有)バグジー代表取締役社長
           
  10:45縲怐u日本でいちばん大切にしたい会社
         縲怩ネぜこの会社はモチベーションが高いのか縲怐v
           坂本光司 法政大学大学院政策創造研究科教授
                同経営大学院(MBAコース)兼担教授
  12:15縲恤ツ講式

 ■受講料 33,000円(1泊2食、テキスト代含む)
    ※8月13日までにお振込の場合、お一人様30,000円となります。

 ■お申し込み方法
  下記URLの参加申込フォームよりお申し込みください。
  → http://www.shogyokai-ishikawa.gr.jp/zemi/2010/index.html

 ■主催 商業界石川県同友会 
 ■共催 商業界富山県同友会、商業界福井県同友会、(株)商業界
 ■後援 石川県産業創出支援機構、石川県商工会議所連合会
     石川県商工会連合会、石川県スーパーマーケット連絡協議会
     石川県商店街振興組合連合会、石川県中小企業家同友会
     石川県倫理法人会、北國新聞社、テレビ金沢、エフエム石川


 ■□■お問い合わせ先■□■

 商業界石川県同友会北陸ゼミナール事務局
  [(有)エヌ・シー・エス 担当:島崎] 
  TEL 076-267-4142 

 2010年7月21日(水)、北陸中日新聞朝刊 14面(ほくりく経済)に、
「インドネシアに協力工場 大口の価格競争に対応」のタイトルで、ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」出店者の能登紙器(株)(石川県七尾市/ダンボール箱の製造販売)が掲載されました。

大口の価格競争に対応できるようにと、人件費が安価な海外に目を向け、協力工場としてインドネシアの段ボールメーカーと生産委託契約を結んだことなどが紹介されています。

詳しくは新聞をご覧下さい。


お店ばたけブログに掲載した能登紙器(ダンボールワン)さん関連記事

目指すは年間売上1億円 利用者拡大に向けアイデア続々 能登紙器(株)【ダンボールワン】

(財)石川県産業創出支援機構(ISICO)では、平成22年7月7日(水)、
H22年度ITを活用した経営力強化セミナー ネットショップ担当者スキル強化講座<技術力編>第2回
「アクセスログ解析を利用していますか?<基礎編>」を開催し、43名に受講いただきました。ありがとうございました。


中野治美先生ネットショップ担当者スキル強化講座<技術力編>、第2回目は、中野治美先生(タスクマザー 代表/お店ばたけホームページドクター)に「アクセスログ解析を利用していますか?<基礎編>」のテーマでお話しいただきました。


下は講義の様子です。

セミナーの様子


<内容>

・アクセスログ解析の基礎知識
・アクセスログ解析の必要性
・アクセスログ解析の種類
・アクセスログ解析用語
・Google Analytics(アナリティクス)の設置方法
・アクセスログ解析チェックシート


講座では、アクセスログ解析を元にお客様の層や動向を予測すること、自社サイトの現状をしっかり把握することなどをお話しいただきました。
また、アクセスログ解析サービスでおすすめのGoogle Analytics(無料)の設置方法について簡単に解説いただきました。

講座の後半ではワークを行いました。(アクセスログ解析チェックシート)
自店のアクセス解析ツール活用状態を把握し、また
・訪問者数は?(1カ月、もしくは1日の数)
・ページビュー数(1カ月、もしくは1日の数)
・平均ページビュー数(1人の訪問者が閲覧するページ数)などの予測値を記入しました。

アンケート結果からは、「アクセスログ解析の必要性がわかった。」 「とても参考になった。」 「アクセス解析ツールを導入しようと思う。」などの声をいただきました。

講師の中野先生、ありがとうございました。

次回は、平成22年7月21日(水)、「アクセスログ解析で現状把握」<分析編>のテーマで行います。

ご参加をお待ちしています。

◆ネット進出レポート ネット販売による販路開拓
(財)石川県産業創出支援機構(ISICO)では、ネット販売を行っている、石川県内の意欲ある店舗を支援するため、バーチャルモール「お店ばたけ」を開設しています。
ネットに進出し、様々な方法で販路開拓を行っている店舗を紹介します。


利用者に代わって商品を厳選 確かな目利きが成長のカギ(株)公進都市企画
[じろや]

http://www.giro-ya.com/

じろや ウェブサイト
(上/じろやのウェブサイト)コンテストでは審査員が「商品の質の良さが伝わるショップ」とコメント。商品写真にも高い評価が寄せられた

●月替わりの特集で購買意欲を刺激

社員が撮影した商品写真は、自然光での撮影を心がけている

 公進都市企画が運営する「じろや」は、九谷焼の食器や牛首紬のバッグといった伝統工芸品を販売するセレクトショップである。ショップには、シンプル&モダンをテーマに、およそ600点もの商品がラインアップされている。いずれも、県内作家の手によるもので、運営責任者である小高康之取締役が実際に工房を訪ね、選び抜いた逸品だ。

 ショップがオープンしたのは平成18年1月。同社の関連企業である(株)西山産業(白山市)が牛首紬を製造していることから、県内の優れた伝統工芸品を広く紹介したいと店を開き、以降、売り上げもアクセス数も順調に伸ばしている。
 じろやの好調を支えているのは、確かな目利きだ。ネットでは商品を手に取ることができないだけに、小高取締役は利用者に代わって現物を入念にチェックして商品を厳選。半数以上がリピーターということからも、利用者の満足度の高さがうかがえる。商品の魅力をストレートに表現しようと、サイトは白を基調としたシンプルなデザインとし、温かみのある写真が商品の色合いや素材の質感を伝えている。

 母の日のプレゼントに最適の商品を集めたり、注目の作家にスポットを当てたりと、月替わりの特集を
組むほか、こまめに新商品を紹介して、更新頻度を上げるなどして、いつ訪れても新たな発見があるショップになるよう工夫している。


●改良を重ねてコンテストで入賞

じろやご担当 小高取締役 今年3月にはISICOが主催する「ネットショップコンテスト石川2009」で、ファイナリスト賞に輝いた。昨年に続き、2回目の応募での受賞である。

 受賞の陰には、去年から今年にかけての細かな改良の積み重ねがあった。デザインを見直し、商品写真をより大きく掲載したほか、商品選択から決済に至るまでの導線を分かりやすく再構成。また、「ショッピングカート」と呼ばれる決済システムにおいても、システムを提供している会社に要望し、使い勝手がよくなるようカスタマイズしてもらった。

「写真はいいが、職人さんや店員さんが登場しないのが寂しい」との選評を受け、「今後は、作家や制作過程をサイト内で紹介したい」と小高取締役。「こだわりの手仕事は石川県の財産」と、塗り物やガラス製品なども充実させ、さらにサイトを進化させていく考えだ。


(株)公進都市企画
■所在地 白山市部入道町ト40
     TEL.076-273-0808
■代表者 小倉 継和
■設立 昭和57年11月
■資本金 1,000万円
■従業員数 6名
■事業内容 牛首紬、九谷焼など伝統工芸品の販売、造園工事など

(2010/7発行『情報誌ISICO』vol.52掲載記事より)

◆ネット進出レポート ネット販売による販路開拓

(財)石川県産業創出支援機構(ISICO)では、ネット販売を行っている、石川県内の意欲ある店舗を支援するため、バーチャルモール「お店ばたけ」を開設しています。
ネットに進出し、様々な方法で販路開拓を行っている店舗を紹介します。


季節に合わせたキャンペーンでこだわり農産物をPR(株)金沢大地
[農産工房 金沢大地]

http://www.k-daichi.com/

農産工房 金沢大地 Webサイト
金沢大地のネットショップでは写真と商品の説明文が豊富。ISICO主催の「ネットショップコンテスト石川2009」では、ファイナリスト賞を獲得した


●有機JAS認証の商品がずらり

 金沢大地では、直営農場「金沢農業」が生産した米や小麦、大豆、野菜などの農産物と、これらを主原料とした味噌や醤油、豆腐、麦茶などの加工品を販売するネットショップを運営している。農産物のほとんどを有機栽培で育てている点が大きな特色で、商品一覧には有機JAS認証商品がずらりと並んでいる。

有機農産物を使った加工品と、電動石臼「キッチンミル」

 平成17年の開設から6年目を迎え、ネット販売の売り上げは順調に増え、毎年、目標額をクリアし続けている。好調の背景には、「食の安全・安心」を求めるニーズの高まりはもちろん、金沢大地の積極的な販売戦略がある。

 その一つが、シーズンに合わせたキャンペーンだ。秋に収穫祭として有機米をプレゼントしたり、初夏には大豆を無料で配布し種まきを呼びかけたりするなど、サイト上でさまざまな企画を実施したところ、多くの反響が寄せられたという。
 商品ラインアップの充実にも力を注ぎ、家庭で味噌が作られるように米麹こうじと大豆を組み合わせたセット商品を販売するほか、小麦を自宅で挽(ひ)くことができる電動石臼「キッチン・ミル」などユニークな商品も扱っている。


●作り手の情熱と主婦目線が商品への説得力を生む

Webご担当 五十嵐さん また、ホームページでは、単に商品を販売するだけでなく、有機栽培を始めた理由や将来的な目標など、井村辰二郎代表の農業に対する情熱を伝えている。加えて、利用者が農業を考えるきっかけとなるよう、同社が運営するコミュニティーサイト「あぐりハグハグ」にもリンクしており、金沢大地の農業への姿勢が伝わってくるつくりになっている。
 一方、商品の説明に関しては、ネットショップ担当の五十嵐教子(のりこ)さんが、小さな子を持つ母親として率直な感想をコメント。農作物の作り手側と購入する側双方の意見が見えることが、ユーザーにとって商品への信頼感につながっているようだ。

 同社では今後、出荷時期などのタイムリーな話題を今まで以上にきめ細かく発信し、ネットショップでの購入につなげていく考えだ。五十嵐さんも、「ISICOのホームページドクターにサポートしていただき、改善を加えてきた。これからもアドバイスを参考に、ネット販売の売り上げ増につなげていきたい」と意気込んでいる。

(株)金沢大地
■所在地 金沢市八田町東9番地
       TEL.076-257-8818
■代表者 井村 辰二郎
■設立  平成14年3月
■資本金 2,400万円
■従業員数 13名
■事業内容 農産物加工・販売

(2010/7発行『情報誌ISICO』vol.52掲載記事より)

今年も開戦!「ネット対決倶利伽羅合戦 session3 北陸三国志」

「ネット対決倶利伽羅合戦 session3 北陸三国志」開戦

 2010年7月10日(土)、富山vs石川vs福井の企業が県別チーム対抗で、ネットビジネスの目標達成率を競う「ネット対決倶利伽羅合戦 session3 北陸三国志」のキックオフが開催されました。
対決期間は2010年7月から2011年3月末までです。

 >>「ネット対決倶利伽羅合戦 北陸三国志」公式ページ


 会場となったのは、福井県坂井市のソフトパークふくい「福井県産業情報センタービル」研修室。
同日開催「ツイッタービジネス活用セミナー」((財)ふくい産業支援センター主催)も受講できるよう、取りはからっていただきました。

そして、今年も「GOTOプラス」主宰の各県ITコーディネーターが、第3回目の合戦を、キックオフから盛り上げてくれます。富山軍の合田さん曰く、密かな目標は「タニハタさん作の詩に曲を付けて“北陸三国志の歌”を売り出す」ことだとか...?

下は富山軍、合田さんによるプレゼン画面(表紙)。
北陸三国志 開戦!


福井チーム自己紹介の様子です。(キックオフは5社参加 写真はマルカワみそ河崎さん)
福井チーム自己紹介の様子

富山チーム自己紹介の様子です。
富山チーム自己紹介の様子

そして、石川県チーム自己紹介の様子です。
石川チーム自己紹介の様子

GOTOプラスの(左から)福井軍の川中さん、石川軍の遠田さん、富山軍の合田さん。
合戦主宰 GOTOプラスの3人の先生


○各県チームの参加企業はこちら

【石川県チーム】
石川県側:ISICO お店ばたけの出店者を中心とした選抜チーム(10社) 紹介画面
石川県チーム紹介画面


【富山県チーム】
富山県側:TONIO 本気で儲ける会の選抜チーム(13社) 紹介画面
富山県チーム紹介画面


【福井県チーム】
福井県チームは、川中アドバイザーfiscがサポート。福井県の20社紹介画面
福井県チーム紹介画面


3県メンバーの皆様、今年も各企業の目標達成とチームの勝利を目指し頑張ってください!
ISICOお店ばたけも、この勉強会活動を応援していきます。

本日2010年7月2日(金)より、金沢市鞍月、石川県庁隣、石川県地場産業振興センターにて「全国手づくりガラス展」が開催されています。

ガラス展展示 見ているだけでも涼しさを満喫できます。

ガラス展展示 お気に入りの作品が見つかるかも。

全国51の作家の手づくりガラス作品約2300点が展示されています。

 グラスなどの食器、花器、風鈴に写真立て、ネックレス、イヤリングなどのアクセサリー、かわいい動物の置物まで、気に入ったガラス作品は購入も可能です。(展示即売)
 全てが作家の手がつくりだした、1点ものです。是非、ご自身の「お気に入り」を見つけにお越しください。

100702glasstens.jpg「全国手づくりガラス展」
■会期:平成22年7月2日(金)-8月8日(日) 9時-17時
■会場:石川県地場産業振興センター本館1階 展示ホール
     金沢市鞍月2丁目1番地 電話076-268-2010
    ※地図はこちら

■主催:(財)石川県地場産業振興センター、(財)石川県デザインセンター


 人気のある作品は早々と売り切れてしまうので、作品が揃っている開催直後(今週末)にお越しになった方が、より楽しめます。ISICOの女性職員にも、毎年人気です。

1

お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

お店ばたけ出店者ブログ 更新情報

  • ひのき木箱 小さめの小箱 NO1611039
     from オーダー家具製作品のご紹介 事例集  : 2017年3月22日 17:27 お子様のオモチャ箱にと リピーターさんからのご注文 既存の桐の箱のように軽くて扱いやすい箱が欲しいとのご要望 ひのき材なので 桐箱ほど軽くはならない 桐材...
  • 1回目の種籾浸水を開始しました・「丸柚餅子」の旨さと姿に感動しました
     from 林さんちの楽しい社長日記「あぐらぐち物語」 : 2017年3月22日 10:16  コストと労力のバランスが難しいです。 今日は、1回目の種まきのハナエチゼンとひとめぼれの浸水をしました。その際に種子消毒の資材の「エコホープ」を入れます...
  • 手造り感が伝わって参りましたって お客様の声
     from ひのきの香りに包まれて : 2017年3月21日 17:26 お世話になっております。 昨日、無事に名古屋にて荷物を受け取りました。ありがとうございました。   仕様の確認から発送時まで、いろいろと御配慮を頂き、あり...
>>最新15件がこちらでご覧になれます!

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する