「お店ばたけ ひなまつり特集」金花糖、豆びな、輪島塗の雛人形など

もうすぐひなまつりですね。
石川県のがんばるネットショップが集まる「お店ばたけ」出店店舗から、ひなまつり情報を集めてみました。


金花糖、豆びな、輪島塗の雛人形
上写真は、金沢の金花糖、豆びな「連びな」、輪島塗の雛人形


昭和初期の御殿雛を"4月3日まで"展示。金沢市大野町の「直源歴史資料館」
金沢市大野町では、雛人形は3月3日が終わっても片付けません。その理由は...。
直源醤油」様の実店舗「醤油処 直江屋源兵衛」となりの「歴史資料館」にて開催中です。


おひなまつり数量限定商品「ひいなあそび」醤油蔵・洋菓子セット
「橋栄醤油みそ」様と、金沢の洋菓子店「堀田洋菓子店」様がコラボした数量限定ギフトです。
大野醤油と、ゆずポン酢の小瓶、醤油味噌を使った洋菓子、おはじきなどが入っています。
小瓶とパッケージ、千代紙などを使って、「男雛」「女雛」を作るのも楽しそうですね。

「金沢・歳時記 3月3日」【週刊ウンチク】
雛人形をかざり、桃の花、菱餅、菓子、白酒などを供え、白酒、菱餅、雛あられ、ちらしずしやハマグリの吸い物をいただく「雛祭り」。
金沢の桃の節句について、「おいしい店ドットコム」松本信之様がご紹介します。


「雛人形の男雛は、右か?左か?」【週刊ウンチク】
内裏雛の右、左は、よく話題に上る問題です。皆様のお宅では、どのようにしていらっしゃいますか?
出店店舗「輪島漆器大雅堂」若島土百江様からのウンチクです。


「人形の豆知識 雛人形の豆知識」
お雛様の選び方のほか、お雛様を飾り方、しまい方のこつ、標準的なお雛様の並べ方について書かれています。
出店店舗「半纏本舗」様の姉妹店、「人形の森景」様からの情報です。


「特集・2012ひなまつり」
陶芸作家、多田利子氏の小さな「豆びな」なら、気軽に季節を楽しめそうですね。そのほか、ひなまつりの食卓によくあううつわを紹介しています。
シンプル&モダンな九谷焼と牛首紬「じろや」様の季節の商品特集。


「金花糖 金沢の桃の節句に供える和菓子」
金沢の和菓子 越山甘清堂様の金花糖金沢市武蔵町「越山甘清堂」様ネットショップでは、金花糖(きんかとう)を販売しています。
桃の節句に供える金沢の金花糖は、桃の花や鯛、さざえ、竹の子などの型に砂糖を流し込んで作る砂糖菓子で、鮮やかな彩色が特徴です。
※越山甘清堂様は、平成24年7月お店ばたけを退店されました。

「林さんちのひし餅」
ひなまつりのお供えに欠かせないひし餅。
赤、白、緑の赤は「天」、白は「人」、緑は「地の緑」を表現しています。
23世紀型お笑い系農家「林農産」様がついたお餅です。


「杵つき餅 ひしもち(菱餅・ひし餅)」
ひしもちの赤・白・緑にはそれぞれ意味があり、赤は魔よけ、白は清浄、緑は健康を意味し、健やかに育ってほしいという願いが込められています。
また、赤い花、雪の白、新しい芽の緑という、春を表す意味があるとも。
能登の豊かな自然の恵みと伝統の手造り「のとコム」様から。


「さらさら、とろとろ甘酒」
ひなまつりの飲み物、お子様の場合は「白酒(しろざけ)」の替わりに「甘酒」を飲むことがありますね。
お砂糖もアルコールも入っていない、お米と糀だけの甘さを楽しんでみませんか。石川県産オーガニック米、オーガニック糀を使っています。
金沢市で有機大豆、有機小麦、有機米を生産加工している「金沢大地」様の商品です。


女性に人気小さな小餅「珠さくら」
柚餅子総本家中浦屋」様の、期間限定の玉柚餅子です。
可愛いピンク色がひなまつりにもいいですね。

石川県のネットショップが集まるモール「お店ばたけ」より、ひなまつりを楽しむための豆知識&ご紹介でした。みなさまの生活にお役立ていただければ幸いです。


お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する