「石川発!頑張るネットショップ」 高桑美術印刷(株)(能美郡川北町)商品と共に真心を包むパッケージをネット通販

(財)石川県産業創出支援機構の「石川発!頑張るネットショップ」金沢・加賀・能登 では、石川県内の実店舗・ネットショップを順次訪問しています。ネットショップを始めたきっかけ、販促やページ作りで工夫されていること、今後の目標などを取材して、頑張っているお店の魅力を紹介していきます。

 
お店ばたけ出店者 箱マイスター (紹介動画はこちら

商品と共に真心を包むパッケージをネット通販 箱マイスター

日本酒や焼酎のラベル印刷の分野で、国内シェアNo.1企業である高桑美術印刷(株)(本社 金沢市 高桑秀治社長)が、蓄積してきたノウハウを活用し、お酒を販売する際に欠かせないパッケージ関連商品をネット販売するウェブショップ「箱マイスター」をスタートさせてから5年目を迎える。ウェブ担当の前田雄一郎氏と濱田雅巳氏にお話を伺った。


お酒のパッケージ商材をネット販売

箱マイスターのホームページ同社がこれまで手がけてきた清酒や焼酎、食品等の取り扱いラベルは10万種類以上、取引先の酒造メーカーは全国1,200社を数える。そうした酒造メーカー等には、営業マンが直接出向き、さまざまなニーズに対応し、今日のシェアNo.1の地位を確固たるものとしてきた一方で、これまでほとんど開拓できなかった酒販店を新たに顧客に取り込むべく、5年前にスタートしたのがお酒のパッケージ商材を専門に扱うネットショップ『箱マイスター』である。

ラッピング、紙袋、バックなど印刷会社として、ホームページを作成することは日常業務であるが、実際にネット通販サイトを運営するのは今回が初めてのこと。お客様が使いやすいページづくりに腐心し、他のサイトと比較して見劣りすることのないレイアウトなどを心掛けているとのことだが、「業務用商品のサイトはどうしても見にくい印象が強いことから、一般のお客さんが使い易さを感じてもらえる見せ方に工夫しながら試行錯誤の日々です」と苦笑する。

「大手酒造メーカー様に対するシェアは高いですが、酒販店様をはじめとした小売店様に対するシェアとなるとまだまだ低く、しかもネット通販は後発のため、時間をかけて少しずつシェアを広げていければと思っています」と堅実路線を強調する。


酒販店のみならず新たな顧客も開拓

風呂敷は、ラッピングアレンジが自由自在現在の顧客の内訳を伺うと、「当初は酒販店様を開拓できればと考えてスタートしましたが、いざ蓋を開けてみると酒販店様は全体の5割で、あとの5割を個人のお客様、一般企業様、デザイン会社様、通販会社様がシェアしており、当初思い描いていた酒販店様だけでなく、幅広いお客様を開拓することができました」と嬉しい誤算だったよう。

お中元お歳暮などのギフト商品にギフト箱酒瓶を入れる紙袋の最小ロットは20枚、箱は50枚からとあって、個人で買うには多すぎるように思うが、送料との兼ね合いや作業の繁雑化を避けるため、これ以上細かいロットに対応することは現段階では考えていない。

「2~3枚だけ欲しいとのお問い合わせや要望もありますが、それは丁重にお断りしています」と恐縮する。支払い方法は銀行振込と代引きがあるが、顧客の7割が代引きを利用する。それは買上金額に関係なく、代引き手数料を210円(税込)でサービスしているからだ。1万円以上のお買い上げで送料が無料になることから、顧客の平均消費単価は1万円を超えるという。


お酒に続き、お菓子のパッケージ商材をネット通販

パケラボのホームページ箱マイスター』が軌道に乗り始めてきたことから、パッケージ専門サイトの第2弾として、お菓子のパッケージ・ラッピング商材を専門に扱うサイト『パケラボ』を平成22年6月にスタートさせた。

パケラボには、色んな形の箱が揃っています同じラッピング商材のため、箱マイスターの中で展開すればとの意見もあったようだが、お菓子のラッピングを買いたいお客さんが検索する時には、お菓子という検索ワードを入れるように、売る側もお菓子のラッピング商材に特化した専門サイトを立ち上げた方が、結果としてその商材を求めている方により多く、より確実にアクセスしてもらえると考えた。

ネット通販での売上は、全社の売上の1%弱とはいえ、金額にすると6,000万円と聞いて驚かされた。「箱マイスターとパケラボを合わせ、3年後に年商1億円を目指したいですね」と意欲的だ。


『お店ばたけ』に出店し、さらなるスキルアップを

おすすめのかわいいパッケージがいっぱいスタート時から地道にアクセスアップにつながる努力を重ねてくると同時に、3年前からヤフーとグーグルにリスティング広告を掲載し、コストをかけて集客アップに努めている。
それと並行し、2カ月ごとに様々なキャンペーンを展開し、その案内を随時メルマガ配信することで、アクセスアップにつなげている。そうした努力の甲斐もあって、箱マイスターは地道ではあるが、毎月前年対比プラスをクリアし、順調に伸びてきている。

しかしながら、その伸び方のスピードをさらに加速させるため、石川県産業創出支援機構が運営する『お店ばたけ』に出店し、様々な勉強会に積極的に参加するとともに、専門家のアドバイスを受け、目下アクセスアップの方策を原点に立ち返って勉強中。


目指すは24時間働く営業マン

トリュフチョコレート・プラリネ等専用の箱twitterやFacebookも販促ツールと捉え、twitterで箱マイスターのアカウントをフォローしてつぶやいて応募すると注文時に、次回使える500ptが加算される期間限定ポイントキャンペーンを実施している。(2011年2月・3月キャンペーン)またFacebookのファンページの運用も行っているが、まだまだ新しいツールのため、売上に結びつく効果的な活用法はこれから検討していくところである。
こうしたツールは、個人客をターゲットとしたサイトでは効果的に活用されているが、酒販店様などの商店が主要な顧客のため、アプローチの仕方を模索中でもある。

かわいい父の日シャツ型バッグ「箱マイスターの充実した品揃えは自負できるものの、その周辺のサービス、例えば箱の組み立て方、ラッピングの仕方といったビジュアルでお客様に分かりやすく説明するようなコーナーや、お酒のうんちくを語るコーナー、お酒の売れ筋ランキングといったお酒にまつわる+αの情報発信を充実させるとともに、お得意先の酒販店様を紹介する頑張るお酒屋さん的なコーナーを新設することも検討中である。そうした枝葉を充実させていくことで、お酒のパッケージを核として大きな広がりをもつホームページに成長していくことが期待できる。

箱マイスターfacebookページ
「やるべきことが一杯ありすぎて、まだまだこれからですが、お客様の笑顔が一人でも多くなるお役立ちサイトにすることができればと思っています」と濱田氏が抱負を語ると、すかさず前田氏が「お酒の箱やラッピングのことなら箱マイスター、お菓子の箱やラッピングのことならパケラボと世の中に認知されるサイトにすることが目標であり、夢です。
さらなる知名度アップへの努力はもちろんですが、営業マンが廻れない全国津々浦々の新規顧客を開拓する24時間稼働の営業マンとして会社の発展に貢献していきたい」と力を込める。



インタビューを終えて・・・
個人向けのネット通販花盛りの中にあって、小売店を主ターゲットとしたお酒とお菓子のパッケージ商材のネット通販に目を付けた取り組みはなかなか斬新で、これまで見落とされていた隙間ビジネスではないだろうか。現実、短期間で売上を大きく伸ばしてきていることが、潜在的なニーズがあった証拠でもある。


箱マイスターのWeb担当者の皆さん社 名 高桑美術印刷(株) (サイト名 箱マイスター)
住 所 能美郡川北町土室か16-1
電話番号 (076)277-8688
URL http://hako.wave.jp/


お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する