平成27年2月18日(水)、販促力セミナー「小さなネットショップだから出来る 大手に負けない販売手法 ! 中小メーカーから始めるネットショップの極意とは。」 を開催いたします。

公益財団法人石川県産業創出支援機構(ISICO)では、平成27年2月18日(水)、
ネット活用セミナー【成功者に学ぶ販促講座】第3回を開催いたします。

 


********************************************************
第3回
「小さなネットショップだから出来る大手に負けない販売手法!」
中小メーカーから始めるネットショップの極意とは。

http://www.isico.or.jp/omisebatake/seminar/h26han3

********************************************************

「ご注文者様と送り先様の両方に喜ばれるギフト」の販売で
お客様に支持されている「パジャマ屋」店長の熊坂泉様をお招きいたします。

パジャマ専門店を始めるきっかけとその苦悩、
売り上げが急激に伸びたブレークスルーポイント、
楽天との付き合い方、広告費の考え方、
これまでに経験した大きなトラブルとその対応(実例とその対応方法の極意)
などについてお話しいただきます。

また、16時からは
【ご自身の悩みを講師や参加者に相談できる】場として、
軽食有の「情報交換会」も予定しております。

これからのネットショップ運営のヒントを見つけに
是非、お越しください!



◆応募要項◆

■日 時: 平成27年 2月 18日 (水)
13:30-16:00 講演・対談
16:00- 情報交換会

■場 所:石川県地場産業振興センター 新館2階 第10研修室
(金沢市鞍月2-20)

■受講料: 2,000円 ※お店ばたけ出店者は無料

■主催:(公財)石川県産業創出支援機構

■講 師:(有)フレックス(パジャマ屋) <神奈川県>
店長  熊坂 泉(くまさか いずみ) 氏
http://www.pajamaya.com/
http://www.rakuten.co.jp/pajamaya/




■内 容:

なぜパジャマ専門店になったのか?
◆パジャマ専門店を始めるきっかけとその苦悩
◆人なし、金なし、時間なしの中で夫婦ふたりで作り上げた苦肉の策

売り上げが急激に伸びたブレークスルーポイント
◆「ご注文者様と贈り先様の両方に喜ばれるギフト」の販売について
◆売上の波をどんな風に乗り越えるか。(スタッフ増員、外注、システム化)

楽天との付き合い方(ヒット商品をひとつ作ろう)
◆人通りが多い楽天市場の中での露出の工夫
◆人が多いからこその、お客様と一緒になってつくり上げるお店

自社サイトの取り組み
◆SEO対策の大切さと重要ポイント


・九谷物産(株) 和座本舗 代表取締役 西田 上氏との対談
・自分の悩みを相談できる!講師の方々をまじえた情報交換会(軽食有)もございます。


みなさまのご参加をお待ちしております。


○詳細は、お店ばたけHPをご覧ください
http://www.isico.or.jp/omisebatake/seminar/h26han3


○お申し込み
お店ばたけHPにある応募フォームでお申し込みください。
https://www.isico.or.jp/omisebatake/mmail


■熊坂 泉 氏 プロフィール

パジャマ屋 店長 熊坂泉氏設計事務所・インテリアデザイン事務所などを得て、1991年結婚。
10年間専業主婦で子育てに専念。料理サイトにレシピアップを趣味にしていたのを夫に見初められ、ネットショップ開業の手伝いをするハメに...。
2001 年1月 HTMLさえ解らない状況の中、片手で当時1歳の娘に授乳しながら、片手でキーボードを打つ離れ業を駆使しつつ、独学で楽天市場出店・運営。他のショップ が出来ない(やらない)事をやる!がモットー。その為に、独自のシステムを考案し、機械的に出来る事は徹底的にシステム化。顧客目線のWEB上の対面接客 でギフトショップのノウハウを蓄積していく。

オリジナルパジャマ専門店「パジャマ屋」4店舗、ベビー商品専門店「petite fee」2店舗のWEBショップ6店舗を運営。ネットショップ関連の講師歴多数。

 
【お問い合わせ先】

部署:産業振興部産業情報課
お店ばたけ事務局
TEL 076-267-1001 FAX 076-268-4911

お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する