「石川発!頑張るネットショップ」 あいさつ状ONLINE STORE(金沢市)お客様の心に響くものづくりで次なる成長を期す

(財)石川県産業創出支援機構「石川発!お店探訪記」金沢・加賀・能登 頑張るお店 は、石川県内の実店舗・ショップを訪問し、取扱商品の特徴・売れ筋、店づくりや店舗展開・経営方針、顧客サービスや今後の課題などを取材して、頑張っているお店の魅力を紹介していきます。

お店ばたけ出店者 あいさつ状ONLINE STORE

お客様の心に響くものづくりで次なる成長を期す あいさつ状ONLINE STORE


バブル崩壊、パソコンの普及、長期にわたるデフレ環境下にあって、印刷業界においても生き残りを賭けた激しい価格競争が繰り広げられている。こうした中で、新たな収益の柱にすべく、1年前にネット上で挨拶状の印刷を受注する『あいさつ状 ONLINE STORE』を立ち上げた(株)栄光プリントの出村明社長にお話を伺った。


● 新規顧客獲得を狙いネットショップを立ち上げ
(株)栄光プリント 出村明社長リーマンショック以降急激に売上が減少してきた中で、何か新しい収益源となる仕事を確保できないかと出村社長が思案を巡らせていた時、大阪で開催された勉強会で『挨拶のWeb Shop先駆者』である徳丸博之氏の講演を聴く機会を得る。

2003年に2縲怩R人でスタートした印刷会社が、ネットで挨拶状を印刷するサービスを開始したところ、倍々ゲームで業績が伸び、現在では年商7億円の会社に急成長している。確固たる地位を確立し、簡単に真似ができないほど独走している成功のノウハウの一端を100人あまりの同業者が聴講したもの。「トップ企業が独走している中で誰も真似しないだろうから、自分だけ真似をすれば、大手の手が届かない仕事を拾えるのではないか、それが全国相手の仕事になれば、それなりの売上になるのではないかと思った」とネットショップ立ち上げの経緯を述懐する。


● 自社にウェブデザイナーがいたことが勝因
前述の先行企業のやり方を参考に、ウェブショップで挨拶状を小ロットで受注するテストショップをまずやろうと考えた。幸いなことに、同社にはウェブ作成に長けた社員がいたことから、延べにして2カ月あまりの期間をかけて、『あいさつ状ONLINE STORE』が完成する。実際にこのホームページにアクセスすると一目瞭然だが、先行企業に勝るとも劣らない作り込まれたレベルの高いものとなっている。転勤転職定年退職独立・開業事務所移転社長交代など需要の多いものは目立つサイズのアイコンで配置し、初めてこのホームページを訪問した人にも単純明快で分かりやすいページ構成になっている。

「中島君がホームページの大部分を作成してくれていますが、彼がいてくれることは当社にとって非常にありがたく、自社内でサイトを作成できることが強みにもなっています。他のスタッフが手の空いた時間を有効に活用して、テキスト入力等を手伝いながら、2カ月余りを要して完成した社員たちの力作です」と胸を張る。


● 更なるステップアップを期し、お店ばたけへ出店
転勤挨拶状スタート当初は、既存の仕事をしながら片手間に対応する程度しか注文はないだろうと予測していた。つまり、月に数十万円程度売上があれば上等と考えていた。ところが、実際にスタートしてみると、「予想以上に注文が舞い込み、異動時期の3月から4月にかけては月100万円を超え、その他の月も高い数字を維持するようになってきています」と、嬉しい誤算に笑みがこぼれる。これに意を強くした出村社長は、この売上をさらに倍、倍と増やし、将来的には10倍ぐらいに持っていくため、ISICOのお店ばたけに出店し、専門家のアドバイスを受けながら、ホームページの魅力アップ、使い勝手の向上、検索アクセス数の増加を図るべく、進化に向けた取り組みをスタートさせたところ。


● 1年間のテストショップで得たものをフィードバック
約1年やってみて分かったことを伺うと、「非常に小ロットの仕事が多く、中には1枚だけ印刷する注文もありました。何百枚、何千枚という仕事も時にはありますが、概ね100枚以下が主流です。発注者の地域は、関東方面からが全体の6割近くを占め、次いで関西、あとは北海道から沖縄まで、全国から注文があります。今のところ個人よりも法人からの注文比率が高いです」とのこと。

注文は十人十色、一人ひとり異なり、同じものが一つもなく、全ての商品がオリジナルである。挨拶状はアイテム数にすると150縲鰀160種類に及び、もちろんオリジナルの文章にも対応している。校正のやりとりの過程で、挿入する地図を何回も差し替えたり、何度も文章を訂正するお客さんがいて手間と時間を要する場合もあるようだが、追加料金は一切請求せず、ホームページに提示した枚数に応じた料金のみで対応している。

現在、『あいさつ状ONLIN STORE』では、価格体系を工夫し25%引、全国送料無料を打ち出してお得感をアピールしている。また生産体制の効率化を図り利益を確保している。年賀状のシーズンには年賀状もラインアップしたものの、最も競争の激しい分野で、デザインのバリエーションが豊富な大手には全く歯が立たなかったようだ。そんな中で、デザインの関係ない喪中ハガキの注文を多く獲得する。つまり、定型のものにはまだまだ可能性が潜んでいる証拠でもある。


● 心を込めたものづくりに専心
「一枚のあいさつ状の中に、それを注文してきたお客様のいろんな人生ドラマが垣間見えるだけに、納品された商品を受け取ったお客様には全く分からないかもしれませんが、製作に携わる我々は真心を込めて、たとえ1枚であっても、逆に言えば少ない枚数だからこそ、なおのこと心を込めて、お客様が納得し、満足していただける丁寧な仕事を心掛けていきたい」と熱く語る。間もなくウェブショップが1周年を迎えることから、値引きではなく何か付加価値をつける形での記念セールを検討中。と同時に、挨拶状とは別に封筒や名刺などの定型ものを受注する新たなホームページを準備中で、早ければ今夏中にはアップしたい考えだ。


● 3年後には売上の10%を目標に
あいさつ状ONLINE STORE.jpg会社としての看板商品を持ちたいとの思いから、自費出版にも力を注いでいる。出村社長自ら自費出版アドバイザーの資格を取得。『自費出版がよくわかる本』を出版し、「自費出版と言えば栄光プリントと言われるように持っていきたい」と力を込める。

ホームページを見たお客さんが、その他の印刷物も注文してくれる相乗効果が期待できるホームページ運営を推し進めていく考えだ。現状では売上全体の数%に満たないウェブ部門を、3年後には10%程度にまで持っていくことを目標に、ブラッシュアップに取り組むスタッフを温かく見守る出村社長の眼差しが印象に残った。


インタビューを終えて・・・
小粒でもピリリと辛い職人集団を標榜する栄光プリント。先代から築いてきた信用・信頼を第一に、顧客の喜ぶ顔が見られるハートのある仕事に邁進してもらいたい。

あいさつ状ONLINE STORE 社長と担当スタッフ店舗名 (株)栄光プリント
住 所 金沢市神宮寺3-4-17
電話番号 (076)251-3076
創 業 昭和46年
資本金 2000万円
URL http://www.aisatsujou.com

あいさつ状ONLINE STORE 担当スタッフ
後列:出村社長の右横が中島さん
前列:橋本店長(左)と制作の水野さん


お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する