今月のお店の最近のブログ記事

catelogo130925.gif

第17回「出口織ネーム」【今月のお店】

第17回「出口織ネーム」【今月のお店】
株式会社出口織ネーム 代表取締役 出口勉さん

やわらかな感性・確固とした職人気質が作り出す温かみのあるしなやかな織物


■ 織ネームとは
織ネーム、国語辞典(大辞林)では「文字、文様を現した標識用の織物。織りマーク」とあります。私たちの身のまわりに常にあるもの。そう、洋服の襟元・カバンなど小物のブランドネームとしてついている、数センチ角の小さな織物です。この中にロゴ、サイズ、品質表示などの情報や主張がぎっしり詰まっています。
織ネーム
 この織ネーム業を現社長のお父様が創業し、昭和48年には息子である出口さんが加わりました。伝統的な技法と革新的なデジタル技法を見事にミックスさせることで、織物の新しい世界を作り出し、さまざまな商品開発を進めています。この取り組みは新聞や雑誌などでも紹介されるほどです。



■ 織ネームから、オリジナル織物へ
 織ネームはOEM生産型の商品、つまり相手先ブランドで製品または部品を製造し供給するいわば脇役の存在です。しかし、中国などへの市場移行が進むと考えられる将来性の不確実さから、主役となれる独自性をもった商品開発、デザインから製造販売までの工程を行う完結型スタイルをと考えました。そしてそこからオリジナリティの高い作品を作り上げる「白山襲(かさね)織 ゆめ工房 織仁」が誕生しました。代表である社長の奥様出口智子さんをはじめとする、女性の感性が光るオリジナルブランドです。
 新しい独創性をひめた織仁ブランド。伝統ある京都の西陣織との違いは、「金糸を使用しないこと」です。豪華さを強調せず、黒をベースに白山の自然色を織り込んで、落ち着きや柔らかさを表現しています。手にとって触ってみると、その柔らかい織りの暖かさが不思議なほど伝わってきます。 


■ 織仁ブランドの発信基盤
 卸などは行わず、メインにするのは全国の展示会・物産展などの出品販売。石川県の伝統工芸の老舗店と肩をならべ、全国で人気を得ています。リピーターも多く、九州など遠方からわざわざ商品を求めて買いに来られる方もいます。現在、約200アイテムの商品がありますが、展示会でのお客様の声から新たな商品が数多く生まれているそうです。
 良い意味での伝統に対する反逆、新しい物作りへの想いが商品に織り込まれています。出口さんの温厚なお人柄のなかに秘められた凛とした職人気質、これからの更なる商品開発が待たれます。

「織仁」の織小物
上写真:オリジナルブランド「織仁」の小物。鶴来町「パーク獅子吼」ふるさと館にて常時販売している。


<レポーターから一言>
印刷と見間違うような写真が織り込まれた大型織物や、デザイン室では有名デザイナーから依頼された新作が作られていたりと、出口織ネームのすごさを知るとともに、織物の奥深さと魅力に触れられたとても贅沢な取材でした。
 地元石川県での展示会もあるそうです。是非一度、手にとってみることをお薦めします。視覚だけではわからない良さがきっと伝わります。   【レポーター:中野 治美】


<会社概要>
店名 白山襲織 ゆめ工房 織仁
会社名 株式会社出口織ネーム
代 表 出口 勉
所在地 〒920-2121
白山市鶴来本町4丁目チ25番地
定休日 年末年始以外無休
TEL 076-272-3232
FAX 076-272-1463
E-Mail info@kasaneori-origin.jp
お店URL http://kasaneori-origin.jp/
本社URL http://www.doname.co.jp/

第15回「直源醤油」【今月のお店】

第15回「直源醤油」【今月のお店】
直源醤油株式会社 専務 直江潤一郎さん

専務 直江潤一郎さん

今回ご紹介する直源醤油は、石川県で使われる醤油の約7割のシェアを占める大野醤油のなかで、最も生産量が多い会社です。
その8代目の直江潤一郎さんにお話を伺いました。 
(2002年5月掲載の情報です)
 
■江戸時代からの歴史
 直源醤油のある大野町は、日本五大醤油産地(野田・竜野・銚子・大野・小豆島)のひとつで現在も27軒の醤油醸造会社が集積しています。大野町の醤油づくりの歴史は古く江戸時代にさかのぼります。3代藩主前田利常が加賀を治めた元和年間(1615~1624)、直江屋伊兵衛が醤油発祥の地である紀州湯浅で醸造法を学び、大野町に伝えたとされています。

 この直江屋伊兵衛の流れをくむのが直源醤油であり、文政8年(1825年)に創業しました。直源醤油の社長は歴代「源兵衛」という名を名のることになっており、現在の直江茂行社長が7代目源兵衛。ですから、潤一郎さんが後を継ぐと8代目源兵衛を名のることになります。


 
■尊敬するのは祖父
 潤一郎さんの祖父、6代目源兵衛は、昭和46年に大野協同組合を設立し、もろみ作りまでを同業者が共同で行う工場を稼動させました。この共同工場によって、大手メーカーの低価格攻勢に対抗することができ、大野町の醤油産地が生き長らえたのだといいます。

 しかし、同業者というのは実はライバルでもあるため、このような共同事業は利害が複雑に絡みなかなか実現しないものです。潤一郎さんは、自社の利益より産地全体の利益を優先しこの偉業をなしとげた祖父を尊敬していると言います。祖父6代目源兵衛さんは90歳で既に他界していますが、仕事には厳しくちょっとやそっとではくじけず、孫の潤一郎さんにはやさしいおじいさんだったそうです。

 
■醤油づくりのこだわり
 直源醤油の醤油づくりのこだわりは、材料の吟味から品質管理まで一貫しています。醤油は、大豆と小麦と塩に麹を加え半年以上かけてじっくりと発酵させ手間ひまかけてつくります。
お馴染みの商品
 味は伊兵衛の時代から濃い口で香り高く存在感があり、切れや深みでは伊兵衛の時代を超えたと評価されているそうです。しかし、醤油は食卓の主役ではありません。調味料ですから、あくまでも食材の味を引き立たせる脇役。その意味で、一般の方々からは醤油の価値を低く見られてしまいがちなことが残念です。

 現在は、醤油を用いた新しい商品開発にも取り組んでいます。丸大豆醤油、昆布入りの醤油、さらに地元の加賀野菜である金時草や源助大根を活かしたドレッシングも開発し販売をはじめました。そこには、食生活の変化に対応し、歴史を大事にしつつも新たな試みにも積極的にチャレンジしている新しい直源醤油の様子がうかがえます。


 
■おいしい地元産のものをいただく
 潤一郎さんは、生まれてから高校卒業までは地元大野町に住んでいました。東京の大学へ行き、名古屋で会社勤めをしてから再び金沢に帰ってきました。

 県外での数年間の生活でしみじみ思ったのは、「石川県は何を食べてもうまい」ということでした。「このおいしい食材が豊富な石川県に住むことのありがたさを、地元のみなさんにもっと感じてほしい。地元の食材を地元ならではの味付けで楽しんでもらいたい。そして、世界に誇れる調味料としておいしい醤油とその楽しみ方をアピールしていきたい」と、潤一郎さんは語ってくれました。
 
■まちづくり、まちなみ保存
 大野町ではまちづくり委員会がつくられ「古い町・蔵の再生」を進めています。醤油仕込み蔵の再活用として、ギャラリーと販売コーナーもある喫茶「もろみ蔵」をオープンさせ、運動の核施設にしています。まちなみ保存の動きで、金沢市のこまちなみ保存指定を受けるなど成果も順調にあがっています。

 直源醤油はこれら活動にも積極的に参加。直源醤油のホームページでも、大野町のまちなみや風情ある情景がふんだんに紹介されています。この理由について潤一郎さんは、「ホームページでは自社商品の販売もしていますが、そんなに力をいれていません。むしろ地元ゆかりの情報発信の充実を心がけています。そのほうがやりがいもあるし楽しいから」と笑って語ってくれました。

今後、直源醤油の醤油蔵を利用し、地元特産品の販売ルームをオープンの予定です。


 
<レポーターから一言>
直源醤油の会社の扉を開けると、ふわぁっとした醤油の芳ばしい香りが漂ってきました。この空気がおいしい醤油を作るんだなぁと妙に納得。8代目源兵衛となる予定の直江潤一郎さんは今年34歳。歴史を大切にしつつも現代感覚にあふれ、営業も開発もこなすオールマイティな好青年でした。今後の活躍が楽しみです。
   【レポーター:遠田 幹雄】


直源醤油店舗

<会社概要>
会社名 直源醤油株式会社
代 表 直江 茂行
所在地 〒920-0331
金沢市大野町1-53
定休日 第2・4・5土曜日、日曜日
営業時間 午前8時~午後4時
TEL 076-268-1113
FAX 076-267-4446
E-Mail naogen@viola.ocn.ne.jp
URL http://www.naogen.co.jp/

第14回「越山甘清堂」【今月のお店】

第14回「越山甘清堂」【今月のお店】
株式会社越山商店 専務 徳山康彦さん

専務 徳山康彦さん
(2002年4月掲載の情報です)
※越山甘清堂様は、平成24年7月お店ばたけを退店されました。

第13回「デジタルプリントショップニュートン」【今月のお店】

第13回「デジタルプリントショップニュートン」【今月のお店】
有限会社ホリ写真館 代表取締役 堀 光治さん

ドクター・ニュートンこと堀光治さんとニュートンママこと堀由佐さん
(2002年3月掲載の情報です)

いしかわ動物園、辰口丘陵公園に程近い自然豊かな辰口町に、
写真館・プリントショップ3店舗をもつニュートンの代表取締役 堀光治さんと、
ニュートンママこと奥様の由佐さんにお話をうかがいました。


■デジタルカメラの台頭―デジタルはデジタル世界(ネット)で―
デジタルカメラ(デジカメ)が普及するに伴い、都市部では、デジカメで撮影したデータをプリントする「デジタルプリント」の需要が増えています。
実店舗を構えるここ辰口町では、ニュータウンの建設にともない若い世代が増えつつも、まだ地域的には従来型のプリントサービスが主流です。そこでデジタルプリントのお客様はWeb上でと「デジタルプリントショップ・ニュートン」をはじめられました。ネット最安値!と自認するこのサイト、他店と比べ半額以下の超破格値で人気を集めています。
もちろん、この人気の源は安さだけでなく品質、対応のよさと3拍子揃っています。それはこのサイトの掲示板が物語っており、全国からのお礼や感激の言葉が綴られています。ほのぼのとしたニュートンママのイラストとともに不思議とほっとさせてくれる空間です。
 

■堀家のプライベートカメラは?
やはりプロですから、プライベートでもプロ仕様の一眼レフカメラをご使用ですか?と質問したところ、最近はお子さんの写真は一眼レフデジタルカメラをよく使われるとのこと。基本的に撮り方は変わらないのですが、編集作業が行いやすいためだとか。「カメラをはじめようと思う方は、 デジカメからをお薦めします。夜景などもデジカメの方が意外に綺麗にとれるようです」と堀さんの弁。
デジカメのノウハウは、サイトにも紹介されています。もちろん実店舗でも堀さんの小気味よいわかり易い説明が聞けます。
 

■今後のWeb上での展開
ニュートンにはもう一つのWebサイト、写真はがき専門店「p-ファクトリー」があります。ここは世界に一つしかない作品を追求するわがままに答えてくれる場所、オリジナル性を重視するお店です。ここでは、プロの技術やデザインセンスが光ります。いわば低価格、大量仕上げの「デジタルショップニュートン」とは、対極的な立場にあるといいます。しかし、どちらもお客様とのコミュニケーションを大切に今後さらにわかり易く誰でもが利用しやすいサイト運営をめざしたいと考えています。
将来的に写真とデジタルの関係がますます進化し便利になるなか新しい用語、専門的知識が必要となってきます。ニュートンさんはそのギャップをお客様に感じさせずに、プロの技術を提供してくれるまさにデジタル変換店のような存在です。
 

<レポーターからひとこと>
デジカメで撮影した写真がそのままパソコンにたくさん眠っています。プリントして目覚めさせてあげなくてはと思いました。ニュートンさん、美人に修正?よろしく。(レポーター 中野治美)

 
<会社紹介>
店  名 デジタルプリントショップ・フォトキッズ・ニュートン
社  名 有限会社 ホリ写真館
代  表 代表取締役 堀 光治
所在地 (ニュートン店)
〒923-1243 能美市三ツ屋町3-1
バザール辰口店内
TEL・FAX 0761-51-8277(ニュートン店)
営業時間 午前10時~午後9時(ニュートン店)
E-Mail info@newton1997.com
URL http://www.newton1997.com/

●フォアトリエ・アディ(ホリ写真館)・・・ポートレート撮影・デザイン
URL http://happy-aday.com/

第12回「金沢・ヤマト醤油」【今月のお店】

第12回「金沢・ヤマト醤油」【今月のお店】
株式会社 ヤマト醤油味噌 専務取締役 山本 晴一さん
※山本晴一さんは、平成 17年5月社長に就任されました。

金沢・ヤマト醤油 山本晴一さん
(2002年2月掲載の情報です)

今月のお店紹介「株式会社 ヤマト醤油味噌」は、金沢の海の玄関、醤油の町で知られる大野町で創業90年をこえる醤油味噌の醸造蔵元です。日本の食文化を支え、引き立てる調味料の伝統を大切にしながら、顧客の新しい変化にいち早く挑戦する老舗です。
 今回は株式会社ヤマト醤油味噌専務取締役で、webショップ店長の山本晴一さんにお話をうかがいます。食に関するものづくりで大切なこと、お客さまの声をはじめ、国内外で食にたずさわる人たちから得た刺激など、創意工夫のヒントと元気のでるお話でいっぱいです。
 

■ 創業明治44年。老舗にいきづく進取の気象
ヤマト醤油の社名は、初代・山本藤松(とうまつ)創業時の「山藤(やまとう)」に由来し、2代目は船で金沢から北海道へ醤油・味噌・雑貨などを、北海道から大豆・雑穀・材木などを運んで商いをする商社機能ももっていました。その伝統からか、代々変化の風を読み、老舗に革新をもたらしてきました。また当社では創業以来、素材を国内産に求めつづけるなど、変わらないことへのこだわりもあります。老舗の変わらない魅力と変わる魅力のなかで、webショップ店長の山本晴一さんが関わった一部をご紹介します。
 

■ マーケティング発想からショールームづくり
 ヤマト醤油味噌の敷地内、当社創業の地に築100年をこえる建物を活用した商品ショールーム「醤蔵(ひしほ蔵)」があります。山本さんが言葉では表現しきれないものづくりの精神や背景を説明するため、16年前、プランと改装をほとんど手づくりでオープンさせました。当社の理念を代弁するプレゼンテーション・ルームとして、消費者の生の声を聞くマーケティング情報室として大活躍です。あの行列ができる名物人気商品「しょうゆソフトクリーム」もここからうまれ、育っています。
 このつくり手と使い手を身近にさせたマーケティング発想が、バーチャルショップ道場への参加、ネット通販の開始につながったのだそうです。
 
しょうゆソフトクリーム 味噌樽
左:「ひしほ蔵」名物"元祖しょうゆソフトクリーム"。しょうゆを使うと、なんとキャラメル風味に。
右:店内に展示された味噌樽。ヤマト醤油の伝統と趣を醸し出している一角。


■ 海外食品展示会への出展が刺激に
 もうひとつの転機は、3年前のアメリカ・サンフランシスコで開催の国際的な食品展示会への出展でした。
食に関する世界的なトレンドや食の将来などの情報にふれることで多くの刺激を受け、ますますファイトがわいたそうです。特に食への安心や安全性について、わかりやすく、公正な第3者機関審査の必要性を痛感、いち早く取り組むことになります。
 

■ 食のものづくりの基本を守り、時代の変化に対応したい
 「みそ醸造・醤油醸造は、1.5次産業」と山本晴一さんはその特徴を表現します。素材をつくる農業や漁業との協力関係なくしていいものづくりができないからです。
 当社の品質方針「季節の味、旬の素材を引き立てる良質な調味料の製造・販売を通して、お客さまの健康で喜びに満ちた食生活の実現を支援する」が社内に掲示されています。アメリカでの刺激をもとに、国際的な品質保証基準のISO9002の認証取得や有機農産物加工食品製造業者の認定を受けています。
 食を提案し、演出する側面は3次産業ともいえるのではないでしょうか。当社代表取締役の山本勝美さんは日本スローフード協会(NPO法人)の副理事長です。質の良い素材を提供する生産者と伝統的な食材や料理を守り、食をつうじて良い社会をつくるための世界的な運動です。食への問題点や可能性を追求する当社の方針があらわれています。食にたずさわることへの誇りと、原点を見据えた変革の積み重ねの一端にふれることができました。
 
 
<レポーターからひとこと>
お客さまの食の満足を引き立てる調味料の奥深さ。まじめに、こつこつ、お客さまの視点で追いつづける、静かななかの躍動感。ものづくりへの情熱とプライドにふれることができました。
ご紹介するにはあまりにも多くのお話がありました。詳しくは醤油味噌と料理、ものづくり、食の基本と新たな動きなど、情報と読み物いっぱいの当店ホームページでご覧下さい。お薦めリンク集は本当におすすめです。    (アドバイザー 多田 年成)

<会社紹介>
店  名 金沢・ヤマト醤油
社  名 株式会社 ヤマト醤油味噌
代  表 代表取締役 山本 晴一
所在地 〒920-0331 石川県金沢市大野町4丁目イ170
定休日 商品ルーム「醤蔵(ひしほ蔵)」は毎週水曜日定休
営業時間 午前9時~午後5時
E-Mail info@yamato-soysauce-miso.co.jp
URL http://www.yamato-soysauce-miso.co.jp

前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

最近のブログ記事

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する