「お店ばたけ事務局が注目する15サイト!」 BarBer ADACHI(白山市鶴来下東町)毛髪をトータルでケアするヘアサロンを標榜

(財)石川県産業創出支援機構「お店ばたけ事務局が注目する15サイト!」 金沢・加賀・能登 では、石川県内の実店舗・ネットショップ(HP)を順次訪問しています。
サイトを開設したきっかけ、役割や効果、そして販促やページ作りで工夫されていること、今後の目標などを取材して、頑張っているお店の魅力を紹介していきます。


毛髪をトータルでケアするヘアサロンを標榜 「BarBerADACHI」
(※ 紹介動画はこちら)

毛髪をトータルでケアするヘアサロンを標榜 バーバーアダチ


金沢市内から車を走らせること30分あまり、白山麓の入口・鶴来地区に創業130年という老舗の理髪店「BarBerADACHI」(バーバーアダチ)がある。カットと顔剃りを看板メニューとする昔ながらの店から、発毛の原点である頭皮ケア、育毛促進のための頭皮マッサージなど、理髪店の新しいスタイルを確立すべく邁進する5代目店主・安達拓史さんにお話を伺った。


● 自店の情報を発信するHPを開設

バーバーアダチのホームページ平成8年、鶴来商工会とスーパーが入居するコミュニティーセンター『レッツ』が新装オープン。その1階テナントの一つとして入居し、現在地で15年目を迎えるのがBarBer ADACHI(バーバーアダチ)である。

理髪店に対するイメージを改めて整理してみると、男性の場合、自宅のすぐ近所にあるお店にはあまり行かない傾向がある。
一方、初めて行くお店となると、どんなお店なのか、どんな主人なのか、そうした情報は閉鎖的で全く分からず、サービス業であるにもかかわらず、お客様からすると敷居が高く、入りにくい。こうした壁を取り払い、誰でも気軽に来店していただけるお店として情報発信したいとの思いをかねてより抱いていた。

バーバーアダチの店内の様子そんな折、能美市にある北陸先端科学技術大学院大学から鶴来駅までの路線バスがあることから、同大の学生が来店するようになり、新入生が近隣のお店を検索する際、自店のホームページがあれば、新規客としてもっと来店してもらえる可能性が高まると考え、石川県産業創出支援機構の専門家派遣を活用し、平成23年春にホームページを開設した。

まだ1年経過していないものの、少しずつホームページを見ての来店が増えてきている。同大は日本人だけでなく外国人留学生も多く、「中国語や韓国語のホームページも作って欲しいとの要望も耳にしています」と学生からの反響に手応えを感じている。

 

 


● お客様が納得してお金を使いたくなる付加サービスに力

バーバーアダチ ヘッドスパ理髪店の料金体系は、特に決められているわけではなく、それぞれの店が自由に価格設定できるため、店舗によって価格にばらつきがあり、低料金を売りにするお店から価格の高いお店までかなり幅がある。

近年、低料金のチェーン店が金沢市内やその近郊で店舗展開するようになり、同店の顧客が一部流れているのも事実。しかし、戻ってこないわけではない。「お客様は、今回は特にイベントもないしお金もないから安いお店でカットし、イベントがあったりおしゃれしたい時は従来の行きつけのお店でカットするといった使い分けをされています」と分析する。

BarBerADACHI(バーバーアダチ)は既存のカット、顔剃り、シャンプーだけでなく、オプションメニューが豊富な点が特徴である。
例えば、秋から冬にかけては抜け毛が多くなる季節である。この原因は、頭皮の血行が悪くなるためで、それによって髪の毛に栄養が届かなくなり、細くなって抜けやすくなる。そうならないために、頭皮マッサージやブラッシング、血行促進につながるシャンプーの仕方などをお客様に伝授するサービスを『鶴来シャンプー』と銘打ち、付加サービスの一つとして力を入れている。

バーバーアダチの店内の様子具体的には、リラクゼーションにポイントを置いたヘッドスパと首から肩にかけてのマッサージで、10分程度のお試しコースを315円、20分程度の基本コースを1,050円で提供している。
従来のカットだけでなく、プラスαのサービスメニューを充実させることで、顧客にリフレッシュし、より満足してもらうことが狙いである。

「家に帰ると小さい子供さんがいるお父さんなどは、カットしている時ぐらいしかリラックスできるゆとりの時間がありません。そんな時に、ちょっとヘッドスパでリラックスしてもらい、満足していつもより少し多めにお金を使っていただく、そんなお金を使う楽しみを提案していきたい」と付加サービスの意義を語る。

 

 

 

● 髪の毛のトータルケアを売りに

理髪師用のハサミ頭皮環境は十人十色。乾燥肌の人もいれば、脂性肌の人もいる。そうした個々のお客様の頭皮を見て、その人に合ったシャンプーやリンスを使い分けることはもちろん、頭皮環境を改善するためのケアの仕方を提案できる点が同店の売りである。

待合室「従来の理髪店では、個々のお客様の頭皮の状態まで立ち入ることをタブー視する傾向があるものの、そこに目を向けずカットだけしていたのでは低料金を売りにするお店と変わりません。やはり、それなりの対価をいただくプロとして、低料金を売りにするお店との差別化、顧客満足を追求するサービスを提供しなければいけないと思っています」と、髪の毛をトータルでケアすることの大切さを力説する。

そうした安達氏のこだわり、熱い思いをホームページ上でいかに発信していくか、文章で書いても、動画で見せても、なかなか本質が伝えにくいだけに、安達氏の人柄を知る顧客の口コミに優るものはないが、初めて同店のホームページにアクセスしてきた新規客にそうした思いを感じ取ってもらい、来店に結びつけていくか、その点が当面の課題でもある。


● 理髪店+α

レディースルームBarBerADACHI(バーバーアダチ)は、男性客だけでなく、女性客のためのレディースシェービングも提供している。店頭を見ただけではそこまでは分からないが、ホームページを覗いてみると、レディースシェービングプラスαのサービスメニューが紹介されている。しかも男性客と同じスペースで椅子を並べてという形では女性客がリラックスできないことから、店内にそのための専用個室スペース(左の写真)まで設けている。

バーバーアダチで使用しているくしこうした女性のためのサービスメニューはこれまで積極的に情報発信してこなかったため、まだまだ利用者は少ないようだが、この点もホームページを開設したことをきっかけに、多くの女性に知ってもらい、女性客のウエイトが伸びることを期待している。

また、同店はWi-Fiのスポットにもなっていることから、スマートフォンやiPadなどを持参すれば、暗証番号を入力するだけで、快適なネット環境が提供されることも魅力的なサービスである。


● 新たなスタイル確立に腐心

5代目店主の安達拓史さんホームページには、理髪店には珍しい予約フォームが設けられている。まだまだ男性の場合は、カットの予約をするという習慣が定着していないが、カットに行こうと思うタイミングは意外と重なるため、来店が集中すると30分から1時間近く待たなければならない。そうした無駄な時間を極力少なくするためにも週末や祝日に来店される方には予約を勧めている。

バーバーアダチの店内風景「将来的には、美容室のように、来店時に次回の来店日時を予約してから帰る形を定着させ、お客様にゆったりとした状態でサービスを提供できる環境づくりにつなげていきたいですね。やはり待たれていると、こちらも気持ちのゆとりがなくなり、サービスの低下にもつながります。同様にお客様も落ち着かない気持ちになり、満足度が低下し、全てがマイナスに作用してしまいます。そうした悪循環をなくすためにも予約システムを確立させたい」と、顧客満足度の向上に腐心する。

顧客の囲い込みが激しい業界だけに、既存のお客様を大切にしながら、新規客を少しでも獲得できるよう安達スタイルの商いに邁進している。

 

インタビューを終えて・・・
鶴来には、白山(しらやま)さんあり、美味しい食事処あり、美しい風景あり、何よりも美味しい空気がある。しかも金沢から車で約30分、ちょっとしたドライブ気分で出かけられる。金沢からリラクゼーションのひとときを求めて出かけるお客様が、一人、二人と増えていくことを願わずにはいられない。


白山市「バーバーアダチ」の店舗外観社 名 BarBerADACHI
住 所 白山市鶴来下東町カ26
電話番号 (076)272-0509
URL http://letsbb.com/


お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する